嫉妬や束縛がひどい彼氏とは別れるのが1番。変えるのは無理

f:id:MORIKO:20210201204904p:plain

嫉妬深い彼氏からの束縛に悩んでいませんか?

 

世の中には、

「束縛してくれて嬉しい。束縛は、彼に愛されてる証」

だといって喜ぶ女性もいますが、これはハッピーな勘違いです

 

事実、束縛は愛情でもなんでもありません。

ただ、彼女の言動を制限し、自由を奪っているだけです。

 

f:id:MORIKO:20210201205337p:plain

これが愛だとするなら、刑務所で"束縛"されている囚人たちは、目をハートにした看守から溺愛されていることになります。

つまり、 束縛を愛だととらえるのはおかしい、ということです。

 

そこでこの記事では、

  • 彼の束縛がひどい原因
  • 別れる以外の解決策がないワケ

など、「嫉妬や束縛がひどい彼氏と別れるべき理由」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

嫉妬や束縛がひどい彼氏とは別れるに限る

f:id:MORIKO:20210201204421p:plain

まず、束縛がどれだけ「有害」なのかをお伝えします。

 

私たちが住むここ日本では、

  • 法律
  • 条例

などによって、「やってはいけないこと」が定められています。

たとえば、窃盗や暴力、殺人、痴漢、詐欺などは犯罪行為で、やったら警察に捕まります。

 

こうした規制のなかで生きているのは全員おなじです。

ただし彼氏に束縛されている女性に関しては、法律と条例にプラスして「彼氏の束縛」が加わり、いっそう自由を制限されています

 

f:id:MORIKO:20210201205745p:plain

たとえば異性と連絡を取りあうのは合法ですが、束縛が厳しい彼のもとでは「禁止行為」だったりします。

 

これでは恋人ではなく、まるでペットのようではないでしょうか。 

私たちは人間であって、誰のペットでもありません。

 

f:id:MORIKO:20210201210016p:plain

彼氏から束縛を受けるのは、ケージに入れられたり、首輪をつけられたりして自由を奪われているようなものです。

ゆえに、不快に思うのは当然です。

 

ところでなぜ、彼は嫉妬深く、彼女のことを束縛したがるのでしょう?

 

なぜ彼氏は嫉妬深くて束縛したがる?

f:id:MORIKO:20210201210306p:plain

彼氏が束縛する理由はシンプルです。

不安だから、です。

 

不安を別の表現に置き換えるなら、「彼女がほかの男性に惚れてしまうことを(極度なまでに)恐れている」といえます。

彼が失恋を恐れている理由もシンプルで、自分に自信がないからです。

 

「いや、私の彼氏はむしろ自信家だ」

そう思ったかもしれません。

がしかし、彼の正体は、ただの心配性の臆病者です。

 

たとえるなら、ハゲている人がカツラを被って誤魔化すのとおなじで、自信のない者が、自信のあるフリをして(虚勢を張って)弱点を隠しているに過ぎません。

 

つまり彼は、自分に自信がなくて、心配性で、いつでも不安を抱えている、ということです。

彼女に冷められたり、浮気されたり、別れを告げられたりすることを彼氏は怖がっています。

ビビっています。

 

だからこそ、散歩中にどこかへ逃げないよう犬にリードをつけるのとおなじで、 彼は「束縛」という方法を使い、彼女がどこへも行かないように支配しているのです。

 

f:id:MORIKO:20210201210522p:plain

彼がいまひとつ自分に自信が持てない(自己肯定感が低い)理由は、わかりません。

彼が育った家庭環境に原因があるのかもしれませんし、

  • 彼女に浮気されて振られた
  • 彼女に二股をかけられていた

といったトラウマがあって、恋愛に(女性に)不信感を抱いているのかもしれません。

 

では、 自分に自信がなくて、心配性で、いつでも不安を抱えている彼氏を変えることは、そして束縛を終わらせることは、可能なのでしょうか。

答えは、ノーです。

 

残念ながら、嫉妬深くて束縛しがちな彼氏の性格は、変えられません。

たとえるなら私たちが、日本列島の位置を「もうちょっと右」にズラしたりできないのとおなじです。

 

f:id:MORIKO:20210201210739p:plain

日本列島の位置も、彼氏も、変えられません。

 

 

彼氏とは別れるのがベストな理由

彼氏の束縛にたいして、

  • 怖い
  • 酷い
  • 嫌だ
  • 重い
  • 異常
  • うざい
  • きつい
  • だるい
  • 鬱陶しい
  • しんどい
  • 気持ち悪い
  • やめてほしい

といったネガティブな感情を抱いているなら、別れるに限ります。

 

f:id:MORIKO:20210201211102p:plain

なぜなら、彼が自分に自信を持てず、いつも不安に苛まれているのは、彼氏本人がどうにかすべき問題だからです。

私たちにはどうすることもできません。

 

もちろん、付き合っている彼女をガチガチに束縛したところで、「俺ってイケてるかも」などと本人に自信がつくわけでもありません。

 

ちょうど、テストでカンニングをして80点をとったところで、自信など持てないのとおなじです。

根本的には、何も変わっていません。 

 

では、彼氏のことを褒めたらどうでしょうか。

  • カッコいいね
  • イケメンだね
  • 優しいね
  • 頭が良いね
  • 頼もしいね

こうした褒め言葉は、実際のところ、彼をますます不安にさせるだけです。

 

なぜなら不安でいっぱいの彼氏は、

  • イケメン:よりイケメンがいたら振られる
  • 優しい:もっと優しい男がいたら振られる

など、ひねくれた解釈をするからです。

ゆえに褒められた彼氏は心の底から喜べず、ただ不安を募らせます。

 

f:id:MORIKO:20210201211313p:plain

こちらの期待に反して、褒めても褒めても、自信を与えることはできません。 

むしろ彼の良いところを因数分解し、彼を「要素」として表現すればするほど(頭脳、容姿、身長、性格など)、彼を不安にさせるだけでしょう。

 

ですので、嫉妬深くて束縛がひどい彼氏とは、別れるしかありません。

交際を終わらせるのが1番です。

 

f:id:MORIKO:20210201211641p:plain

彼氏の嫉妬深さは変わりませんので、「束縛を愛情だといって喜ぶ女性」に彼が出会えることを祈りつつ、別れを告げましょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210201212108p:plain

束縛がひどい彼氏についてお伝えしてきました。

 

どんなに飼い主のことが嫌いでも、飼い犬は、「よし、明日この家を出よう」とはいきません。

なぜなら、自由を奪われているからです。

 

いっぽうでペットではない私たちには、「別れる」という選択肢があります。

 

そもそも自己肯定感が低く、自信がなく、自分を愛せない人間(彼氏のこと)は、ほんとうの意味で人を愛せません

好きな人を束縛して、自由を奪い、かりそめの幸福感を得るのがやっとです。

 

彼氏の束縛や嫉妬はすべて、「不安」が具現化したものに過ぎません。

愛情ではない、ということです。

むしろ、自由を奪うただの嫌がらせです

 

f:id:MORIKO:20210201212516p:plain

嫌がらせをされてまで、彼氏と交際をつづける必要はないといえます。

 

以上、嫉妬や束縛がひどい彼氏と別れるべき理由でした。

結論。彼氏という名の檻に入れられ、言動を制限され、ナゾの懲役刑を喰らっているも同然。悪いことをしたわけじゃないのに、そんな不当な扱いを受けるのはおかしい。彼との交際が2年なら、もう懲役2年。そろそろ出所しよう。

 

www.shortshortshort.jp

恋人との別れ話について、当サイトにはこんな記事があります。