【タブー】付き合う前のデートで避けたい話題3選

f:id:MORIKO:20210611165755p:plain

付き合う前のデートでは、「話題にしてはいけないネタ」があります。

 

ちょうど世の中に、20歳になるまで飲んではいけない液体(お酒)があるようなものです。

早まって手を出したらマズい、ということです。

 

交際前のデートでは、

  1. 過去の恋愛
  2. 政治
  3. 宗教

これらの話題に触れないようにしましょう。

 

f:id:MORIKO:20210611170406p:plain

もしこうしたテーマについてデート相手に質問したら、冷められるか、嫌われてしまいかねません。

つまりデート失敗です。

 

この記事では、

  • 恋愛遍歴にはノータッチ
  • 政治や宗教は思想のズレが生じやすい

など、「付き合う前のデートで避けたい3つの話題」をわかりやすく解説します。

気まずい空気を避けるため、ぜひ参考にしてみてください。 

 

 

付き合う前のデートで避けたい話題3つ

f:id:MORIKO:20210611165545p:plain

もし月曜が燃えるゴミの回収日だとしたら、その前日、日曜の夕方にゴミ袋を持って行ってはいけません。

というのも、まだ早いからです。

 

f:id:MORIKO:20210611170713p:plain

おなじことは、交際前のデートで話す事柄にもいえます。

 

ふたりが恋人同士になっていない段階で話すには「早すぎる」話題が、3つあります。 

 

  1. 過去の恋愛
  2. 政治
  3. 宗教

これらのテーマはすべて、美術館に展示してあるアート作品とおなじで"Don't touch"です。 

触れないようご注意ください。

 

タブー1. 過去の恋愛

f:id:MORIKO:20210611171710p:plain

好きな男性/女性の恋愛遍歴は気になります。

 

たとえば、

  • 過去に交際した人数
  • どっちから告白したか
  • 何が原因で別れたのか
  • どんなデートをしていたか
  • 付き合っていて幸せだったか
  • キス、ハグ……どこまでしたか

など、興味は尽きません。

 

興味はつきませんが、過去の恋愛をほじくるのはやめておましょう。

他人の墓をスコップで掘りかえすようなもので、不謹慎です。

 

f:id:MORIKO:20210611171928p:plain

「すでに終わった恋」は破局というバッドエンドを迎えているため、しゃべっていて気分の良い話ではありません。

 

過去の恋愛について尋ねるのは、まるで「亡くなったペットについて詳しく聞かせて」とせがんでいるかのようで、デリカシーに欠けています。

 

f:id:MORIKO:20210611172243p:plain

終わった恋は相手にとっての「黒歴史」だと考え、話題に挙げないほうが良いでしょう。

 

自分の恋愛遍歴も話さない

f:id:MORIKO:20210611172730p:plain

デート相手の過去を探ろうとして、まず自分の恋愛遍歴を話すのもアウトです。 

 

こっちが話したから、次はあなたの番

こんな作戦はおすすめしません。

 

昔の交際について語ってしまうと、

  • まだ未練が残っている?
  • 元彼/元カノを恨んでいる?

相手にこうした悪い心象を与える恐れがあるからです。

少なくとも、過去の恋を語ったことで「ステキ!」と惚れてもらえる可能性はない、ゼロだといえます。

 

f:id:MORIKO:20210611173141p:plain

元彼や元カノとのエピソードというのは、舌の裏側とおなじで、わざわざデート相手に見せる(聞かせる)ものではありません。

 

もし相手の元彼/ 元カノについて気になっても、ペッティングしたのかどうか知りたくても、付き合えるまで聞くのは我慢しましょう。

親密な関係になってから、タイミングを見計らって尋ねてみてください。

 

 

タブー2. 政治

交際前のデートでは、政治に関する話題も避けておくべきです。 

 

たとえば、

  • 選挙に行っているか
  • 誰に投票したのか
  • いまの与党をどう思うか
  • あの政策はおかしくないか
  • 増税は間違っていると思わないか
  • 富裕層にもっと課税するべきではないか

といったテーマは、どれもデート向きではありません。

 

f:id:MORIKO:20210611174042p:plain

なぜかというと、政治にたいして、人にはそれぞれの考えや思想があるからです。

 

自分の意見と、相手の考えが一致しているとは限らない、ということです。

 

もし「増税、増税ばっかりでイヤになるよね」と軽い気持ちで口にしたら、「だけど財源の確保がどーのこーの」と熱く反論されるかもしれません。

あるいは、考えの甘さを指摘されるかもしれません。

 

つまり、面倒くさいことになりかねません。

 

f:id:MORIKO:20210611174450p:plain

政治には無関心な人がほとんどですが、なかには自らの思想、自らのビジョンを持っている人もいます。

 

したがって、「あの映画は観たほうが良いよ」とおすすめするのは良くても、「あの政治家のマニュフェストは読んだほうが良いよ」とおすすめするのはNGです。 

 

私たちはなにも、デート相手と議論がしたいわけではありません

仲良くなって、好かれて、付き合いたいだけなので、デリケートな話題は避けておくに限ります。

 

タブー3. 宗教

f:id:MORIKO:20210611174711p:plain

政治よりもさらに禁忌なのが、宗教です。

日本人がみんな無宗教だと思っていると、痛い目に遭いかねません。

 

たとえば、何気なく「宗教ってなんか気持ち悪いよね」といったとします。

もしデート相手の家族全員が創価学会のメンバーだったなら、この瞬間この発言をもって、恋が終わります

 

ほかにも、「この前しつこく勧誘されて困ったよ。病気が治ったとかいろいろ、胡散臭すぎ」などと口にするのもリスキーです。

お相手が、宗教と無縁だとは限りません。 

 

f:id:MORIKO:20210611175155p:plain

ですので宗教の話題は避け、YouTubeでかわいい柴犬の動画を見つけたとか、キクラゲをずっとクラゲだと思っていたとか、もっと他の無難なエピソードを話しましょう。

 

もちろん、自分がなんらかの宗教を信奉しているとしても、デート相手の男性/女性を誘ってはいけません。 

というのも、「宗教への勧誘が目的だったのか」と勘違いされ、好きな人に避けられるリスクがあるからです。

 

政治とおなじく、宗教もまたデリケートな話題です。

果物でたとえるなら、桃くらいデリケートで、取り扱いには気を遣います。 

 

f:id:MORIKO:20210611175448p:plain

いずれも思想のズレが生じやすいテーマなので、あえて付き合う前のデートで語り合うことはありません。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210611175947p:plain

付き合う前のデートで避けるべきは、

  1. 過去の恋愛
  2. 政治
  3. 宗教

これら3つの話題です。

 

「何を話すか」とおなじかそれ以上に、「何を話さないか」が大事だといえるでしょう。

 

タブーを犯したら一発アウトだからです。 

せっかく実りそうだった恋が、たったひとつの失言によって台無しになりかねません。 

 

f:id:MORIKO:20210611181311p:plain

交際前のデートでは、

  • 好きな映画
  • 好きなブランド
  • 欲しい車
  • 過去の失敗エピソード

といった安心安全なテーマでおしゃべりするのが無難です。

 

以上、付き合う前のデートで避けたい3つの話題でした。

【結論】恋愛遍歴、政治的関心、宗教。恋人になっていない段階では話さないほうが良い。火が通る前に鶏肉を食べるようなもので、危ない。

 

Amazonではこんな本が売れています。 

デート中ずっと「寡黙でクールでミステリアスなヤツ」を演じるつもりなら、読む必要はありません。

上の書籍は「トークが魅力的な人」を目指すためのものです。 

 

www.shortshortshort.jp

交際前のデートについて、当サイトにはこんな記事もあります。 

タブーな話題を避けたとしても、タブーなスポットを選んでしまったらアウトです。 

カップル成立を阻む落とし穴を避けましょう。