寝る前にコーヒー飲むならカフェインレス(デカフェ)が常識

f:id:MORIKO:20210505164921p:plain

夕食後や就寝前など、夕方を過ぎてからコーヒーを飲むなら、カフェインレス(デカフェ)のコーヒーをおすすめします。

 

というのも、通常のコーヒーに含まれるカフェインには、覚醒作用があるからです。

カフェインが私たちの眠気を吹き飛ばしてしまう、ということです。

 

f:id:MORIKO:20210505165140p:plain

事実、眠気覚まし用ドリンクやエナジードリンクには、きまってカフェインが入っています。

 

寝る前にカフェイン入りのコーヒーを飲んでしまうと、

  • なかなか寝つけない
  • 眠りが浅くて疲れがとれない
  • 途中で夜中に目が覚めてしまう

といった問題を引き起こしかねません。

 

f:id:MORIKO:20210505165633p:plain

そこでこの記事では、

  • カフェインの覚醒作用って?
  • カフェインレスのコーヒーとは?
  • 何時以降からデカフェにすべきか

など、「寝る前にコーヒーを飲むならカフェインレスがおすすめ」だということを、わかりやすくお伝えしていきます。

快眠のため、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

寝る前にコーヒー飲むならカフェインレス(デカフェ)

f:id:MORIKO:20210505164646p:plain

私たちがスッと眠りにつくためには、じゅうぶんな「睡眠圧(眠気)」が必要です。

もし眠気がない状態で布団に入ったとしても、頭が冴えてあれこれ考えてしまい、なかなか眠れません。

 

ちょうど、「やる気」がなければ、宿題にもテスト勉強にも身が入らないのとおなじです。

勉強にはやる気が必要で、睡眠には、眠気が必要です。 

 

f:id:MORIKO:20210505170054p:plain

コーヒーに含まれるカフェインには、われわれの睡眠圧を下げ、眠気をなくす作用があります。

そんなコーヒーを寝る前にガブガブ飲んでいたら、とても熟睡できません。

 

f:id:MORIKO:20210505170838p:plain

睡眠の質を高めて朝までグッスリ眠るためには、夕方以降、通常のコーヒーをやめてカフェインレス(デカフェ)のコーヒーに切り替えるべきです。 

 

 

カフェインの覚醒作用とは

コーヒーに限らず、緑茶や紅茶、ウーロン茶にも含まれているカフェインには、 興奮作用や覚醒作用があります。

 

f:id:MORIKO:20210505171300p:plain

カフェインは私たちの交感神経を刺激し、心臓のはたらきを強め、脈拍を増やすのです。

早い話が、カフェインを摂ったら、ゾンビに追いかけられているような状態になる、ということです。

 

想像してみてください。 

もし両手を伸ばしたゾンビに追いかけられたら、われわれの心臓はバクバクし、脳は覚醒し、眠気は地球の裏側までふっとぶはずです。

 

f:id:MORIKO:20210505171742p:plain

こんな緊張した状態で、グッスリ眠れるわけがありません。

カフェインが睡眠の妨げになるのは、まるでゾンビに追われているかのような興奮・覚醒作用を持っているからです。

 

日が暮れてからカフェインを摂る習慣は、

  • なかなか寝つけない
  • 寝ても疲れが取れない

といったデメリットを招く恐れがあります。

 

f:id:MORIKO:20210505172054p:plainちなみに体内に入ったカフェインは、アルコールとおなじく「肝臓」で分解されます

そしてお酒(アルコール)に強い人と弱い人がいるように、肝臓のカフェイン分解能力もまた、人によってさまざまです。

 

世の中には、午後2時にブラックコーヒーを1杯飲んだだけで、夜になっても眠れなくなるほど「カフェインに弱い人」がいます。

生まれつき肝臓のカフェイン分解能力が低い、カフェイン耐性が弱い、ということです。 

 

f:id:MORIKO:20210505172547p:plain

では、上質な眠り(心身の健康)のために、夕方を過ぎたらコーヒーを禁止すべきなのでしょうか

そんなことはありません。我慢は不要です。

 

カフェインだけを人工的に取り除いた、ノンカフェイン(デカフェ)のコーヒーに切り替えれば良いのです。

 

カフェインを除去したコーヒー

f:id:MORIKO:20210505172924p:plain

原料のコーヒー豆からカフェインを取り除いたコーヒーは、

  • カフェインレス
  • デカフェ

といった表記で市販されています。

 

ただし、ノンカフェイン(カフェインゼロ)ではありません。

通常のコーヒーからカフェインを97%カット(100のうち97を取り除いたもの。残りは3)が、「カフェインレス」としては一般的です。

 

完全なゼロではありませんが、通常にくらべてカフェイン含有量は30分の1と微量なので、22時過ぎでも、就寝前でも、いつでも気にせずコーヒーを飲めます。 

 

f:id:MORIKO:20210505173433p:plain

ですので、

  • スッと眠りにつきたい
  • 睡眠の質を落としたくない
  • 医師から肝臓が悪いといわれている
  • でも、コーヒーを飲みたい

といった場合には、カフェインレスのコーヒーがおすすめです。

 

カフェインの除去には

  • コーヒー豆を水に浸す
  • コーヒー豆に二酸化炭素を当てる

いずれかの方法が採られています。

けっして、怪しい商品ではありませんし、もどきの"なんちゃってコーヒー"でもありません。

 

f:id:MORIKO:20210505173803p:plain

ちょうどサビ抜きのお寿司のように、通常のコーヒーから、カフェインだけを取り除いたものです。

 

カフェインレス(デカフェ)のコーヒーにデメリットがあるとすれば、通常のコーヒーよりも値段が高いこと、が挙げられます。

カフェインを除去する手間がかかっているぶん、若干ながら、価格にも反映されています。

 

 

コーヒーの健康効果は健在

私たちの健康寿命を伸ばす、カラダに良い飲み物としてコーヒーは知られています。

 

f:id:MORIKO:20210505180915p:plain

なぜコーヒーが身体に良いかというと、コーヒーに含まれているクロロゲン酸という抗酸化物質(ポリフェノール)が優れているからです。

カフェインではなく、クロロゲン酸です。

 

カフェインは、コーヒーの健康効果に関係がないとされています。

 

ですので、もし、

  • 美肌
  • アンチエイジング
  • さまざまな疾患リスク軽減

といった目的でコーヒーを飲むとしたら、カフェインレスでも問題ありません。

カフェインは重要ではない、ということです。

 

カフェインのデメリット

f:id:MORIKO:20210505181235p:plain

むしろカフェインは、そのデメリットが目につきます。

 

たとえば、カフェインには依存性があります

タバコやお酒、ドラックのように、「もっと欲しい、もっと欲しい」と脳がカフェインを欲します。

 

f:id:MORIKO:20210505181417p:plain

カフェインの入ったドリンクを飲まないと不安になるなど、とても健全な状態であるとはいえません。 

 

体内に入ったカフェインがアドレナリン(通称:興奮ホルモン)の分泌を促すことで、われわれのカラダに負担がかかります

 

ずっとゾンビに追いかけられているかのような緊張感が生まれ、つねに戦闘モードを強いられるので、疲れるのは当然です。

 

f:id:MORIKO:20210505181658p:plain

もっとも最悪な結末は、死です。 

過剰摂取が引き起こしたカフェイン中毒によって死亡した事例は、複数あります。

 

常識の範囲内でコーヒーを飲んでいるぶんには心配ありませんが、カフェインがわれわれの命を奪う危険性を孕んでいることを、覚えておいて損はありません。 

 

ですのでいっそ、カフェイン中毒や死を避けるため、アドレナリン分泌を抑えるために、毎日飲んでいるコーヒーをすべて「カフェインレス」に切り替えても良いくらいです 

 

f:id:MORIKO:20210505182106p:plain

カフェイン除去のぶん値段は高くなりますが、ちょうど、わき毛をレーザー脱毛するようなもので、無駄なコストではありません。

余計なものを取り除くための、適正な費用です。

 

Amazonでは、こちらのカフェインレスコーヒー(無糖)が売れています。 

 

コップに注ぐだけですぐ飲める手軽さと、味わい深さがウリです。 

スーパーで買ったら重たくてかさばる(だから手が伸びない)商品が、Amazonで注文すれば、自宅の玄関まで届きます

 

ドリップ派、UCC派であれば、こちらの商品がおすすめです。 

コーヒー豆に二酸化炭素を当てて97%のカフェインを除去しています。

 

夜中でも、寝る前でも、24時間大好きなコーヒーをゴクゴク飲んで、心と体を満たしませんか?

 

以上、寝る前にコーヒーを飲むならカフェインレスがおすすめ、でした。

結論。寝る前に限らず、いつだっておすすめ。カフェインは邪魔者だから。カフェインレスに切り替えて夜グッスリ眠れば、日中の「眠気覚まし」は要らなくなるはず。負のスパイラル、カフェイン地獄から抜け出そう。

 

【参考文献】

石原藤樹『コーヒーを飲む人はなぜ健康なのか』PHP研究所、2020年

樺沢紫苑『ブレイン メンタル 強化大全』サンクチュアリ出版、2020年

樺沢紫苑『精神科医が教える ストレスフリー超大全』ダイヤモンド社、2020年

『Newtonライト2.0 睡眠』ニュートンプレス、2021年

 

実年齢56歳、血管・骨年齢30代の名医が実践! コーヒーを飲む人はなぜ健康なのか?
 

読んだらコーヒーをもっと好きになる本はこちらです。 

「コーヒーは薬」だと主張する石原医師が、科学的エビデンス(研究論文)に基づいて、コーヒーがわれわれの健康にもたらすメリットを解説しています。

 

健康のためにコーヒーを飲むなら、1日5杯がベストだそうです。 

 

第一三共ヘルスケア クリーンデンタルLトータルケア [医薬部外品] 単品 100g
 

コーヒーを飲んだ後の口臭や歯の黄ばみが気になりませんか? 

Amazonではこちらの歯磨き粉が売れています。

 

クリーンデンタルは、モノ批評雑誌『モノクロ』で殿堂入りを果たした実績のある、優れた歯磨き粉です。

 

www.shortshortshort.jp

布団のなかで毎晩、何を考えながら眠りについていますか? 

就寝時の頭のなかに関して、当サイトにはこんな記事があります。