HONDA「フリード」を買って後悔する3つのリスク

f:id:MORIKO:20211215153653p:plain

ホンダフリード(2代目・2016年9月デビュー)は、扱いやすい5ナンバーサイズのコンパクトミニバンとして人気を博しています。

 

しばしば比較されがちなトヨタのシエンタ、スズキのソリオを、フリードは月々の登録台数で上回っています。

つまり、シエンタよりもソリオよりも売れている、ということです。

 

多くのユーザーがフリードを買っているなら、われわれもおなじくフリードを選んでおけば間違いないのでしょうか。

もし納車されてから後悔するとしたら、どんな点にガッカリするのでしょう。

 

f:id:MORIKO:20211215154510p:plain

この記事では、

  • ステップワゴンにしておくべきだった?
  • 他人と被りすぎて萎える?

など、「ホンダフリードを買って後悔する可能性」をわかりやすく解説します。

ぜひクルマ選びの参考にしてみてください。

 

 

ホンダフリードを買って後悔する3つのリスク

f:id:MORIKO:20211215153156p:plain

人気が示すとおり、フリードは良くできた自動車です。

  1. 車内空間の広さ
  2. 運転のしやすさ

これらを両立しており、実用性に優れているといえます。

それでいて車両価格は200万円台と安く、おまけに低燃費なので、経済性もバッチリです。

 

世の中には、N-BOXなどの軽自動車をファミリーカーとして使う家族もいます。

軽自動車よりスペースが広く、エンジンのパワーもあるフリードなら、より快適なカーライフを送れることでしょう。

 

f:id:MORIKO:20211215154801p:plain

そんなフリードを買って後悔するとしたら、

  1. 通常のミニバンより狭い車内
  2. 人気車ゆえの被り
  3. フルモデルチェンジで旧型に

このあたりが懸念事項だといえます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1. 通常のミニバンより狭い車内

f:id:MORIKO:20211215155050p:plain

フリードは5ナンバーの普通車です。

すなわち、フィットなどのコンパクトカーとおなじで、フリードは普通車のなかでも小さめの部類に入ります。

 

これは良くいえば「運転や駐車がしやすい」、悪くいえば「車内の広さがそこそこ」という表裏一体の関係にあります。

事実、フリードよりサイズが大きいステップワゴンやトヨタのノア/ヴォクシーのほうが、車内スペースが広く、乗員はいっそう快適に過ごせます。

 

f:id:MORIKO:20211215155321p:plain

ですので、もし4〜5名かそれ以上で乗車する機会が多いなら、

  • ホンダ ステップワゴン
  • トヨタ ノア/ヴォクシー
  • 日産 セレナ

このあたりの「フリードよりひと回り大きいミニバン」も視野に入れ、ディーラーで展示車を確認してみてください。

知人のミニバンに乗って「こんなに広いの?」と後悔しないために、です。

 

たとえば、2列シートのフリードプラスに大人5名が乗るのは窮屈で、ちょっと無理があります。

移動できないことはありませんが、後部座席の乗員は疲労が溜まり、不快な思いをするかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20211215155641p:plain

3列シートのフリードが気になっているなら、展示車に触れて、3列目シートへの乗降性を確かめておきましょう。

2列目シートの背もたれを倒して、座席を前へスライドさせて、スペースを空けてから……という手間を億劫に感じる可能性があります。

 

ちなみに、ホンダのステップワゴンも5ナンバーのミニバンです。

したがってフリードと車幅は変わりませんが、全長が違います。

 

全長が長く、車内にゆとりがあるのはステップワゴンです。

ステップワゴンなら3列目へ乗り込む際、2列目のシートを倒すことなく、2列目シートの間をすり抜けて3列目へ到達できます。

 

f:id:MORIKO:20211215160034p:plain

フリードの場合は、2列目キャプテンシートの6人乗りモデルがおなじように間を通り抜けられる仕様で、乗降性に優れています。

 

しばしば3列目を使うのに「2列目キャプテンシートでない(つまり7人乗りの)」フリードを買うと、その不便さに後悔するかもしれません。

毎日使うスマホが操作しにくいようなもので、ストレスが溜まります。

 

大人数で使う機会が多いなら、フリードよりサイズが大きいミニバンも検討する価値があるといえます。

もしステップワゴンやヴォクシーを無視して、

  1. フリード
  2. シエンタ
  3. ソリオ
  4. 軽自動車

このあたりの車種だけで比較を済ませて決めてしまったら、フリードの購入を後悔するかもしれません。

 

たとえるなら、小さい水筒を買って「これじゃ足りない」と後悔するようなものです。

 

f:id:MORIKO:20211215160403p:plain

それにたいして、ほとんど1〜2人の少人数で使うとしたら、フリードの広さは過剰です。

間違いなく持て余すので、「もっとコンパクトでもっとキビキビ走る車にすれば良かった」と後悔することでしょう。

 

フリードに適した乗員数は3〜5名です。

 

 

2. 人気車ゆえ他人と被る

フリードは人気があってよく売れている車なので、希少性はありません。

ちょうど、ニトリで買ったカーペットが珍しくも何ともないようなものです。

 

したがって、「人と違うクルマに乗りたい」タイプのユーザーには向いていないといえます。

 

f:id:MORIKO:20211215160741p:plain

街中でフリードとすれ違い、スーパーの駐車場で見かけ、ご近所さんがフリードに乗っているところを目撃するうちに、だんだんその多さに萎えてくることでしょう。

 

たとえば、他人とおなじ服を着たくない人は、ユニクロやGUで買い物をしません。

なぜなら、ユニクロのアウターやGUのプリントTシャツは人と被るからです。

 

GUのTシャツを着るのは「他人との被り云々」を気にしない人です。

フリードもおなじで、フリードを所有しているのは「人と違う個性的なクルマ」に興味がない人です。

 

f:id:MORIKO:20211215161004p:plain

正直なところ、ご自身を「目立ちたがり屋(人の視線を感じて心地良くなるタイプ)」だと思いますか?

 

人とおなじ洋服を避ける傾向にあるなら、クルマだって人と被らないほうが心地良いはずです。

月間の登録台数ランキング(普通車部門)において、フリードはトップ10入りの常連です。

 

個性的でありたいのに"みんなが乗っている没個性的なクルマ"を買えば、後悔するに違いありません。

 

f:id:MORIKO:20211215161630p:plain

フリード被りを避けるためには、

  • グレードCROSSTARを選ぶ
  • トヨタのシエンタを買う

といった"マイナーなほう"を選ぶ手があります。

もちろんフリードとはまったく異なる車種、たとえばマツダのSUVを選ぶのも良いでしょう。

 

みんなとおなじ自動車に乗っていても平気かどうか、考えてみてください。

 

3. フルモデルチェンジで旧型になる

f:id:MORIKO:20211215162206p:plain

現行型(2代目)のフリードは2016年9月に登場しています。

発売からそれなりに時間が経過しているため、フリードに関して、2023年にフルモデルチェンジが実施されるのでは、という話がネットや雑誌でチラホラ出ています。

 

当然ながら新型はデザインが刷新され、インテリアの質感は向上し、よりいっそう使い勝手が良くなることでしょう。

先進安全装備などもさらに充実するはずです。

 

したがって、今このタイミングでフリードを買い、2023年に新型が出て愛車が「型落ち」してしまったら、「もうちょっと待って新型フリードを買えば良かった……」と後悔するかもしれません。

なにもかもパワーアップして魅力が増した新型を見て、自分の持っているフリード(2代目)が相対的にショボく感じられてしまうからです。

 

f:id:MORIKO:20211215162933p:plain

街中で新型フリードを見るたびに嫉妬を覚えるかもしれません

「あっちのほうが断然カッコいいし高級感がある……」という具合です。

 

旧型に乗っていても気にならない性格なら、問題ないでしょう。

2023年に控えているとされるフルモデルチェンジになど構わず、現行型の2代目フリードを買うまでです。

 

それにたいしてもし、

  • 自分の型より新型があるなんて気分が悪い
  • 見下されている気がして不愉快になる
  • 古いモデルは貧乏臭くてイヤだ

といった考えや価値観を持っているなら、そしてクルマの購入が急ぎでないなら、新型フリードの発表を待ったほうが良いかもしれません。

 

ただし、待って待ってようやく登場した新型フリードが「好みのデザインではない」リスクはあります。

 

f:id:MORIKO:20211215163404p:plain

どうせ2代目フリードを買うなら新型を待つ必要などなかったわけですが、それは結果論で、発表されるまでデザインが確かめられないため仕方ありません。

  1. 新型を見るまで買うのを我慢する
  2. 新型を見ずに現行型を買う

どっちを選ぶかは"賭け"のようなものです。

 

 

まとめ

フリードを買って後悔するとしたら、

  1. 通常のミニバンより狭い車内
  2. 人気車ゆえの他人との被り
  3. フルモデルチェンジによる型落ち

このあたりが懸念事項だといえます。

 

他人との被り、型落ち、この2点についてはフリードというより私たち自身の精神的な問題です。

したがって、「自分の性格からしてどうなのか。満足できそうか」を考えてみてください。

 

f:id:MORIKO:20211215163723p:plain

洋服や靴、腕時計など、クルマ以外の持ち物へのこだわりがヒントになるかもしれません。

 

たとえば、大量生産されていて人と被るファストファッションは嫌い、個性的な洋服が好き、ということであれば、恐らくフリードは適していません。

というのもフリードは、みんなが乗っている大人気コンパクトミニバンだからです。

 

いっぽう車内空間については、自宅で悩んでいても仕方ありません。

食べたことのない料理の味を想像するようなもので、時間の無駄です。

 

f:id:MORIKO:20211215164039p:plain

ホンダのディーラーへ行って、展示車を細部まで細かく見ましょう

フリードだけでなく、少しサイズが大きいステップワゴンも確かめてみてください。

 

くわえて、ステップワゴンよりさらに広いトヨタヴォクシーあたりも確認し、納得した上でフリードを買うなら、「狭さ」に後悔することはないでしょう。

 

それから運転のしやすさや走行時のロードノイズ等は、実際にフリードを走らせてみなければわかりません。

ホンダのWebサイトへアクセスすれば「どの店舗にどの試乗車があるか」を調べられます。

 

f:id:MORIKO:20211215164439p:plain

ちなみに、フィット、N-BOX……すべての車種の試乗車が、それぞれのディーラーに勢揃いしているわけではありません。

 

フリードの試乗車がないホンダディーラーへ行っても意味がないので、あらかじめ展示車/試乗車の情報をネット上で見ておきましょう。

くわえて、サイト上からそのまま試乗予約も済ませられます

 

日時を指定して試乗の予約をしておけば、当日ディーラーにて「営業が対応中で……」といって10分も20分も待たされる心配はありません。

ちょうど、あらかじめ美容院にカットの予約を入れておくようなものです。

 

f:id:MORIKO:20211215165047p:plain

以上、ホンダフリードを買って後悔する可能性でした。

【結論】フリードはコンパクトミニバン。運転しやすいが、裏を返せば室内空間はそこそこ。念のためステップワゴンやヴォクシーも見ておきたい。他人との被り、新型登場については気持の問題。気にしない人は気にしないし、気にする人は気にする。そして後悔する。これは性格しだい。自分をもっとも知っているのは自分。だから適当な答えを出せるのも自分。ひとまず試乗予約してディーラーへ。

 

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

クルマを1万円でも高く売るなら一括査定がおすすめです。

 

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

ガリバーに査定依頼したい方はこちらです。

 

電話一本で無料査定・高価格買取【カーネクスト】

カーネクストに査定依頼したい方はこちらです。

 

ネット通販サイトAmazonでは、フリードに興味があるユーザーにムック本『新型フリードのすべて』が売れています。

紙媒体が売り切れている場合、Kindle版(電子書籍)もご購入いただけます。

 

www.shortshortshort.jp

フリードの維持費に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

通常のフリードとモデューロXの違いについて、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

フリードプラスの購入が後悔に変わる瞬間に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

シエンタの後部座席について、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

シエンタの購入を後悔するリスクに関して、当サイトにはこんな記事があります。