美容・健康

歯磨きをしないまま寝ると虫歯になるのか?

寝る前の歯磨きをたった1回サボったくらいで、虫歯になったりはしません。 ですが、学校や会社を1回でもズル休みすると2回目からは抵抗が薄れるのとおなじで、就寝前の歯磨きもまた、磨かずに寝ると"サボり"がクセになる恐れがあります。 虫歯や歯周病になら…

コロナ禍のバレンタインは「手作りお菓子」を控えよう

新型コロナウイルス(COVID-19)が蔓延しているいま、バレンタインデーの正解は、「手作りお菓子を渡さないこと」だといえます。 なぜなら手作りのお菓子は、受け取った相手にとって迷惑となる可能性があるからです。 つまり、「まさかコロナウイルスが付着し…

エラ顔を小さくするボトックス注射は「整形」か?

ボトックス注射に興味をお持ちでしょうか。 たとえば、咬筋が発達しているせいでエラが張っているように見える場合、ボトックス注射を打つことで咬筋が細くなり、小顔効果が得られます。 とはいえ、 「ボトックス注射は試してみたいけど、整形には抵抗がある…

【自宅で運動】エアロバイクを漕ぐ最強メリット4選

運動を習慣にしたいと考えていませんか。 運動を習慣化するために必要なのは、やる気や根性、精神力ではありません。 エアロバイク(スピンバイク)です。 根性や気合いはどこにも売っていませんが、エアロバイクなら、ネットショップでポチッと購入できます。…

『歯のメンテナンス大全 人生100年時代の正しいデンタルケア88のリスト』の要約と感想

大切なのは、虫歯や歯周病になる前の「予防」だといいます。 なぜなら、虫歯ができてから歯医者へ行き、ドリルで削り、詰め物をしたところで、根本的な解決にはなっていないからです。 虫歯になっては歯を削り、また虫歯になっては……などということを繰りか…

【恐怖】アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイス。3つの違いを知ってる?

一言でアイスといっても、成分によって3種類に分けられます。 アイスクリーム アイスミルク ラクトアイス この3つです。 アイスのパッケージに表記されていますので、ふだん食べているアイスが3つのうちどれに該当しているのかチェックしてみてください。 少…

エラ顔に似合う髪型を見つけるだけで満足ですか?

顔のエラが張っている人は、四角いエラ顔に似合う髪型を探しがちです。 がしかし、エラが張った輪郭に似合う髪型を見つけるだけで、ほんとうに満足でしょうか。 髪型をちょこっと変えただけでは、悩みの根本的な解決にはなっていません。 なぜなら、エラが張…

『ブレインメンタル強化大全』の要約と感想

健康的な生活習慣について書かれている本です。 生活習慣を整えるメリットは、 病気を予防できる 脳のパフォーマンスが上がる これら2つだといいます。 健康的なメンタルと身体を手に入れ、冴えた頭でバリバリ働きたい方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょう…

エアロバイクの「ダイエット効果」が凄い3つの理由

体脂肪を落とすために運動をするなら、エアロバイクを買って自宅で漕ぐのが一番です。 なぜならエアロバイクには、ダイエットに必要な要素がすべて詰まっているからです。 水泳 ジョギング ウォーキング サイクリング こうした有酸素運動よりも、なぜエアロ…

『長生きしたけりゃ小麦は食べるな』の要約と感想

パン、ラーメン、うどん、パスタ、クッキー、シリアル、ドーナツなど、小麦粉からできている食べ物を口にしていませんか? 長生きをしたい人は、それら小麦食品を食べないほうが良いといいます。 ちなみに本書の著者は、副腎疲労・グルテンフリー外来を開設し…

『免疫力を上げる「健康残高」の増やし方』の要約と感想

大切なのは、病気を早期発見することではなく、病気にならない習慣を生活に取り入れることだといいます。 正しい立ち方 鼻呼吸の重要性 ベッドで寝るススメ 食事中は水分をとらない など、免疫力を高めて病気を遠ざける方法が載っていました。 この記事では…

『心の不調をなくす毒消し食』の要約と感想

本書は、先っちょにしかチョコクリームが入っていないチョココロネのようなもので、読者を「騙された」ってな気分にさせること請け合いです。 なぜなら全5章のうち、「毒消し食」について触れているのは第1章だけだからです。 では残り4章がどうなっているの…

『ひっぱって、ゆらすだけ!皮下脂肪はがし』の要約と感想

皮下脂肪を引っ張って揺らせば、動きやすい体を手に入れられることを説明している本です。 筋肉にべったりくっついた皮下脂肪は、筋肉の動きをジャマし、運動量を減らす原因になるのだといいます。 運動量が減ると、結果として肥満につながりかねません。 皮…

『お医者さんが教える 知らないとソンする!本当にキレイになれる脱毛の話』の要約と感想

ムダ毛や脱毛に関する正しい知識が詰まった本です。 いらないところに余計なお金をかける 望んでいた効果が得られなくてガッカリ こうした後悔を避けるには、脱毛について事前の情報収集が欠かせません。 情報を集める ムダ毛を処理する これが理想的な順番…

『放っておくと怖い症状大全 早期発見しないと後悔する病気のサインだけ集めました』の要約と感想

左肩に急激な痛みが生じたら、心筋梗塞を疑うべきだといいます。 においがわかりづらくなったら、認知症の始まりかもしれないそうです。 このような、放っておくと怖い病気のサイン44種類が本書には載っていました。 この記事では、秋津壽男著『放っておくと…

『人生が変わるホルモンコントロール術 はたらくホルモン』の要約と感想

焼肉のホルモンではなく、私たちの神経細胞から分泌されるホルモンに関する本です。 ダイエットを成功させるホルモン、仕事力を高めるホルモン、メンタルを左右するホルモンなど、さまざまなホルモンの働きや"ホルモンを増やす方法"について書かれていました…

青汁を飲むと「うんこが緑色になる」って本当?【大便の画像なし】

青汁を飲むと、うんこ(大便)が緑色になることがあります。 ちょうどパンダのウンチのようなイメージです。 とはいえ、1日1〜2杯の青汁を飲んだくらいで便の色が変わることは、ほとんどありません。 もし青汁を飲んだせいでうんこが緑色になったとしたら、体…

意味ない? 青汁を飲んでも効果はないのか

青汁は、薬ではありません。 薬ではないので、青汁を飲んだだけで元気になったり、腰の痛みがやわらいだりはしません。 青汁は魔法のドリンクでもなんでもなく、ケールや大麦若葉といった緑色野菜を原料とする、ただのドリンクです。 1杯の青汁でスリムにな…

ダイエットに適した青汁の飲み方2選。アレを5g混ぜる

青汁でダイエットをしようと思ったら、作戦は2通りあります。 食事を青汁に置き換える 食事前に青汁を飲む このいずれかです。 なにも考えず青汁をガブガブ飲んでいても、けっして痩せることはありません。 なぜなら、青汁は「体脂肪を燃やしてくれる魔法の…

青汁1杯に含まれる「亜鉛」の量は0.1mg。多いのか少ないのか

青汁には微量の亜鉛が含まれています。 1回に飲む青汁の粉末3g中、亜鉛の量は0.1mgです。 ケール、大麦若葉、青汁がいずれの原料からできていても、亜鉛の含有量は変わりません。 ところで、この亜鉛の量は多いのでしょうか。 それとも、気にするほどの含有…

青汁を飲むタイミングは「朝」か「食事前」の2択

青汁はいつ飲んでも構いません。 これといった推奨のタイミングはない、ということです。 その証拠に、某青汁の商品パッケージには「いつでも飲んで良い」とだけ記されており、具体的な摂取タイミングは書かれていません。 そもそも青汁は野菜不足を解消する…

青汁1杯の「便秘解消効果」ってどうなの?

青汁には、便秘を解消する効果があるとされています。 なぜなら青汁は、不溶性食物繊維を多く含んでいるからです。 では、青汁を飲むようにさえすれば、便秘の悩みから解放されるのでしょうか。 この記事では、 不溶性食物繊維の含有量 青汁を飲みアーモンド…

マスクを着けていれば「口臭」は隠せる? 答えはNO

マスクを着けていても、口臭がキツいことは周囲にバレます。 口臭は、マスクでは誤魔化せません。 たとえるなら、パンツやズボンを穿いていても、おならをすれば周囲に臭うのとおなじです。 屁の臭いをパンツやズボンが抑えきれないのとおなじで、口臭もまた…

【マスク太り】毎日マスクを着けていると太る2つの理由

毎日マスクを着けて過ごしていると、そうでない状態にくらべ、太りやすくなります。 なぜなら、顔に脂肪がついてもマスクで隠せるため自分に甘くなり、またマスクによって呼吸が浅くなるからです。 肥満にならないようケーキやスナック菓子、炭水化物を避け…

チョコレートの脂質が「ニキビの原因になる」は誤り

チョコレートを食べすぎると顔が脂っぽくなり、ニキビができる原因になると考えている人がいます。 というのも、チョコレートには脂質が多く含まれているからです。 がしかし、それは誤解です。 食べ物の脂質がそのまま顔に出ることはありません。 ニキビを…

お風呂に入るのが面倒なら試したい3つの工夫

毎日お風呂に入るのは面倒ですが、だからといって入浴をサボると、顔や髪の毛が脂でテカテカして困ります。 なぜなら、周囲にたいして不潔な印象を与えてしまうからです。 お風呂に入る億劫さを減らすには、いったいどうすれば良いのでしょう。 この記事では…

傷や怪我で車のシートベルトを装着できないときはどうする?

道路交通法では、自動車の乗員全員が、シートベルトを装着することを義務としています。 とはいえ世の中には、脇腹をケガしていたり、胸に手術痕があったりして、シートベルトを着けるのが難しい人もいます。 シートベルトが体に当たると激痛が走るような状…

『50代でも30代の肌が手に入る アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!』の要約と感想

美肌を手に入れたい方やダイエットをしたい方に「アーモンド」をおすすめしている本です。 本書を読めば、きっと誰もがアーモンドが食べたくなることでしょう。 なぜなら、ただアーモンドを「食べる」だけで、さまざまな健康効果を享受できるのだと知れるか…

【便秘解消】アーモンドを食べて1日3回大便を出そう

便秘解消におすすめの食べ物は、アーモンドです。 なぜならアーモンドには、お通じを良くする「不溶性食物繊維」が豊富に含まれているからです。 1日25粒を目安に毎日アーモンドを食べてみてください。 不溶性食物繊維が、 水分 余分な糖 余分な脂 これらを(…

『実年齢56歳、血管・骨年齢30代の名医が実践!コーヒーを飲む人はなぜ健康なのか?』の要約と感想

コーヒー好きな方に朗報です。 コーヒーは単なる嗜好品ではなく、多くの病気をするための薬でもあるのだそうです。 もちろん、素人の意見ではなく、医師の意見です。 本書の知識をインプットすれば、大好きなコーヒーを、いっそう美味しく飲めるのではないで…