【検証】MT車でずっと1速のまま走ったらどうなるのか?

マニュアル車で変速することなく、1速で走り続けてみました。

結果どうなったのかを皆さんとシェアしたいと思います。 

 

 

なぜ1速で走り続けようと思ったのか?

f:id:MORIKO:20190220062006j:plain

私はマニュアル車(トヨタ86)に乗っています。

が、シフトチェンジが上手ではありません。「え?追突された?」レベルの変速ショックを連発します。

 

そんな自分の技量に嫌気がさして、「だったら変速なんかしなけりゃいいじゃん」と思った(ふてくされた)わけです。変速しなければショックも起こらない。

「MT車は変速して走るもの」という固定観念を打ち破りました。

 

走れ86!

1速でも快適に走れるようであれば、今後2速、3速は使いません。決別します。

 

1速だけなんて無理でしょ」と思うかもしれませんが、私は本気です。

軽トラを思い浮かべてください。メーターには140キロまで表示があります。で、5速マニュアルです。

続いて86です。メーターには260キロまで表示があり、6速マニュアルです。

 

1速がカバーしている範囲を考えてみると、86のほうが圧倒的に広いはずなんです。

軽トラの時速40キロはもはや5速の域ですが、86なら1速でもいけるんじゃないか、と(時速40キロで5速なんか使ってたら240キロのときにどうするんだっていう話)。

 

勝算はあります。

 

変速しないとうるさい

うるさっ!

これが第一印象でした。よく「第一印象は覆せない」なんていいますが、あれは本当です。終始うるさい。

バルバルバルルルル!とエンジン音が車内に轟きます。

 

86にはサウンドクリエイターというシステムが備わっていまして、エンジン音をあえて車内に取りこむ構造になっているんです。これが仇となりました。

 

時速50キロでエンジンの回転数は5000近くです。5000回転って相当です。音もハンパじゃありません。

「これ以上サウンドをクリエイトしないで!」と思いました。

 

音と速度が見合わない

f:id:MORIKO:20190220062654j:plain

爆音を響かせているわりには進みません。

 

かつて、マフラーを改造した友人がいました。ものすごい音が出るんです。ボボンボンボン!って。でも、彼はすぐにマフラーをもとに戻してしまいました。

「せっかくお金かけて改造したのにどうして?」私は思いました。

 

「なんかさ、音ばっかりでぜんぜん進んでる感じがしないんだよね

彼はいいました。

「なんだそりゃ。ダサッ!」

私はツッコみました。

 

しかし、いまならわかります。音が先行してしまう恥ずかしさが(めちゃくちゃカッコいいゴーグルしてるのに泳げない、みたいな感じ)。

 

1速で走ってると時速30キロでも爆音が発生します。120キロくらいスピードが出ていないとおかしいでしょ、の音が出ます。

そんな、いかにも速そうな音をかき鳴らしながら、30キロで走るスポーツカーなんて。超ダサいでしょう(それが私)。

 

圧倒的遅さ……ッ! 

そしてまぁ遅いのなんの。スポーツカーを買った意味がありません。ビュンと加速したくても1速では不可能。ただし音だけは一丁前。結果として、ただただ恥ずかしいっていう。

 

もし刑罰に「街中を1速で爆走の刑」があったら、世界はもっと平和になります。

 

変速しないと色々心配になる

ずっと1速で走っているといろいろ心配になる、ということも学びました。

 

まずは物理的な心配ですね。「壊れないかな?大丈夫かな?」と。

つぎに金銭的な心配ですね。「燃料捨ててるようなもんだよな。ハイオクなのにな」と。

それから法律的な心配ですね。「いかなる状況においても1速で走り続けてはならない、とかないよな?」と。

 

精神衛生上あまりよろしくありませんでした。

 

検証結果

こんな運転を続けていたらきっと寿命が縮まる

私も。86も。