政治・経済

『世界から核兵器がなくならない本当の理由』の要約と感想

核兵器がこの世界からなくならないのは、なぜだと思いますか? 核保有国が、他国へ向けて核ミサイルを発射することはあり得るのでしょうか。 この記事では、池上彰著『世界から核兵器がなくならない本当の理由』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にして…

『おしゃれと無縁に生きる』の要約と感想

本書は、『コインロッカー・ベイビーズ』などの作品で知られる作家・村上龍のエッセイ集です。 この記事では、村上龍著『おしゃれと無縁に生きる』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『おしゃれと無縁に生きる』の要約と感想 経済や…

『ITビジネスの原理』の要約と感想

Googleなどに代表されるITビジネスが、どのような仕組みで儲けているのかを知ることができます。 この記事では、尾原和啓著『ITビジネスの原理』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『ITビジネスの原理』の要約と感想 インターネッ…

高級ブランドバッグのレンタルサービスが理解不能な件

グッチやシャネル、エルメス、ルイ・ヴィトンなど、高級ブランドのバッグをレンタルできるサービスというのが、世の中には存在しています。 月額数千円を支払うことで、高級ブランドのバッグが借りられるわけです。 しかも、飽きたら違うバッグに替えられます…

『日本はもはや「後進国」』の要約と感想

日本を先進国だと思っている日本人は多いのではないでしょうか。 著者は「日本は後進国である」とし、日本人の働き方に警鐘を鳴らしています。 生産性に関して日本が抱えている問題を知りたい方に本書はおすすめです。 この記事では、加谷珪一著『日本はもは…

『感じる経済学 コンビニでコーヒーが成功して、ドーナツがダメな理由』の要約と感想

経済について学べる一冊です。 経済は頭で考えるだけでなく、「感じる」ことが重要なのだと著者はいいます。 なぜなら、経済を動かしているのは私たち一人ひとりの経済活動だからです。 経済学の基礎や日本が抱える問題について、考えてみませんか? この記…

高級ブランド品はなぜ値段が高い?ブランド品が高価な理由

グッチ、エルメス、シャネル、ディオール、フェンディーなど。 高級ブランドの商品は、ほとんどが数万〜数十万円といった高い値段で売られています。 大幅な値引きがされることはありません。 ところで、ハイブランドの製品はどうしてあんなにも値段が高いの…

いきなり!ステーキの経営はなぜピンチに?1食2〜3000円は高いから

2019年から2020年にかけていきなり!ステーキの業績が悪化し、店舗が次々と閉店しています。 「低価格で高品質のステーキが食べられる」と銀座1号店が話題になったのが、2013年。 以来急成長をつづけ、ステーキの本場アメリカにまで進出したいきなり!ステー…

スーパーの時短営業は新型コロナウイルス対策に有効なのか?

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一部のスーパーでは営業時間を2〜3時間ほど短縮しています。 ですが、スーパーが時短営業をしたところで、感染防止につながるのでしょうか? 答えはノーです。 効果がないどころか、むしろ感染リスクを高める恐れすら…

『休むために働くドイツ人、働くために休む日本人』の要約と感想

仕事と自分のアイデンティティを同一視していませんか? あなたは、あなたが就いている仕事ではありません。 仕事はしょせん、仕事です。 この記事では、福田直子著『休むために働くドイツ人、働くために休む日本人』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考…

若者のクルマ離れ?『だから数字にダマされる』の要約と感想

若者の海外旅行離れ、ビール離れ、クルマ離れ。 すべて実際に起こっているのでしょうか? この記事では、小林直樹著『だから数字にダマされる』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『だから数字にダマされる』の要約と感想 若者は海…

『アテンション「注目」で人を動かす7つの新戦略』の要約と感想

情報過多の時代において「注目」は希少な資源だそうです。 あなたは注目を集める方法を知っていますか? この記事では、ベン・パー著『アテンション「注目」で人を動かす7つの新戦略』の要約と感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『アテンシ…

欲しい物はありますか?『物欲なき世界』を読んだ感想

あなたには欲しい物がありますか? いま、「欲しいモノがない」と多くの人が感じているといいます。 この記事では、菅付雅信著『物欲なき世界』を読んだ感想をご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 『物欲なき世界』の感想 「買い物リストを埋めるこ…

ビル・ゲイツも推奨!『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』の感想

なぜ私たちはネガティブなニュースにばかり気を取られ、悲観的になってしまうのでしょうか? 煽り運転のニュースが増えているからといって、煽り運転が増加していると思い込んでいませんか? この記事では、ハンス・ロスリング他著『FACTFULNESS(ファクトフル…