ホンダのS660は速い?それとも遅い?【コーナリングは速い】

f:id:MORIKO:20200324143312p:plain

ホンダのS660はミッドシップの軽量スポーツカーです。

スポーツカーですが、ボディサイズやパワーなどは軽自動車の枠におさめて作られています。

 

そこで気になるのが「S660は速いのか遅いのか」ではないでしょうか。

 

この記事では、

  • S660は速いのか
  • S660はどんな場面でも速いのか

など、「S660の速さ」について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

S660には試乗とレンタカーで乗った経験があります(MT/CVTともに)。

 

 

S660は速いのか遅いのか

f:id:MORIKO:20200324142454p:plain

軽自動車であるS660に絶対的な速さはありません

なぜなら、軽自動車として64馬力規制の縛りを受けているからです。

(一般的なコンパクトカーは100馬力前後)

 

軽自動車の場合、普通車とちがって馬力をどこまでも高めることができません。

64馬力という上限の規制があります。

 

S660のエンジンは上限いっぱいの64馬力を発揮できるよう作られていますが、86(200馬力超え)やWRX(300馬力超え)などのスポーツカーには劣ります。

 

ゆえに絶対的な速さはありません。

S660は、シートに体が押しつけられるような加速とは無縁の車です。

 

一般的なスポーツカーよりは遅いが、ほかの軽自動車よりは速い

f:id:MORIKO:20200324143611p:plain

S660は一般的なスポーツカーより遅く、ほかの軽自動車にくらべれば速いといえます。

 

どこと比較するかの問題ですね。

  • スポーツカーとしては遅い
  • 軽自動車としては速い

こんな感じです。

 

ほかの軽自動車よりもS660が速い理由は、 

  • 重心が低い
  • ミッドシップ
  • ボディが軽い
  • 空気抵抗が少ない 

などの要因が挙げられます。

 

S660のエンジン出力は、馬力、トルクともにN-BOXカスタムターボとおなじです。

エンジン性能はN-BOXカスタムターボと変わらないわけです。

 

それぞれボディの形や重量が違うだけ。

したがって、S660に過度な期待はしないほうがいいでしょう。 

 

絶対的なスピードや加速力を求めるなら、普通車のスポーツカーを選ぶのがおすすめです。

 

 

S660はコーナリングが速い

S660に絶対的な速さはありませんが、コーナリングスピードは圧巻です。

これはエンジンをボディ中央に積むミッドシップ(MR)の長所だといえます。

 

f:id:MORIKO:20200324144119p:plain

S660なら、市街地や峠道のカーブで減速しなくともスイスイ曲がれます。

背が高いN-BOXでおなじことをやったら横転するでしょうね。

 

S660を運転していて後ろのSUVやミニバンに煽られたとしても、コーナーで大きく引き離すことが可能です。

(そう、S660は煽られやすい)

 

コーナリングの速さは、ライバルとして比較されがちなダイハツコペン(FF)を上回ります。

市街地を機敏に走りたいなら、S660以上の車はないでしょう。

ただし、高速道路の走行には向いていません。

 

S660の速さは、「すばしっこい」という意味での速さですね。

チーターではなくネズミのようなイメージです。

 

まとめ:S660はすばしっこい 

f:id:MORIKO:20200324144724p:plain

S660の速さについて書いてきました。 

 

スポーツカーといえどしょせんは軽自動車ですので、絶対的なスピードはありません

信号が青に変わった際の発進で、おばちゃんが運転する日産ノートに勝てるかどうかも怪しいものです。

 

いっぽうでMRのS660は回頭性が高いため、コーナーでは無敵です。

カーブがつづく峠道でこそ本領発揮できるといえます(ただし運転技術が必要です)。

 

スポーツカーにどのような速さを求めていますか?

背中がシートに埋まるほどの加速Gを感じたいなら、S660ではなく、ハイパワー車を選んだほうが良いかもしれません。

 

一般道をネズミのようにすばしっこく走りたいなら、小さくて俊敏なS660こそが最適な1台です。

 

以上、S660は速いのか遅いのかでした。

 

www.shortshortshort.jp

S660は高速道路で"ただの軽自動車"と化します(それ以下かも)。

 

www.shortshortshort.jp

S660を購入するなら、煽られる覚悟が欠かせません。