【プラス32万円】日産ノート「オーテック」の違いとは?

f:id:MORIKO:20210202183125p:plain

日産自動車が2020年に発売した新型ノート(3代目)には、

  • S
  • F
  • X

これら3つ(価格が安い順)に加え、AUTECHという最上級グレードが存在しています。

 

では、この日産ノートAUTECHは、標準のモデルと何がどう違うのでしょう。 

オーテックには、高い値段に見合うだけの価値があるのでしょうか。

 

この記事では、

  • そもそもオーテックとは何か
  • ノートAUTECHはお買い得なのか

など、「日産ノートオーテックの違い」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

日産ノートAUTECHの違い

f:id:MORIKO:20210202182745p:plain

株式会社オーテックジャパンは、日産自動車の関連会社です。 

 

ノートに限らず、キックスやセレナ、ルークスなど、AUTECHは日産の市販車をカスタムして販売しています。

 

f:id:MORIKO:20210202183345p:plain

オーテックジャパンの本社が神奈川県の茅ヶ崎市にあることから、AUTECHは、湘南の海を意識したブルー(ほぼネイビー)のボディ色を、自社のアイコンカラーとしています。

 

通常のノートとAUTECH仕様はなにが違う?

f:id:MORIKO:20210202183711p:plain

日産ノートオーテックは、Xグレードをベースとし、カスタムした車両です。

 

ちなみにXグレードというのは、

  • S
  • F
  • X

と3つあるうち、最上級のモデルです。

 

幕内弁当でたとえるなら、

と3種類あるうち、もっとも豪華な「松」をカスタマイズしているようなイメージです。

ですので、日産ノートオーテックのベース車両は悪くありません。

※日産マーチNISMOのベース車両は、もっとも廉価なSグレード。だから内装がチープ。

 

f:id:MORIKO:20210202184259p:plain

では、車両価格はどうでしょうか。

  • X:2,186,800円
  • AUTECH:2,504,700円

いずれも2WD仕様で、価格は税込みです。

両者の差額は、317,900円です。

 

ちなみに、AUTECHの目印となるブルー(オーロラフレアブルーパール)は特別塗装色であり、38,500円高となっています。

ルーフをブラックに塗り分ける2トーンの場合は71,500円高ですので、Xとの価格差は40万円弱となります。

 

 

走行性能や速さの違いはない

通常のノートとノートAUTECHに、走行性能の差はありません

 

つまり、AUTECHだからといって、

  • 加速が速い
  • 静粛性が高い
  • コーナリングが得意

といった差異はない、ということです。

 

f:id:MORIKO:20210202184558p:plain

では、AUTECHはなにが違うのかといえば、おもに「見た目」です。

 

たとえば、

  • エクステリア
  • インテリア
  • ステアリング
  • ホイール

などがカスタマイズされており、通常のノートとは異なっています。

それからノートAUTECHのリアには、「AUTECH」という、(ほぼ誰もその名を知らない)エンブレムがつきます。

 

f:id:MORIKO:20210202200938p:plain

メルセデスの「AMG」ですら、知っている人は多くありません。

AMGも"ふつうのベンツ"だと思っている人が大多数です。

 

であれば、AUTECHの知名度に関しては、いうまでもないでしょう。

 

f:id:MORIKO:20210202200515p:plain

日産ノートAUTECHは、通常のノートにベタベタとメッキを貼り付けただけで、ほとんど大差ありません。

  • 人とおなじは嫌だ
  • 特別感を味わいたい
  • 最上級のモデルが良い

こうしたユーザーに向けたクルマ、それが日産ノートAUTECHです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210202201520p:plain

日産ノートAUTECHを買うのは、センスがないといえます。 

なぜなら、どれほどドレスアップしても、ベース車両となっている新型ノート(2020年〜)のダサさは拭えないからです。

 

ボディ形状を見ればわかるように、日産ノートは「居住空間」を優先したコンパクトカーです。

ゆえにボテッとした形をしており、デザインのカッコ良さや美しさはありません。

 

いっぽうで、

  • MAZDA2
  • プジョー208

などのコンパクトカーは、いずれもスタイルを重視しており、実用性(後部座席の広さ)は割り切っています。

 

もし自動車の「見た目」にこだわるのであれば、ノートではなく、これらのコンパクトカーを買うべきです。

 

いっぽうで日産ノートを買うのであれば、「見た目」はバッサリ捨てることです。

ちょうど、1ルームの賃貸にお金をかけても豪邸にはならないようなものです。

 

上で、ノートXとノートAUTECHの価格差が32万円だとお伝えしました。

AUTECHでブルーの2トーンを選べば、価格差は40万円弱になります。 

 

f:id:MORIKO:20210202202144p:plain

ちなみに40万円があれば、

  • カッシーナのソファ
  • シモンズのマットレス
  • GUCCIのジャケット
  • パナソニックのドラム式洗濯機

などの「高級品」が買えます。

 

あるいは車ではなく、自分の見た目を変えることもできます

たとえば、

  • 二重まぶた形成手術
  • ボトックス注射で小顔

などです。

 

40万円、ないし32万円が可能にしてくれるさまざまな選択肢とくらべれば、もはや「日産ノートオーテック仕様」に惹かれることはないでしょう。

 

以上、日産ノートオーテックの違いについてでした。

結論。メッキが増える。湘南の海をイメージしたブルーをボディ色に選べる。最上級モデルの優越感を味わえる。そもそもがダサいノートをいじるのは、砂糖と塩をまちがえたお菓子に手を加えるようなもので、ほぼ悪あがき。だったら、30万円出してシモンズのマットレスを買ったほうが有意義。