自分の顔が嫌い…どうする? 現実的な2つの選択肢

f:id:MORIKO:20210823212706p:plain

目が小さい、おでこにシワがある、鼻の穴が大きい、肌が汚い、エラが張っている、アゴが長いなど、誰でも1つや2つは自分の顔にコンプレックスを抱いているものです

 

もちろん世の中には「おれの顔は/私の顔は、宇宙でいちばん美しい」と信じて疑わない幸せ者もいますが、これは例外です。

よく見るとたいして美男・美女ではなく、ただ自己を客観視できていないに過ぎません。

 

f:id:MORIKO:20210823213418p:plain

スポーツでたとえるなら、日本vsスペインのサッカーの試合で、日本人が主審を務めるようなものです。

ジェッジがフェアではありません

 

f:id:MORIKO:20210823213041p:plain

では、自分の顔が嫌いで、かといってアンパンマンのように「新しい顔」に取りかえたりできない私たちは、この顔面にどう折り合いをつけて生きていけば良いのでしょうか。

 

この記事では、

  • 自力で改善する
  • 医療に頼って改善する

など、「自分の顔が嫌いな人間には何ができるのか」をわかりやすく解説します。

笑顔で生きるため、ぜひ参考にしてみてください。 

 

 

自分の顔が嫌い【2つの選択肢】

f:id:MORIKO:20210823212105p:plain

もし部屋のカーテンの柄が気に入らないとしたら、私たちにできることは2つあります。

  1. 我慢して使い続ける
  2. 買い替えて他のカーテンを吊るす

 

これはカーテンに限らず、私たちの顔立ちについてもいえます。

つまり、自分の顔が嫌いなら

  1. 諦める(現状のまま)
  2. 美容整形する(変える)

これら2つのうち好きなほうを選べば良い、ということです。

 

f:id:MORIKO:20210823213724p:plain

自分の顔を好きになる選択肢はないのか

そう思った方もいるでしょう。

はい、ありません。

 

誰かに催眠術でもかけてもらえば、自分の容姿にうっとりして、ずっと鏡を覗きこんでいたくなるかもしれません。

自分で自分に結婚を申し込みたくなるかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20210823214226p:plain

がしかし、数分経てば催眠術の効果は切れてなくなり、鏡をたたき割りたくなるのがオチです。

嫌いな食べ物とおなじで、嫌いな自分の顔は、克服できません。 

 

ですので、諦めて受け入れるか、医療の力を借りるかするのが現実的だといえます。

 

1. 諦める(が、ただでは起き上がらない)

f:id:MORIKO:20210823214550p:plain

アンパンマンの顔と違って、私たちの顔は取り外しができません。

すなわち、この顔のまま生きる宿命を背負っている、ということです。

 

両親の顔をよく見て、それから鏡の前に立ってみてください。

「ま、そりゃそうか」と諦めがつくはずです。

 

容姿は遺伝で決まるため、親が俳優やモデルでもない限り、私たちの顔は"こんなもん"です。

 

f:id:MORIKO:20210823214757p:plain

とはいえ、「高望みしちゃダメ。身の程を知ろう。じゃ、そういうことで」といって終了したら何の解決にもなりません。

そこでいくつかの嬉しい事実をお伝えします。

 

まず、体脂肪を落とすだけで輪郭がシャープになり、顔の印象が変わります。

アゴまわりの贅肉が減れば、そのぶんだけ小顔にもなれます。

ですので、ダイエットをして損はありません。

 

f:id:MORIKO:20210823215254p:plain

ただしいわゆる"顔痩せ"は幻想で、顔の脂肪だけ落とすのは不可能なので、全身が痩せるような運動や食事を心がけましょう。

 

  1. 運動量を増やす
  2. 間食をやめる
  3. 体重計に毎日乗る

これがダイエットの基本です。

もしホラーマンのようにガリガリの体型であれば、無視して構いません。 

 

 

目元で勝負しよう

顔にコンプレックスを抱いているなら、マスクを着けて外出することをおすすめします。

目よりも下、マスクによって顔のほとんどを隠せるので、人に見られたくない弱点を晒さずに済みます。

 

f:id:MORIKO:20210823215725p:plain

むしろ「マスク美人」という言葉があるように、人はマスクで隠れて見えない鼻から下を想像でおぎなって顔をイメージするため、実際よりも美男・美女に見てもらえます

  • 受け口だ
  • 鼻が低い
  • 頬がいつも赤い
  • 肌が荒れている 

こんな悩みはマスクでカバーしましょう。

 

そうすれば、人にバカにされているのでは、笑われているのでは、といった被害妄想から解放され、ストレスなく出かけられます。

 

くわえて「眉目秀麗」というように、私たちの顔でとくに重要なのが、目元です。

美男・美女かどうかは目元で決まるといっても良いでしょう。

 

f:id:MORIKO:20210823220139p:plain

とはいえ、前髪をチョキチョキ切るような感覚で、自ら目の形を変えることはできません。

 

私たちが手を加えられるのは眉毛、眉目秀麗の「眉」のほうだけです。

眉毛も目元のイメージを左右する重要なパーツです。

 

まゆげ専用の手入れセットが市販されているので、ぜひ形を整えてみてください。

清潔感が出て、目元がキリッとし、なんだか良い感じになるはずです。

 

  1. マスクを着用する
  2. 眉毛を整える

少しでもマシな気分で生活するために、この2つのポイントを押さえておきましょう。

 

もっとも大切な気づき

f:id:MORIKO:20210823220612p:plain

ところで、年齢はおいくつですか? 

10代もしくは20代ではないでしょうか。

 

どうして年齢を訊くかというと、人は歳をとるほど自分の容姿に頓着しなくなるからです。

つまり、生きているとだんだん顔が整ってるとかブサイクとかどうでもよくなる、ということです。

 

なぜなら、ある程度の人生経験を積むと、「誰も自分のことなど気にしていない」と気づいてしまうからです。

そう、他人は誰も私たちの顔など見ていませんし、顔に興味もありません。

 

f:id:MORIKO:20210823221003p:plain

人は自分だけに興味がある、これが現実です。

 

"みんなに見られている気がする"という過剰な自意識は若者に特有のものなので、男性の髪がだんだん薄くなるように、やがて自意識もだんだん薄れてきます。

 

もちろん、だからといって中年になるのを待つ必要はありません。

20歳でも、17歳でも、何歳でも大丈夫です。

 

今この瞬間、「誰も自分に興味なんてない」と自覚することで、顔面にたいするコンプレックスとサヨナラできます。

 

f:id:MORIKO:20210823221822p:plain

誰もやって来ないなら、部屋の散らかりを気にすることはありません。 

誰も見ていないなら、顔の良し悪しを気にすることだってないはずです。 

 

2. 美容整形に頼る

f:id:MORIKO:20210823222432p:plain

自分の顔が嫌いだ、醜くって耐えられない、そんな悩める人のために美容外科が存在しています

 

たとえば世の中には、醜形恐怖症という病気があって、この患者は何度も整形を繰りかえす傾向にあります。

美容外科でなく、精神科で診てもらわない限り問題は解決しません。

 

ただし、自分の顔が嫌いだからといって「醜形恐怖症だ」と決めつけるのは早計です。

ちょっと食欲が出ないだけで「拒食症になったかも」と喚いているようなもので、ナンセンスだといえるでしょう。

 

f:id:MORIKO:20210823222351p:plain

そもそも、自分の顔に100%満足している人などいません

どんなイケメンや美女でも、頬骨だとか輪郭だとか目だとか、気に入らないパーツの1つや2つはあるものです。

 

その証拠に、生まれつき整った目鼻立ちをしている女優ですら、納得いかないパーツを(こっそり)整形しています

世間一般から「美女」と呼ばれている人間でさえ顔を"調整"したくなるのですから、私たちが顔を丸ごと取っ替えたくなるのは当然です。

 

f:id:MORIKO:20210823222855p:plain

ちなみに美容整形外科では、たいていのことが可能です。

  • 目を大きくする
  • まぶたを二重にする
  • アゴの脂肪を吸引する
  • 輪郭を変える
  • 骨格を削って小顔にする
  • 頬骨の出っ張りをなくす
  • おでこのシワをとる
  • ホクロを除去する
  • 鼻を高くする
  • 小鼻を小さくする
  • エラを削る
  • 咬筋を縮小させる

など、挙げていったらキリがありません。 

 

私たちは、水筒が気に食わなければ買い替えますし、洋服に不満があれば捨てますし、SNSで使っているハンドルネームに嫌気がさしたら変更します。

日常的に気になるところを改善している、ということです。 

 

顔もおなじです。

不快で、見るとうんざりするストレスフルな顔なら、いっそ勇気を出して整形するのもひとつの手でしょう。

 

f:id:MORIKO:20210823223053p:plain

スマートフォンやスニーカーは自分が好きなものを選べるのに、顔だけが"学校指定"なんてことはありません。

それはただの思い込みで、実際には顔だって私たちの自由です。

 

 

まとめ

自分の顔が好きか嫌いか、これは自分で決められるものではありません。

ピーマンの好き嫌いとおなじで、好きな人は気づいたら好き、嫌いな人は気づいたら嫌いだった、というだけの話です。

 

f:id:MORIKO:20210823223319p:plain

だから、「嫌い」を無理やり「好き」に変えようとしないことです。

苦手なピーマンを克服しようと食べれば、独特の苦味や青くささに耐えられず吐きそうになり、涙目になり、ただツラい思いをします。

 

顔だっておなじで、苦手な顔を好きになろうとして、鏡や自撮り写真を眺めれば眺めるほど、「どうしてこんな顔に生まれたんだ」とやり切れなくなるだけです。

 

自分の顔が嫌いであれば、

  1. 諦める(でもささやかな抵抗は試みる)
  2. 美容整形に頼る(マネーで解決)

いずれかのスタンスを取って生きるのが現実的でしょう。

ちなみに美容整形に向いていないのは、まわりの意見に流されやすい人です。

 

f:id:MORIKO:20210823224438p:plain

周囲から「整形しないほうが良かった。前のほうが好きだったのに」といわれたとき(大抵いわれる)、流されやすい人は整形したことを後悔します。

 

「やかましい。人の苦労も知らないくせに。これは私の/おれの顔だ、人生だ」

これくらいの精神的逞しさと、いくらかの貯金があれば、ストレス解消の手段として美容整形を考えてみても良いでしょう。

 

f:id:MORIKO:20210823224242p:plain

以上、自分の顔が嫌いな人間には何ができるのか、でした。

【結論】好きにはなれない。大逆転を望んでも苦しむだけ。顔の中性脂肪を落とし、マスクで隠し、眉を整え、「誰も見てない気にしてない興味がない」と唱えるのがひとつ。もうひとつは美容整形。

 

ネット通販サイトAmazonでは、こちらのまゆげ手入れセットがよく売れています。

眉目秀麗に近づきましょう。 

 

整形を考えている人が、知識を得るために読んでいる本です。

たとえば、人気ナンバーワンの二重手術には、どんな種類があって、それぞれどのように違うのか、加齢とともにどんな変化が出るのか、などが詳しく解説されています。