私がロト(宝くじ)を買う5つの理由

私は宝くじ(ミニロト、ロト6)を毎週買っています。

 

どうせ当たらないでしょ。買うだけお金の無駄だよ

という人に向けて、"じつは当たらなくても楽しい"宝くじの魅力をお伝えします。

 

 

私が宝くじを買う5つの理由 

「ラクして大金が欲しい」という人間の欲求を体現しているのが宝くじです。買って楽しくないはずがありません。

そんな宝くじには5つの魅力があります。

 

宝くじで妄想をする権利を買う

f:id:MORIKO:20190219062627j:plain

まずは「2億円が当たったらなにをしようかな」と妄想できることです。宝くじを買うことで妄想する権利が手に入ります。

宝くじを買っているわけでもなく、起業したわけでもなく、株を買ったわけでもないのに「2億円あったらどうしようかなぁ」などと考えてみても、虚しくなるだけ。なんらかのアクションを起こさなければ、2億円などという大金はゲットできません。

 

車の運転には免許が必要なのとおなじで、2億円の妄想には宝くじが必要なのです。

 

宝くじで時間を買う

私はお金よりも時間を大切にしています。たとえば積極的に高速道路を利用するなど、お金で時間を買える場面があれば、お金を惜しまないように心がけています。

 

宝くじで大金が手に入るということは、同時に膨大な時間を手にしたことにもなります。宝くじで買える時間は「高速道路を使ったおかげで短縮できた時間」の比ではありません。人生の時間をまるっと買えちゃいます

 

会社員であれば、生活するための仕事を辞めて、好きなことにチャレンジできるでしょう。アーティストを目指したり、小説家を目指したり、あるいはひたすら旅行をしたり。

"生きていくための仕事"からの解放。宝くじはそんな可能性を秘めています。

(高額当選を果たした人だけが銀行でもらえると噂の冊子には、「すぐに会社を辞めないこと」と書いてあるそうですが……)

 

www.shortshortshort.jp

宝くじ以外にも時間を買う方法があります。 興味のある人はこちらの記事をどうぞ。

 

宝くじで楽しみを増やす

ロトは毎週抽選があります。私が買っているミニロトは毎週火曜日、ロト6は毎週月曜日と木曜日です。つまり週に3回も"ワクワクする日"があるわけです。

 

私は楽天家なので「今日こそ当たってるかもなぁ。だってほとんど毎回1等の当選者がいるわけでしょ。それが自分じゃない理由なんてどこにもないしなぁ」などと考えています。

たった200円(つまり1口)でここまで大人がワクワクできることって、そうそうありません。200円で美味しい食事はできませんし、200円で欲しかったブランドのバッグは買えませんしね。

 

宝くじは時間がかからない

f:id:MORIKO:20190219062648j:plain

宝くじを買うのは簡単です。ほとんど頭を使いません。ロトなら適当に数字を選んで、あとは毎回その数字を買い続けるだけ。悩んだからといって当選確率が上がるようなものではありません(確率を上げるには購入口数を増やすしかない)。

 

株や不動産の購入とちがって、考える時間が圧倒的に少ない。そこがいいんです。"ラクしてお金が欲しい"の極みです。

「宝くじで時間を買うぞー!」と言いつつ、宝くじの購入に膨大な時間を費やしていたら意味がありませんので。

 

宝くじはローリスクハイリターン

宝くじはローリスクハイリターンです。たとえばロト6は、200円で6億円が手に入る可能性を秘めています。もしも株で6億円を稼ごうと思ったら、かなりのリスクを背負わなければなりません。莫大な損失を出す恐れだってあります。

宝くじにはそれがありません。損失額には「自分が購入した額」という明確な上限があります。だからいきなり800万円が消し飛ぶようなことはない。

200円という少額で6億円を狙える。だからローリスクハイリターン。……素敵。

 

 

いや、ローリスクノーリターンでしょ

と思った方はナイスツッコミです。が、とても痛いところなので、そこにはあまり触れないでください。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20190219063457j:plain

宝くじは「愚か者の税金」だとか「無知の税金」だとか呼ばれています(ひっどーい)。

私はそこに「ボジティブバカの税金」も追加してはどうかと思うのです。ほら、私なんかまさに。どうしようもないですね。わっはっは。

ちなみに、当たった人は全員買った人でした」っていうキャッチコピーを見て「たしかにー!」とか感激しちゃってますからね。わっはっは。