「汗をかく=痩せる」この認識が正しくない理由

f:id:MORIKO:20201023165129p:plain

汗をかけば、私たちの体重は減ります。

なぜなら、汗として流れたぶんだけ体内の水分量が減るからです。

 

ただし、汗をかくことと痩せることは別物です。

痩せるためには、体内の水分ではなく、脂肪を減らさなければなりません

 

この記事では、

  • 汗をかいても脂肪は減らない
  • サウナに入ってもただ水分が減るだけ

など、「汗をかく=痩せるという認識が正しくない理由」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

汗をかく=痩せるという認識が正しくない理由

f:id:MORIKO:20201023164547p:plain

汗をかいても、私たちは痩せません。 

なぜなら、どれだけ汗をかいても、体脂肪は減ってくれないからです。 

 

汗というのは、

  • 水分
  • 皮脂
  • 電解質

これらの成分でできています。

電解質(イオン)とは、ナトリウムやカルシウム、マグネシウムなどを指します。

 

ですので、汗をかけばかくほど、

  • 水分
  • 皮脂
  • 電解質

これらは減っていきますが、体内にたまっている体脂肪の量は変わりません

お風呂やサウナで汗をかき、「痩せてる」と考えるのは誤りです。 

 

ただ水分量が減っただけですので、お風呂上がりに水やジュースで水分補給をすれば、体重はすぐもとに戻ってしまいます。

 

汗をかいても水分量が減るだけ

f:id:MORIKO:20201023165354p:plain

汗をかくと体重が減るため、「痩せた」と勘違いする人がいます。

ですが、痩せる=体重が減る、ではなく、痩せる=体脂肪が減るが正解です。

 

もし汗をかくことを「痩せる」と呼ぶなら、

  • 尿
  • 鼻水
  • 鼻血

などが出ても、「痩せた」ことになってしまいます。

トイレへ行って排尿するたびに「やったー!痩せた!」と叫ぶ人を、あなたは見たことがありますか?

 

おそらく、ないでしょう。

なぜなら、尿を出して体重が減っても、痩せたことにはならないからです。

 

大便もおなじです。

大便を出したぶんだけ体重が軽くなりますが、だからといって「ダイエット成功だ」と喜ぶ人はいません。

 

尿や大便が出ても痩せたことにならないのは、常識として誰もが知っています。

  • 鼻水が垂れた
  • よだれが垂れた
  • 髪の毛を切った

これらも体重は減りますが、痩せてはいません。

 

汗もおなじです。

汗をかいて痩せたと喜ぶのは、オシッコをして痩せたと喜ぶようなもので、ただの勘違いです。

 

 

体脂肪はどうすれば減らせる?

サウナでダラダラと汗をかいても、汗といっしょに体脂肪が溶け出すようなことはありません。

 

f:id:MORIKO:20201023165930p:plain

体脂肪を減らすためには、

  • 食事制限
  • 運動

これら2つの対策が有効です。

 

食事に関しては、食べる量を減らしたり、間食を控えたりすると良いでしょう。

ダイエットのために運動をするなら、筋トレやジョギングがおすすめです。

 

ジョギングをして汗をかき、体重が落ちたとします。

これは水分だけでなく体脂肪も減っているはずなので、「痩せた」といって問題ありません。

 

もちろん、汗といっしょに体脂肪が溶け出したわけではなく、体脂肪は体内でエネルギーとして消費され、なくなっています。

 

ダイエットをする際には、体重ではなく、体脂肪に目を向けてみてください。 

体重の増減に一喜一憂しても意味がありません。

なぜなら体重は、そのときの水分量によってコロコロと変わるものだからです。

トイレに行ってから体重を計ればちょっと軽くなっている。でも脂肪は変わらない。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201023170658p:plain

汗をかく=痩せるという認識が正しくない理由をお伝えしてきました。

 

汗をかいても痩せませんし、痩せたことにもなりません。

なぜなら肥満というのは、細胞に水分が溜まった状態ではなく、細胞に脂肪が溜まった状態を指すからです。

 

ですので、どれだけサウナやお風呂で汗をかいても、無駄です。

ダイエットにはなっていません。

 

ポイントは、「体重が減る=痩せる」ではない、という点です。

たとえるなら、「財布からお金が減る=金欠」ではないのとおなじです。

 

財布に入っていた現金を銀行口座に預ければ、財布のお金は減ります。

ですが、ほんとうの意味で所持金が減ったわけではありません。

 

ATMを操作して引き出せば、預けたお金はいつでも財布に戻ってくるからです。

 

汗をかいて体重が減っている状態は、財布のお金を銀行に預けているようなものです。

ほんとうに所持金を減らすには、モノを買ったり、サービスに使ったりしなければなりません。

 

体重もおなじで、ほんとうに体重を減らすには、食事制限をしたり、運動をしたりして、体脂肪を減らさなければなりません。

 

以上、汗をかく=痩せるという認識が正しくない理由でした。

結論。サウナに座って汗をかくだけで痩せられるほど甘くはない。汗をかいても痩せない。ただ水分量が減って、喉が渇くだけ。水分補給をすれば元どおり。

 

www.shortshortshort.jp

ダイエットに関して、当サイトにはこんな記事もあります。 

サラダは体に良い食べ物ですが、ポテトサラダだけは例外です。