アバルト595を買うと後悔する?【3つの注意点】

f:id:MORIKO:20200501145145p:plain

アバルト595の購入を考えていますか?

 

この記事では、

  • オーナーが不満に感じるポイント
  • 595に何を求めるか

など、「アバルト595のネガティブな要素」について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

アバルト595を買うと後悔する?【3つの注意点】

f:id:MORIKO:20200501144937p:plain

アバルト595を中古車市場で調べたことがありますか?

 

ワンオーナー走行距離1000km程度の595が出回っていることに気がつくでしょう。

本記事を執筆するにあたって調べたところ、3台見つかりました。

 

これが意味するのは、買ってすぐに手放したオーナーが複数いる、ということです。

ローンを支払えなくなったのか、車に不満があったのか。

 

後者だとしたら、アバルトにたいするどんな不満が考えられるのでしょう?

 

1.デカい変速ショック

f:id:MORIKO:20200501145618p:plain

アバルト595にはAT/MTそれぞれ用意されています。

問題なのはATです。

 

アバルトのATは、国産車のATとは異なります。

正式には「オートモード付きシーケンシャルトランスミッション」といい、通常のATにあるトルクコンバーターがついていません

 

トルクコンバーターをなくすことで、重量を軽くできます。

代償として、滑らかな変速を失います。

 

AT(オートモード付きシーケンシャルトランスミッション)のアバルト595を運転すれば、その変速ショックに驚くことでしょう。 

同乗者はもちろん、ドライバーにとっても不快な揺れが、ギアチェンジのたびに生じます。

 

お世辞にも乗り心地が良いとはいえません。

下手クソなドライバーが運転するMT車に乗ってるみたい。

 

対策:MTを購入する

f:id:MORIKO:20200501145807p:plain

購入前にディーラー等へ行き、アバルトを試乗してみてください。

 

ATの変速ショックを許容できそうになければ、ミッションはMTを選んだほうが良いかもしれません。

 

 

2. アイポイントの高さ

アバルト595は一般的なスポーツカーと比べてアイポイントが高めです。

つまり「地を這うような感覚」 とは無縁です。

 

f:id:MORIKO:20200501150008p:plain

アバルトを「スポーツカー」と捉えている場合、この高い着座位置はマイナス要素となる可能性があります。

 

595は専用開発されておらず、フィアット500をベースにスポーツチューンしています。

国産車でいうところの、スイフトとスイフトスポーツみたいな関係です。

フィアット500がスポーツカーのフォルムではないので、アバルト595のアイポイントが高くなってしまうのは仕方ありません。

 

着座位置を大きく変えるのは不可能です。

したがって視点の高さに不満を覚える場合には、ほかのスポーツカーを買ったほうが良いでしょう。

 

3. 値段の高さ

f:id:MORIKO:20200501150242p:plain

アバルト595の新車価格はベースグレードが300万円

最高グレードのコンペティツォーネは400万円。 

けっして安くはありません。

 

車両価格400万円というのは、

  • トヨタ86
  • スバルWRX
  • ホンダS660
  • マツダロードスター
  • 日産フェアレディZ

などに匹敵するか、上回る金額です。

 

400万円でアバルト595を買ったのちに、

「あの国産スポーツカーも買えたのか。だったらあっちの本格スポーツカーにしておけばよかった」

と後悔するかもしれません。

 

スポーツカーらしいルックスで競ったら、アバルトは86に勝てません。

ロードスターにも、WRXにも負けています。

 

では走行性能では?

馬力では?

などと比較していったときに、本当にアバルト595がベストなのかを考える必要があります。

 

対策:乗り比べてみる

f:id:MORIKO:20200501150618p:plain

後悔を避けるためには、ほかの車と比較することが重要です。

 

400万円出せば新車のMINIクーパーも買えますし、中古のアウディTTも買えます。

ホンダS660なら、300万円でお釣りが出ます。

 

アバルト595に300万円以上払う価値があるのかどうか。

焦って購入せず、ほかの車と比べてみてください。

 

アバルトのルックスに惚れて買うとしたら、着座位置や変速ショックに不満がないかどうか、が大きな問題です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200501151028p:plain

アバルト595が持つネガティブ要素をご紹介してきました。

  1. デカい変速ショック
  2. 高いアイポイント
  3. 高い値段

 

ここに挙げたもの以外にも不満要素が見つかるかもしれません。

ぜひ一度アバルトに試乗してみてください。

 

ただし595には、こうしたマイナス要素をすべて吹き飛ばすだけの魅力があることも事実です。

(国産車にはない荒々しさ、理屈抜きの楽しさなど)

 

サソリの毒にやられて魅了される人も続出しています。

毒が回った後の購入をおすすめします。

 

以上、アバルト595を買うと後悔するのか、でした。

結論。買う前からわかっているネガティブ要素については要検討。

 

スクランブル・アーカイブ アバルト (NEKO MOOK)

スクランブル・アーカイブ アバルト (NEKO MOOK)

  • 発売日: 2019/11/15
  • メディア: ムック
 

アバルトについて深く知りたい方は、こちらのムック本を読んでみてください。