中古車の多くが試乗できない理由3選。試乗せずに買っても大丈夫?

「中古車にはかならず試乗すべき」

こんなアドバイスを見聞きしたことがあるかもしれませんが、実際のところ、「中古車にはたいてい試乗できない」と考えて良いでしょう。

 

おもな理由は以下の3点です。

  1. 車検が切れているから
  2. 任意保険に加入していないから
  3. 整備が済んでいないから

新車のディーラーに置いてある試乗車というのは、車検を通し、任意保険に加入し、整備もバッチリ行った「試乗用のクルマ」です。

 

それにたいして、中古車ショップにあるクルマはすべてが売り物です。

試乗用のクルマではないため、車検が切れていたり、任意保険に未加入だったり、整備していなかったりと、公道を走れない状態にあることも珍しくありません。

 

くわえて、試乗中に事故が起こった場合の責任問題もあります。

 

これらの事情を踏まえると、販売店にとって「試乗はリスクしかない」といえるのです。

ゆえに、試乗をお願いしても販売店に断られることがほとんどです。

 

では、中古車の試乗はあきらめるしかないのでしょうか。

もし中古車に試乗できるとしたら、どんなケースが考えられるのでしょうか。

 

この記事では、

  • 新車のディーラーで試乗する
  • 中古車のエンジンをかけさせてもらう
  • 敷地内に試乗コースを設けている販売店

など、「中古車の多くが試乗できない理由と対処法」をわかりやすく解説します。

ぜひクルマ選びの参考にしてみてください。

 

 

中古車の多くが試乗できない理由と対処法

中古車に試乗するのは難しいと考えて良いでしょう。

 

理由はつぎのとおりです。

  1. 車検が切れているから
  2. 任意保険に加入していないから
  3. 整備が済んでいないから

たとえば、中古車ショップにあるクルマすべてにナンバープレートがついているわけではありません

すでに車検が切れていて、契約後に車検をとるケースも多々あります。

 

くわえて保険や整備の問題など、中古車に試乗するハードルは高いのです。

 

仮に上の条件をクリアできたとしても、試乗中にうっかり事故を起こし、売り物をダメにする恐れがあります。

試乗したものの、クルマを買わないお客もいるでしょう。

 

上のような事情から、中古車の試乗は難しいとお考えください。

条件が揃いにくいだけでなく、販売店にとってリスクが大きい行為だからです。

 

もちろん、販売店や中古車によって試乗の可否は異なるため、販売店に連絡して確認することをおすすめします。

たとえば、店舗の敷地内に「試乗コース」を設けている中古車ショップなら、車検切れのクルマでもコース内を運転できます(公道ではなく市有地なので)。

 

新車のディーラーで試乗する

検討している車種は、新車として販売中の現行モデルですか?

答えが「イエス」なら、中古車ショップではなく、新車のディーラーで試乗すればOKです。

 

「でも、新車では買わないから申し訳ない……」

と後ろめたく感じるかもしれませんが、他店で中古の車両を買うとしても、オーナーになったら点検や整備でディーラーに"お金を落とす"ことになります。

 

つまり、(少し遅れて)ディーラーに利益をもたらす存在になるわけです。

だから罪悪感を抱く必要はありません

 

そもそもディーラースタッフは、私たちが「中古車を買うつもりでいる」ことなど知りませんし、黙っていれば考えがバレることもありません(伝える必要もない)。

"新車を検討している客"として、堂々と試乗させてもらいましょう。

 

トヨタならトヨタ、ホンダならホンダのWebサイトにアクセスすれば、店舗ごとの試乗車情報をチェックできます。

 

目当ての試乗車を見つけ次第、スマートフォンで試乗予約を行いましょう。

歯医者や美容院とおなじで、予約を入れておけば、試乗当日はスムーズに対応してもらえるはずです。

 

なお、新車と違って中古車はいつ売れてしまうかわかりません。

中古車の購入は「早い者勝ち」です。

もしすでに狙っている個体があるなら、早めに試乗を済ませることをおすすめします。

 

「でも、やっぱり新車のディーラースタッフを騙すようで心が痛む……」

と気が進まない方は、レンタカーショップにお金を払い、(気になる車種の)レンタカーを借りるのが良いかもしれません。

 

これなら罪悪感を抱くことなく、気持ちよく試乗ができるはずです。

 

 

試乗しないで購入する際の注意点

たいていの中古車が試乗できないことから、試乗せずに契約する人は珍しくありません

世の中には、試乗どころか、実車を見ずに(ネット上の画像だけで)購入を決める人もいるくらいです。

 

ですので、「試乗してないけど大丈夫かな……欠陥車だったらどうしよう……」などと必要以上に心配することはないでしょう。

 

事実、私たちは1泊数万円のホテルを予約する際、試泊などせずに、ネット上にある部屋の写真だけを見て「泊まる/泊まらない」の決断をしています。

数十万円のエアコンを買うときにも、試運転などせず、スペックを見て購入を決めています。

 

つまり、大きな買い物でも意外とリスクを取っている、ということです。

中古車も似たようなものだと考えれば、受け入れられるのではないでしょうか。

 

ただし、以下の点はかならず契約前に確認しておくことをおすすめします。

  • 内外装の傷
  • エンジンのかかり具合
  • パワーウインドウの動作
  • 電動格納式ミラーの動作
  • エアコンの効き具合(異臭の有無も)

試乗はNGとしている販売店でも、エンジンの始動は許してくれるのが一般的です。

ぜひ中古車のエンジンをかけて、上のポイントをチェックしてみてください。

 

試乗すれば「運転のしやすさ」はわかるかもしれませんが、サスペンションやブレーキの状態など、メカニックな部分について私たち一般ユーザーにわかることはほとんどありません。

たとえるなら、普段お酒を飲まない人物が「ワインの良し悪し」を判断できないようなものです。

 

つまり、試乗したからといって私たち一般ユーザーに理解できる範囲は少ない、ということです。

だから中古車の試乗にこだわる必要はありませんし、試乗できないからといって、慎重になりすぎることもありません。

 

それよりも、内外装の傷やエアコンの効き具合、悪臭の有無など、われわれ一般ユーザーにもわかる範囲内を隅々まで確認しておくことが大切です。

 

メルセデス・ベンツやBMWなどの高級輸入車が気になっている方は、「タイヤの溝」に注目することをおすすめします。

溝がほとんど残っていない擦り減ったタイヤを履いている場合、前のオーナーは金欠で、整備にお金をかけていない可能性が高いといえます。

 

購入してからあちこちにガタが来る恐れがあるので、避けたほうが良いでしょう。

高級輸入車を中古で買う際には、「整備記録簿」が残っており、かつ定期的に整備されていた個体を選ぶと安心です。

 

それから輸入車/国産車にかかわらず、走行距離が短いわりに内装がボロボロの中古車も避けておくのが無難です。

なぜなら、前オーナーが雑に扱っていたり、整備をサボっていたりした危険があるからです。

 

上のようなケースもあるため、「走行距離の短さ」だけで中古車の良し悪しを判断しないようご注意ください。

 

 

まとめ

中古車の試乗は、基本的に「できない」と考えて良いでしょう。

たとえるなら、コンビニ弁当の試食ができないようなものです。

 

私たちの運転テクニックの問題ではないので、あなたが初心者でも、ベテランドライバーでも関係ありません。

中古車の車検が切れていたらそれまでです。

 

ただし、中古車の状態(車検や保険)しだいでは試乗を認めてくれる場合もあります

敷地内に試乗コースを設けている販売店も、まず間違いなく試乗させてくれるはずです。

 

新車と違い、中古車の試乗は「販売店や個体」によって可否が変わるため、気になる個体を見つけたら販売店に連絡してみてください

 

現行モデルを検討しているなら、新車のディーラーで試乗させてもらうのがイチバンです。

ディーラーが試乗を断ることはありません。

 

試乗ができない場合は、以下の点を確認してみてください

  • 内外装の傷
  • エンジンのかかり具合
  • パワーウインドウの動作
  • 電動格納式ミラーの動作
  • エアコンの効き具合(異臭の有無も)

エンジンがかかりにくかったり、エアコンがカビ臭かったり、走行距離のわりに内装が傷んでいたりしたら、候補から外したほうが良いかもしれません。

 

なお、試乗せずに中古車を買うケースは珍しくなく、なかには実車を見ずに契約するオーナーもいるくらいなので、あまり神経質になる必要はないでしょう。

 

たとえ試乗できたとしても、私たち一般ユーザーが得られる情報は多くありません。

 

そもそもたいていの自動車は「問題なく走らせられる」ようにできているため、ステアリングを右に切っているのに左に曲がったり、アクセルペダルが信じられないほど重かったり、ブレーキがまったく効かなかったりはしないはずです。

製造元の自動車メーカーを信じましょう。

 

以上、中古車の多くが試乗できない理由と対処法でした。

【結論】車検が切れている、任意保険に加入していない、整備が済んでいない。こうした理由から公道での試乗を断られることが多々ある。ただし敷地内に試乗コースがあれば話は別。試乗から得られる情報がなくても、内外装の状態、エンジンのかかりやすさ、タイヤ溝、異音の有無、エアコンの効き具合などをチェックすれば「買っても大丈夫かどうか」は判断できる。

 

《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

クルマを1万円でも高く売るなら一括査定がおすすめです。

 

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

ガリバーに査定依頼したい方はこちらです。

 

電話一本で無料査定・高価格買取【カーネクスト】

カーネクストに査定依頼したい方はこちらです。