好きな人とのLINEの話題がなくなったときの対処法

f:id:MORIKO:20211216162720p:plain

好きな人とLINEで話すことがなくなり、会話が終わりそうで困っていませんか?

 

とはいえ、LINEのやりとりはさほど重要ではありません。

なぜなというと、30日間ずっと会話が続いたらカップルになれる、なんて決まりはどこにもないからです。

 

LINEというのは、ハサミや金槌やドライバーとおなじ「道具」に過ぎません。

好きな人との距離を縮めて交際するためのコミュニケーション手段、会話の道具、それがLINEです。

 

f:id:MORIKO:20211216163034p:plain

何のために好きな人とLINEをしていますか?

 

1年も2年もおしゃべりを続けることですか?

それとも、好きな人と付き合うことが目的でしょうか。

努力の方向を間違えないようご注意ください。

 

延命しながらダラダラと会話を続けることが重要なのではなく、会話によって相手に好かれること、そのためにデートへ誘うことが重要だといえます。

 

f:id:MORIKO:20211216163309p:plain

この記事では、

  • 話題がないのは目的がないから
  • デートの約束を取り付けるメリット

など、「好きな人とLINEの話題がなくなったときの対処法」をわかりやすく解説します。

恋を成就させるため、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

好きな人とLINEの話題がなくなったときの対処法

f:id:MORIKO:20211216162549p:plain

好きな人との交際をゴールとします。

ゴールを目指すためには、いくつかの手順を踏んでステップアップする必要があります。

 

具体的には、

  1. 顔見知りになる
  2. 話しかける
  3. LINEを交換する
  4. LINEで会話する
  5. デートする
  6. 告白する
  7. カップル成立

こんな流れです。

 

それぞれの段階をビルのフロアにたとえるなら、私たちはいま、4階の「LINEで会話フロア」をウロウロしている状況です。

 

f:id:MORIKO:20211216163818p:plain

そして、このまま好きな人とLINEで会話を続けるのは、上の階へ行かずにずっとおなじ階にとどまるようなものです。

がしかし、デートフロア、告白フロアを通過しなければ、カップルフロアには到達できません。

 

つまり、LINEでのんびり会話していても意味がない、ということです。

 

LINEで会話の次のステージへ

f:id:MORIKO:20211216164137p:plain

そもそも、会話が途切れそうになっている現状は、お相手にも原因があります

というのも向こうは向こうで、新しいネタを出したり、話を広げたりしていないからです。

 

もし好きな人がLINEでアレコレと話題を提供してくれていたなら、今ごろこんな壁にはぶつかっていません。

会話は大盛り上がり、毎日がハッピーです。

 

では、お相手はなぜ"消えかかっている会話"に燃料を追加投下しないのでしょうか?

 

f:id:MORIKO:20211216164746p:plain

もしかするとこちらに興味がないのかもしれませんし、なかなかデートに誘われないため「何の用なのかわからず戸惑っている」のかもしれません。

 

「自分への恋愛感情があるのかと思っていたけど、ひたすら会話するだけで進展しないし、ただの友達ってこと?」という具合です。

 

好きな人と彼氏/彼女の関係になりたいなら、現在地の「LINEで会話フロア」から1つ上の階へ移動する必要があります。

つまり、デートに誘うべきだ、ということです。

 

f:id:MORIKO:20211216165519p:plain

もしも完全に会話が途切れてしまったら、きっかけを失い、デートに誘いにくくなります。

会話が続いている今のうちに、好きな人を食事や映画に誘ってみてはいかがでしょう。

 

 

デートの約束がもたらす安定感と話題

たとえば、好きな人と2週間後に映画デートをすることになったとします。

もうLINEのネタ切れを嘆く必要はありません。

 

なぜなら、デートの約束がある限り、2人の関係が自然消滅することはないからです。

まるで、LINEという細い糸のつながりにくわえて、近日中のデートという"綱引きに使うような太いロープ"がもう1本くわわるようなものです。

 

f:id:MORIKO:20211216170045p:plain

2人の関係はより安定し、強固になります。

「次は何を話そう?」と悩む代わりに、「デートには何着て行こう?」と悩むようになります。

ネタ切れにくらべたら幸せな悩みです。

 

そもそもデートの約束をしていたら、当日まで会話は自然と続くでしょう。

たとえば、

  • どんな映画が好き?
  • これまでに観た作品でBEST3は何?
  • ランチはどうしようか?
  • ディナーはどうしようか?
  • ここのカフェに行ってみない?

といった具合に、デートに関わる話のネタがいくらでも湧いてくるはずです。

 

f:id:MORIKO:20211216170420p:plain

好きな人が気に入っている映画をレンタルDVDや配信サービスなどを使って鑑賞し、本人に感想を伝えれば、さらに仲を深められるのではないでしょうか。

もちろん、ラストがイマイチだった、ヒロインの演技が下手だった、などと批評してはいけません。

 

「すごく面白かった」と共感すれば、好きな人はこちらにたいして親近感を抱いてくれるでしょう。

おなじものが好き、という共通点が一つ出来上がります。

趣味や価値観が合うということでポイントがプラスされるでしょう。

 

f:id:MORIKO:20211216170858p:plain

それから、「おすすめの作品をすぐに観た」という行動も好印象を与えます

 

どうしてかというと、オススメ映画をほんとうに観て、感想まで伝えれてくれるマメな人は滅多にいないからです。

好きな人から一目置かれる存在になれるかもしれません。

 

好きな人とLINEで会話をするだけで満足でしょうか?

ネタ切れしている現状を打破するため、好きな人を2人きりのデートに誘ってみませんか?

 

いま立っている「LINEで会話フロア」の上には、デートフロア、告白フロア、カップルフロアがあります。

 

f:id:MORIKO:20211216171517p:plain

勇気を出して階段を登らない限り、この恋にハッピーエンドはありません。

LINEのやりとりが途絶えて自然消滅するか、誰かに好きな人をサッと取られておしまいです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20211216171950p:plain

映画の終わり方にはハッピーエンドとバッドエンドの2種類があります。

好きな人とのLINEもおなじです。

 

LINEのやりとりが迎える結末は、

  1. 交際する(ハッピーエンド)
  2. 途切れて終わる(バッドエンド)

このいずれかしかありません。

つまり、デートに誘うことなく会話を続けていても明るい未来はない、ということです。

 

そもそも私たちがほんとうに欲しいのは、会話のネタなどではなく、好きな人の恋愛感情ではないでしょうか。

だとすれば、デートにつながるような話題を提供すべきです。

 

f:id:MORIKO:20211216172440p:plain

もし食事デートを考えているなら、ひとまず好きな食べ物や、週末の食事などに話を振るのが良いでしょう。

映画館デートがしたいなら映画、カラオケに行きたいなら好きな曲、といった具合です。

 

会話が終わりそうな危機的状況であれば、なおさら「他愛もない話」をしている場合ではありません

勇気を出してデートに誘ってみてください。

 

f:id:MORIKO:20211216173046p:plain

以上、好きな人とLINEの話題がなくなったときの対処法でした。

【結論】デートや告白に進まなければ、話題はいつか尽きる。延々とLINEの会話を続けていても交際には到達できない。デートをすっ飛ばしていきなり告白する手もあるが、無謀。自宅の食料がなくなったらスーパーへ。LINEの話題がなくなったらデートへ。

 

www.shortshortshort.jp

映画デートへの誘い方に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

交際前のデートで避けたいNGスポットについて、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

スタンプだけの返信に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

どれだけ話題に困ったとしても、付き合う前には触れないほうが良いテーマがあります。

交際前には控えたい会話の内容について、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

素手で鷲掴みにしてハンバーグを食べたら嫌われます。

そんなことは誰だってわかります。

ではもっと些細なマナー違反はどうでしょう。

食事デートをするなら押さえておきたい最低限のマナーに関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

ネット通販サイトAmazonでは、こちらの書籍が高い評価を得ています。

いまもっとも必要なのはお金でも時間でもなく「勇気」なのかもしれません。

勇気、買いませんか?