フリードプラスを買って後悔する3つのリスク。欠点は被りと代替可能性

ホンダ・フリードプラスは、2016年9月に販売をスタートした小型ミニバンです。

通常のフリードが3列シートであるのにたいし、フリードプラスは2列シートで、広い荷室を備えているのが特徴です。

 

フリードとの主な違いは「座席数」だけですので、定員5名で問題ないならフリードプラスを選んでしまって良いでしょう。

フリードプラスのほうがやたら燃費が悪い、なんてことはありません。

 

なかにはフリードプラスを使って、

  • 釣りに出かけたい
  • キャンプに行きたい
  • 車中泊をしてみたい

などと考えている方もいるはずです。

フリードプラスを買ったら、充実したアウトドア生活を楽しめるのでしょうか。

 

……いえ、もしかしたら、フリードプラスの購入が後悔に変わる瞬間がやってくるかもしれません。

たとえば、フルモデルチェンジした新型フリードを見て嫉妬したり、です。

 

この記事では、

  • 2023年にフルモデルチェンジ予定?
  • 人気車だから他人と被る
  • フリードプラスじゃなきゃダメか

など、「フリードプラスを買って後悔するリスク」をわかりやすく解説します。

ぜひクルマ選びの参考にしてみてください。

 

 

HONDAフリードプラスを買って後悔する3つのリスク

フリードプラスの購入を後悔するとしたら、次のケースが考えられます。

  1. 他人と被り過ぎて後悔
  2. フルモデルチェンジして後悔
  3. ほかの車でも問題なくて後悔

いざ納車されてから「こんなはずでは……」と後悔しないよう、あらかじめネガティブな要素をチェックしておきましょう。

 

フリードプラスは機械製品としてよく出来ていますが(故障が多かったりはしない)、あまりの人気にうんざりするかもしれません。

 

1. 他人と被り過ぎて後悔

普通車の月間登録台数ランキングにおいて、フリードはトップ10入りの常連です。

つまり、売れまくっている、ということです。

 

人気があって支持されているのは結構ですが、そのぶん他人とよく被ります。

たとえば、

  • 近所のお宅にフリード
  • 対向車線からフリード
  • 自分の後ろにフリード
  • コンビニの駐車場にフリード
  • 会社の駐車場にもフリード

という具合です。

まるで「ニトリの家具」のようにみんなが持っているクルマ、それがフリードだといえます。

 

したがって、フリードに乗っていて個性や特別さを感じることはありません

むしろ、あまりの多さにうんざりするかもしれません。

 

よく「自分が買ったクルマは多く走っているように感じる」といいますが(意識するので気づくようになる)、フリードの場合は錯覚でもなんでもなく、ほんとうに台数が多いだけです。

 

ファッションのようにクルマを介して自分らしさをアピールしたいなら、街に溢れているフリードは避けたほうが良いでしょう。

 

「でも、フリードプラスなら台数が少ないから」

と思うかもしれません。

たしかに売れているのはほとんどが3列シートのフリードですが、外観のデザインはフリードもフリードプラスもおなじです。

 

違いといえば、リアにある「フリード+」のバッジくらいです。

フリードプラスであることに気づく人など、ほとんどいません。

 

したがって、

  • 人とおなじ服は嫌だ
  • みんなが読んでる本は読まない
  • 人と違うことをして目立つのが好き

といった方にフリードプラスは向かないといえます。

「どこに行ってもフリードばかりで嫌になってきた……」と購入を後悔するかもしれないからです。

 

あるいは、被りを避けるためにフリードプラスのCROSSTARを選ぶのも一つの手です。

 

 

2. フルモデルチェンジして後悔

2016年にデビューしたフリードおよびフリードプラスは、「2023年にフルモデルチェンジする」と噂されています。

自動車雑誌にも載っている信憑性の高い情報ですので、フルモデルチェンジの実施はほぼ間違いないでしょう。

 

とすると、現行型のフリード(2代目)は、2023年には「先代モデルの旧型」になるわけです。

ここに後悔のリスクが潜んでいます。

 

街中で新型フリードを見て、その「新しさが詰まった魅力」に嫉妬するかもしれません。

たとえば、

  • 刷新されたデザイン
  • 快適性が増した車内
  • 飛躍した走行性能と快適性
  • 進化した安全支援システム

これらを目の当たりにしたら、自分が所有している旧型フリードが途端にショボく感じられることでしょう。

「あっちのほうがカッコいいし高級感がある……」という具合です。

 

まるで、新型プレイステーションの登場によって、自分の持っているプレステが"時代遅れ"に見えるようなものです。

  • 新型を見たら嫉妬しそう
  • 新型のオーナーに見下されそう
  • 旧型に乗るなんてプライドが許さない

こんな考えをお持ちなら、あるいは車の購入が急ぎでないなら、新しいフリードが出るまで待つのも悪くないといえます。

 

とはいえ、待ちに待った新型フリードのデザインが「好みでない」場合もあります。

結局2代目のフリードプラスを買うとしたら、新型の発売を待った意味がありません。

 

が、これは結果論であって、内外装のデザインはメーカーが発表するまでわかりません。

  1. 新型を見るまで買うのを我慢する
  2. 新型を待たずして現行型を買う

どっちを選ぶかは賭けのようなものです。

 

3. ほかの車でも問題なくて後悔

ここまでマイナス要素を見てきましたが、それでもフリードプラスにこだわる理由はありますか?

 

たとえば、

  • 釣りやキャンプに行けれる
  • 車中泊ができる

といったフリードプラスの利点は、ホンダのSUVヴェゼルも有しています

 

ヴェゼルはフリードプラスとおなじ2列シート5人乗りの乗用車です。

後席を倒してフルフラットにすれば車中泊の寝床にもなります

 

車中泊できるのはフリードプラスだけ、ではないのです。

 

ミニバンのフリードプラスにたいしてヴェゼルはSUVですので、悪路走破性はヴェゼルのほうが優れているといえます。

釣りやキャンプといったアウトドアな趣味を楽しむなら、ヴェゼルを選んだほうが良いでしょう。

 

フリードはあくまでもファミリーカーであって、アウトドアを楽しむための車ではありません。

アウトドアにはSUVのほうが適しています。

 

ちなみに新型ヴェゼルの車両価格は、ガソリン車、ハイブリッドともにフリードプラスに10万円を上乗せした程度です。

 

たった10万円の差額で基本設計が新しい新型ヴェゼルに乗れる……悪い話ではないはずです(フリードは2016年、新型ヴェゼルは2021年発売)。

 

「車中泊をするならフリードプラスが一番だ」

そんな固定観念を抱いているとしたら、視野の狭さが後悔につながるかもしれません。

 

べつにフリードプラスじゃなくても良かったな……被るし……などと後悔しないために、ほかの車も検討してみてください。

 

冷蔵庫にポン酢がなくても醤油と酢とみりんで代用できるように、フリードプラスにこだわらなくても、ほかのクルマで代替可能です。

  • 他人と被るのはちょっと……
  • 買ってすぐ旧型になるのは……

などと購入を躊躇しているなら、なおさらです。

 

 

まとめ

フリードプラスを買って後悔するリスクが高いのは、次のような人です。

  • 目立ちたい
  • 個性的でありたい
  • 優越感を抱きたい
  • 古いモデルが嫌い
  • 車中泊するならフリードプラスしかないと思っている

上のような方は、契約書にサインをする前に、ほかの車に当たってみてください。

 

それにたいして、

  • 人とおなじほうが安心する
  • 変に目立ちたくない
  • 旧型でも気にならない
  • 現行型のデザインが大好き

という方は、フリードプラスに満足できるかもしれません。

 

ここまで読んで「欠点が特に気にならなかった」なら、ぜひホンダのディーラーへ行ってフリードプラスの実車に触れてみてください。

展示車を見たり、試乗車を運転したりすれば、新たな発見があるはずです。

 

それは、「思っていたより車内が広い」というプラスの発見かもしれませんし、「パワーが足りない」というマイナスの発見かもしれません。

 

フリードプラスが近くのディーラーに置いてあるかどうかは、ホンダのWebサイトから確認できます。

 

もし試乗車が近くにあれば、ネット上で試乗予約を行いましょう

美容院や歯医者とおなじで、試乗もあらかじめ予約を入れておくとスムーズです。

 

くれぐれも「ディーラーに行ったは良いがフリードプラスが置いてなかった……」などという無駄足を踏まないようご注意ください。

展示車や試乗車に関するディーラーごとの情報は、ホンダのWebサイトから検索できます。

 

以上、フリードプラスを買って後悔するリスクでした。

【結論】台数が多く被りやすい。2023年にフルモデルチェンジが実施されるとの情報あり。フリードプラスでできることはヴェゼルでもできる(プラス10万円)。これらの要素が後悔につながるかもしれない。どれも気にならないなら、ディーラーに行って車内の広さや運転のしやすさを確かめよう。

 

ネット通販サイトAmazonでは、フリードプラスに興味があるユーザーにこちらのムック本が売れています。

紙媒体が売り切れている場合、Kindle版(電子書籍)もご購入いただけます。

Kindle版はお手持ちのスマートフォンやタブレット端末で閲覧が可能で、専用の機械は必要ありません。