【憂鬱】月曜日に会社や学校へ「行きたくない」と感じる理由

週末明けの月曜日、出勤や登校を前にして「行きたくないなぁ」と気が滅入っていませんか?

事実、世のなかの会社員や学生の多くが、月曜日を憂鬱に感じています

 

その証拠に、Googleの検索窓に「月曜日」と入力してみてください。

以下のネガティブな単語が検索候補に表示されるはずです。

  • 月曜日 憂鬱
  • 月曜日 絶望
  • 月曜日 頭痛
  • 月曜日 腹痛 
  • 月曜日 吐き気
  • 月曜日 だるい
  • 月曜日 つらい
  • 月曜日 具合悪い
  • 月曜日 落ち込む
  • 月曜日 ストレス
  • 月曜日 調子悪い
  • 月曜日 やる気でない
  • 月曜日 行きたくない

検索候補にご覧の(眺めるだけで気分が萎える)ワードが表示される理由はシンプルです。

多くのユーザーが「月曜日」とセットで検索しているからです。

 

仕事や学校のことを考え、「日曜日の夕方から深夜にかけて憂鬱になる状態」のことを俗に"サザエさん症候群"と呼んだりもします(アニメ・サザエさんが毎週日曜18時30分から放送されるため)。

このやりきれない感情には名前がついているのです。

 

あなただけでなく、みんな月曜日が大嫌いだ、と考えて良いでしょう。

正確にいえば、私たちが嫌いなのでは月曜日ではなく、月曜日から始まる仕事や学校です。

 

とはいえ、毎週決まって気分が沈むのは嬉しくありません。

そこで、月曜日に会社や学校へ「行きたくない」と感じる理由、および気分を前向きにするための工夫をチェックしていきましょう。

 

この記事では、

  • 動き出す瞬間がもっとも負荷が大きい
  • 月曜日に楽しみを見つける
  • 体調不良に悩んでいるなら

など、「月曜日に会社や学校へ行きたくない理由と対処法」をわかりやすく解説します。

憂鬱な気分を乗り越えるため、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

月曜日に会社や学校へ「行きたくない」と感じる理由

月曜日を憂鬱に感じるのは、そもそも会社や学校を好きではないからでしょう。

 

ゆえに一番の解決策は「仕事や学校生活を好きになること」ですが、「あぁそうですか」といって好きになれたら苦労しません。

なぜなら、嫌いな食べ物を克服するのが難しいように、仕事や学校にたいするネガティブな感情はそう簡単にひっくり返せないからです。

 

ところで、月曜日がイヤ過ぎて、ストレスのあまり身体に不調が出ていませんか?

たとえば不眠や頭痛、めまい、吐き気など、看過できないほど深刻な体調不良に悩まされているなら、ガマンせず心療内科を受診したほうがいい良いかもしれません。

 

ちなみに心療内科は、心の不調からくる身体症状を診るのが専門です。

気分の落ち込みなど精神的な不調を相談したい方は、(心療内科ではなく)精神科を受診するのがおすすめです。

 

「いや、人並みに月曜日が嫌いなだけで、べつに病的ではない……」

という方は、以下で原因や対処法をチェックしてみてください。

 

動き出す瞬間の負荷がもっとも大きい

月曜日を憂鬱に感じるのは、週末を挟んで、仕事や学校が「ふたたび始まる日」だからです。

 

たとえば、宿題が面倒で後回しにしていたものの、いざ手をつけてみたらすんなり終わった、なんて経験はありませんか?

部屋の片づけをサボっていたけれど、少し作業をはじめたらトントン拍子にスッキリ片づいた、なんて記憶はありませんか?

 

それもこれも、「動き出す瞬間」にもっとも多くのエネルギーを使うものだからです。

 

自転車を漕ぐときも同様で、もっとも力が必要なのは「漕ぎ出す瞬間」です。

一度動き出した自転車は、ペダルに軽い力をくわえるだけで前へ進んでいきます(動摩擦力は静止摩擦力よりも小さいため)。

 

おなじことが、仕事や学校にもいえます。

土日休みというのは、自転車から降りて信号待ちをしている状態だとお考えください。

信号が青に変わり、自転車を漕ぎ始める……この瞬間に当たるのが月曜日です。

 

いざ会社やパート、学校へ行けば、つづく火曜、水曜、木曜、金曜はそのままの勢いで駆け抜けられます。

なぜなら、動き出した自転車のように抵抗が小さくなるからです。

 

動き出しに大きなエネルギーが要るからこそ、月曜日は億劫で憂鬱で、やる気が出ません。

ちょうど、洗い物が溜まったシンクを見て、手つかずの宿題を見て、あるいは庭の伸びた雑草を見て、「面倒くせえな……」と感じるようなものです。

 

 

自分を説得して納得させる

とすると、解決策はひとつです。

「自転車を漕ぎ出す瞬間とおなじ。月曜日の抵抗が一番大きい。みんなに当てはまる心理状態だから仕方ない」

などと自身を納得させるしかありません。

 

上のように割り切って考えれば、あるいは「嫌だけど、行けば不思議とどうにかなる。この感情は大袈裟なだけ」と楽観すれば、少し気が楽になるのではないでしょうか。

 

ちょうど、「アイツは誰にでも愛想の悪いヤツだ」と知っていれば、感じの悪い振る舞いをされても「そういう人間だから仕方ないよね」と"達観"できるようなものです。

 

無理して月曜日を好きになったり、モチベーションを高めたりする必要はありません。

「こんなに月曜日を嫌がる俺/私は異常なのでは?」と悲観することもありません。

 

月曜日って、そういうものらしい」と陰鬱な気持ちを認めるだけでOKです。

 

月曜日の帰宅途中に「やっぱり大したことなかった。想像してたほど苦痛じゃない」と確認し、"成功体験"を脳にインプットすれば、月曜日の憂鬱さが薄らいでゆくことでしょう。

月曜日前のネガティブな心理状態に過度に反応しなくなる、ともいえます。

 

だから脳内のネガティブな声は無視して、「無」の状態で日曜日を過ごし、「無」の状態で通勤/通学するに限ります(取りかかればこっちのものなので)。

 

「無」が無敵のモードであることは、鈴木祐著『無(最高の状態)』でも解説されています。

 

月曜日に楽しみを見つける

月曜日という名の"バケツ"には、行きたくない、だるい、やる気が出ないなど、ネガティブな感情しか入っていません。

だったら、このバケツにポジティブな感情を混ぜて、憂鬱な気分を中和するまでです。

 

世の中には、ワクワクしながら月曜日の朝を迎える人がいます。

というのも、彼/彼女らには、月曜日ならではの楽しみがあるからです。

 

楽しみとはたとえば、

  • 月曜発売のマンガ雑誌を買う
  • 月曜21時放送のドラマを観る
  • 月曜夜のバラエティ番組を見る
  • 日曜深夜に録画した番組を月曜に見る

こんな具合です。

上のような"ご褒美"があれば、月曜日から始まる仕事や学校が憂鬱だとしても、ポジティブな気分で対抗できることでしょう。

 

心のなかを"悪魔の声"に占拠させるべきではありません。

日曜の夕方あたりから「面倒だよな」「かったるいよな」「行きたくないよな」などと囁きはじめ、あなたの気分を盛り下げるだけだからです。

 

些細なことでも良いのでご褒美を見つけ、心に"天使の声"も呼び寄せてみてください。

 

あなたが社会人であり、財テク(資産運用)に興味があるなら、月曜に株式売買やFXのトレードを行うのも良いでしょう。

土日は市場が休場のため、取引ができません。

 

だからこそ、取引できない土日は退屈で、マーケットが開場する(お金を増やすチャンスが到来する)月曜日が待ち遠しくなる……そんな逆転現象が起きる可能性があります。

土日休みを情報収集や勉強にあてて過ごせば、得た知識やテクニックを実践で試してみたくなり、休み明けがいっそう楽しみになるでしょう。

 

株取引、FX(外国為替証拠金取引)のトレードは、いずれも平日しかできません。

お金が好きな方、投資でお金を増やしたい方は、月曜日を心待ちにできるポテンシャルを秘めているといえるでしょう。

 

それにたいしてあなたが学生であれば、恋をするのが一番です。

クラスや学校に好きな人がいるだけで、

  • 土日:会えないからつまらない
  • 平日:会えるから嬉しい

ご覧のように考え方が180度ひっくり返るはずです。

 

月曜日の憂鬱さを吹き飛ばすため、無理やりでも良いので、校内もしくは電車で遭遇する乗客のなかに「好きな人」を作ってみてください

事実、おなじ職場や学校に好きな人がいるだけで、人は月曜日を好きになれるものです。

 

 

まとめ

月曜日を前にして憂鬱になるのは、仕事や学校生活を好きではないからです。

あなたが学生なら好きな人を作る、社会人なら仕事以外の楽しみを見つける、もしくは「やりがいのある仕事」を求めて転職しても良いでしょう。

 

世の中には「毎週こんな暗い気分を味わう人生は嫌だ」といって会社を辞め、自身の好きなことで独立した人もいます。

書籍『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』にも記されているとおり、ネガティブな感情は、自分自身や人生を大きく変えるのに役立ちます。

 

ちなみに私の友人男性は「仕事は嫌いだけど、月曜日はわりと頑張れるよ。週刊少年ジャンプの発売日だから」と話していました。

好きな人がいなくても、投資に興味がなくても、脱サラを考えていなくても、お気に入りのマンガ雑誌が読めるだけで月曜日のつらさを乗り越えられるかもしれません。

 

土日で休み、立ち止まった私たちは、月曜日からの再始動に大きなエネルギーを要します。

ちょうど、自転車を漕ぎ出す瞬間の大変さとおなじです。

 

がしかし、動き出せば案外ラクに仕事や学校生活をこなせるのは、われわれが体験的に知っているとおり、そして物理学が「動摩擦力<静止摩擦力」と示すとおりです。

ちなみに静止摩擦力は、物体が動き出す直前に最大になります。

 

これを私たちの生活で置き換えるなら、日曜の夜ないし月曜の朝に心理的抵抗が最大になる、といったところでしょう。

 

このような原則を知っていれば、たとえ憂鬱な気分に襲われたとしても、必要以上に気に留めることはなくなるはずです。

  1. 億劫に感じるのは仕方ないと割り切る
  2. 月曜日に楽しみを見出す
  3. (どうしても嫌なら転職/独立を考える)
  4. (心身が不調なら医療機関を受診する)

月曜日の「行きたくない」気持ちにたいして、私たちは上のアプローチができます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

以上、月曜日に会社や学校へ行きたくないと感じる理由と対処法でした。

【結論】仕事や学校が再開する月曜日に"最大摩擦力"が発生するから。心理的抵抗を感じて気が滅入ったり、(ストレスで自律神経が乱れて)具合が悪くなったりする。誰もがそうだと割り切り、受け入れ、ネガティブな感情に固執しないこと。月曜日に楽しみを見出すこと。吐きそうなくらい仕事がツラいなら転職や独立、休職を考えること。身体に不調が出ているなら、精神的にもう限界なら、医療機関を受診すること(前者は心療内科、後者は精神科)。

 

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

悩みの相談相手を見つけたい方はこちらです。

 

www.shortshortshort.jp

メンタルヘルスの改善に役立つ本に関して、当サイトにはこんな記事があります。

 

ネット通販サイトAmazonでは、ネガティブ感情に悩むユーザーに『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』が売れています。

ポジティブ感情もネガティブ感情もすべて活用する「ホールネス(全体性)」を説いています。

 

成功の実現

成功の実現

Amazon

強くて明るい前向きな心を手に入れたい方には、哲学者・中村天風による『成功の実現』がおすすめです。

税込10,000円を超える本書はけっして安くありませんが、評価は高く、かの日本電産グループ創業者・永守重信氏も熱心な読者として知られています(曰く「何百回も読んだ」とのこと)。

 

あなたを変えるバイブルになるかもしれません。

 

漫画が好きな方(とりわけ男性)は、『月曜日のたわわ』を読んでみてはいかがでしょう。

月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします」……それが本作のコンセプトです。

 

www.shortshortshort.jp

木曜日だけ人が少ない理由について、当サイトにはこんな記事があります。