【なぜ】友達がいない人の特徴は2つ。嫉妬とうぬぼれ

f:id:MORIKO:20210512164903p:plain

友達がいない人には、男女関係なく共通の特徴があります。

  1. 他人に嫉妬している
  2. 自分にうぬぼれている

このいずれか片方にでも該当していると、なかなか友達ができません。

 

かつては仲が良かった友人とも、だんだん会う頻度が減り、疎遠になっていきます。

つまり、友好関係が長続きしません。

 

なぜなら、友達付き合いにおいて、「嫉妬」と「うぬぼれ」は足手まといになるからです。

ちょうど、勉強に集中したいときに、

  • スマートフォン
  • 漫画

これらが邪魔になるようなものです。 

 

f:id:MORIKO:20210512165122p:plain

したがって、友達を作っていっしょに出かけたり遊んだりしたい場合にはまず、妨げになっている嫉妬心とうぬぼれを手放す必要があります。

 

この記事では、

  • なぜ嫉妬心が邪魔になるのか
  • うぬぼれが友人を遠ざけるワケ

など、「友達がいない人の特徴」をわかりやすく解説します。

問題点を正しく把握するため、ぜひ参考にしてみてください。 

 

 

友達がいない人の特徴は2つ

f:id:MORIKO:20210512164611p:plain

友達がひとりもいない、または1〜2人しかいないとしたら、その理由はたいてい「性格」にあります。

 

先述のとおり、

  1. 他人に嫉妬しやすい
  2. うぬぼれている

こうしたパーソナリティが友を遠ざけ、私たちを孤立させます

 

f:id:MORIKO:20210512165849p:plain

いったいどういうことなのか、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

特徴1. 嫉妬

f:id:MORIKO:20210512170029p:plain

嫉妬とは、妬みの気持ちをいいます。 

妬みというのは、他人の幸せや長所、ステータスをうらやんで、「不幸になればいいのに」と願うダークな感情を指します。

 

嫉妬しやすい人、嫉妬深い人のところには、誰も好んで寄りつきません。

というのも、

  • 恋人ができた
  • 志望校に受かった
  • 資格を取得できた
  • 転職して給料が上がった

こうした良い報告をするたびに、嫉妬深い人物はイヤな反応を見せるからです。

 

f:id:MORIKO:20210512170417p:plain

人が喜んでいるとき、「おめでとう。良かったね」といっしょに嬉しがってくれるのが、友達というものです。

自分が幸せなときに「チェッ、なんだよ自分ばっかりよ」と妬んでくる人は友達ではありませんし、仲良くしたいとも思いません。

 

人間なら誰だって、「自分の不幸を願う人」とは距離を置きたくなるものです。

 

f:id:MORIKO:20210512171331p:plain

ではそもそもの話として、嫉妬深い人は、なぜ嫉妬深いのでしょうか。

なぜ、友人の幸せを喜べないのでしょうか。

 

プライドの高さが邪魔をする

f:id:MORIKO:20210512170759p:plain

すぐ人に嫉妬してしまうのは、プライドが高いからです。 

 

プライドが高い人間は、他者が自分よりも優位に立っていることが許せません。

自分こそがナンバーワンでありたいからです。 

 

そこで相手を妬み、自分なりのルールを持ち出して非難したり、道徳的な枠に押しこめようとします。

たとえば、彼氏や彼女ができた知り合いにたいして「なんかビミョーじゃない?すぐ別れそう」 とネガティブな言葉をぶつけて、ケチをつけたりします。

 

プライドが高くて嫉妬深い人間は、そもそも友達との「対等な関係」を望んでいません。 

もちろん、友人よりも自分のほうが劣っているなど言語道断です。

 

f:id:MORIKO:20210512171126p:plain

そうではなく、つねに自分が優越していたい、優越の関係を作りたい、これが嫉妬しやすい人間の本心です。

 

だからこそ、友達にはなるべくバカで、貧乏で、不運で、不幸で、不健康であって欲しいと願っています。

 

そして周りの人間は、嫉妬深いこの人物からあふれ出ている「負のオーラ」を感じとり、ネガティブな圧力を察知し、離れていきます。

 

f:id:MORIKO:20210512171545p:plain

だから、友達ができません。

だから、嫉妬しやすい人は孤立します。

 

それは、いっしょに過ごしていても楽しくないからです。

ただ、プライドを傷つけられるだけだからです。

 

 

特徴2. うぬぼれ

うぬぼれは、漢字で「自惚れ」と書きます。 

うぬぼれとはつまり、「自分は特別な存在だ」と考えることをいいます。

 

f:id:MORIKO:20210512171940p:plain

自らをスペシャルな最上ランクの存在だと思っているので、うぬぼれている人間は、つねに周囲を見下しています。

 

どこか小馬鹿にしたような態度で、上から目線で人と接するため、相手の反感を買います。

早い話が、エラソーで嫌われる、ということです。

 

だからこそ、うぬぼれが強い人(ナルシスト)には友達ができません。

周りの人たちから敬遠されるだけでなく、うぬぼれている本人も、じつは他の人と打ち解ける気がありません。

 

f:id:MORIKO:20210512172236p:plain

他人のことを「取るに足りない連中」だと思っているので、仲良くしようと思わないのです。

 

つまり、

  • 周囲:寄ってこない
  • 本人:親しくする気がない

こういうことです。

友達ができないのは必然で、なんら不思議なことではないといえます。

 

f:id:MORIKO:20210512172453p:plain

ちなみに、自惚れている人間は、自分のことが大好きで、根拠のない自信を持っていて、人生を前向きに生きる術を身につけています。

ですので、うぬぼれが「悪い」という話ではありません。

 

ただ、うぬぼれは、友達作りにおいて邪魔になるだけです(あくまでも限定的)。 

 

ちょうど、夏に大活躍する扇風機が、冬になって気温が下がるとお荷物になってしまうようなもので、シチュエーションしだいで評価は変わります。

 

f:id:MORIKO:20210512172913p:plain

したがって、これまでの人生で獲得してきた自己愛(うぬぼれ)を削ぎ落とす必要はありません。

むしろ、たくましく生きるのに役立つ財産です。

 

もちろん友達が欲しいとなれば、うぬぼれの出力を、扇風機の「弱」程度には抑えたほうが良さそうです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210512173400p:plain

友達がいない人の特徴をお伝えしてきました。 

  1. 人に嫉妬している
  2. 自分にうぬぼれている

こうした性格が、友達付き合いを難しくしている可能性があります。

 

ただし、友達がいるのは良いことで、友達がいないのはダメ、こんな小学生のような価値観に縛られることはありません

たとえたくさんの友達がいなくても、たくさんのカネがあれば、私たちは幸せな人生を送れます。

 

f:id:MORIKO:20210512173638p:plain

たとえ話し相手がいなくても、本があれば寂しくありません

偉大な著者たちは、友人よりもよほどタメになる話をしてくれます。 

 

友達がいない現状に悩んでいるとしたら、ぜひニーチェに相談してみてはいかがでしょう。

ニーチェはドイツの哲学者で、1900年にこの世を去っているので会って対話することは叶いませんが、彼の書いた本なら残っています。

 

生き方はニーチェに聴け!

生き方はニーチェに聴け!

  • 作者:白取 春彦
  • 発売日: 2018/02/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

こちらの書籍が、自分らしく生きるためのアドバイスを与えてくれます。

 

友達づくりのマニュアルではないので、読んだからといって、友達が100人できたりはしません。 

けっして人気者にはなれませんが、その代わり、人生を力強く歩んでいけるようになります。

 

「たしかに友達がいない。だが、それがなんだっていうんだ!」ってなもんです。

自らを肯定して生きましょう。もっとハッピーになりましょう。

 

福神漬けがなくても、カレーは美味しく食べられます。

友達がいなくても人生はじゅうぶん楽しめます。

 

以上、友達がいない人の特徴でした。

【結論】嫉妬深い。うぬぼれている。だけど、友達がいないからといって「劣っている」わけでも、「ダメ」なわけでもない。気休めではなく事実。大切なのは、どんな自分でも肯定してあげること。自分を肯定する強さを持つこと。