アバルト595はどのグレードを買うのがおすすめ?【違いを解説】

f:id:MORIKO:20210225145446p:plain

ベース車両フィアット500を、アバルト社がチューンアップしたのがABARTH595です。

 

アバルト595は、刺激的な走りが魅力のホットハッチ、だといえます。

 

そんなアバルト595には、

  1. 595
  2. 595 TURISMO
  3. 595 COMPETIZIONE

これら3つのグレードが存在し、それぞれエンジン出力やインテリアなどが異なっています。

 

f:id:MORIKO:20210225145745p:plain

アバルト595を買うなら、どのグレードを選ぶのが良いのでしょうか。

 

この記事では、

  • 最上級グレードがベストなのか
  • グレードごとの違いとは

など、「アバルト595はどのグレードを買うのがおすすめか」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

アバルト595に設定されている3グレードの違い

f:id:MORIKO:20210225145133p:plain
価格が安いほうから順に、

  1. 595
  2. 595 TURISMO
  3. 595 COMPETIZIONE

アバルト595にはこれら3つのグレードがあります。

 

「どれを買うのがベストなのか」は、一概にいえません。 

なぜなら、アバルト595に求めるモノ次第で、最適なモデルは変わってくるからです。

 

ちょうど、靴を買うときに、

  • 近所を走りたい:ランニングシューズ
  • 田んぼで作業がしたい:長靴
  • 蒸れるのが嫌だ:サンダル

このように、目的に応じて「ぴったりな靴」が変わるようなものです。

 

f:id:MORIKO:20210225150506p:plain

以下では、

  1. エンジン性能
  2. トランスミッション
  3. インテリア(シート含む)

これら3つの差異をお伝えしていきます。

 

いずれも車の走りに関わる部分であり、この違いを押さえておけば、アバルト595のグレードの違いがよくわかります。

 

1. エンジン性能の違い

f:id:MORIKO:20210225150753p:plain

搭載しているエンジンそのものは、3グレードとも変わりません。 

どのモデルも、1,368ccの直列4気筒ターボエンジンを積んでいます。 

 

エンジン自体はおなじですが、システム設定を変えることで、出力の差を生み出しています。

  • 595:145PS
  • TURISMO:165PS
  • COMPETIZIONE:180PS

馬力がもっとも高いのは、最上級モデルであるコンペティツィオーネです。

 

それぞれの最大トルクは、

  • 595:18.4kgm
  • TURISMO:21.4kgm
  • COMPETIZIONE:23.5kgm

このように設定されています。

3グレード中もっとも速いのはCOMPETIZIONEですので、アバルトに走りの刺激を求めるなら、COMPETIZIONEを買うのがベストでしょう。

 

たとえるなら、

  • 赤身
  • 中トロ
  • 大トロ

このうちでもっとも脂が乗った部位を求める場合、大トロを選ぶのがベストであるようなものです。

 

f:id:MORIKO:20210225151141p:plain

アバルト595の3グレードは、いずれも使用燃料はハイオクで、燃料タンクは35Lとなっており、違いはありません。

燃費が良いのは、

  1. CONPETIZIONE
  2. TURISMO
  3. 595

この順です。

 

CONPETIZIONEは走行性能が高く(加速が速く)、燃費が良い、申し分のないモデルだといえるでしょう。

ただし最上級モデルなので、車両価格は3グレード中もっとも高額です。

 

 

2. トランスミッションの違い

アバルト595のトランスミッションは、以下の2タイプから選べます。

  1. 5速マニュアル
  2. デュアロジック

 

デュアロジックとは、正式にはATモード付5速シーケンシャルといい、ATとMTの中間をとったような、FIAT車ならではのトランスミッションです。

フィアット500をベースにしているアバルト595も、500とおなじくデュアロジックを採用しています。

 

f:id:MORIKO:20210225151704p:plain

デュアロジック車にクラッチペダルはついていないため、AT限定免許で運転できます。

 

ATやCVTとくらべたデュアロジックの違いとしては、

  • クリープ現象がない
  • 構造がシンプルで軽い
  • 変速ショックが大きい

などの特徴が挙げられます。

 

クリープ現象が(ほとんど)ないので、デュアロジック車でブレーキペダルから足を離しても、車が前に進みません。

 

クルマを発進させるには、アクセルペダルを踏む必要があります。

ただし、ATやCVTから乗り換えてもすぐ慣れますので、たいした問題ではないといえます。

 

問題は、デュアロジックの変速ショックが大きすぎることです。

ギアが1速から2速、3速へと変わるたび、アバルトには、ガックンという大きな揺れが生じます。

 

f:id:MORIKO:20210225152151p:plain

この衝撃は、快適さの対極にあるといって良いでしょう。

 

ドライバー本人はハンドリングを楽しんでいるので良いものの、助手席や後席に座っている同乗者にとってはサイテーな乗り心地です。

ギアチェンジするたびに、国産車では考えられないくらい「ガックン」と揺れますので、いちどディーラーで試乗をしてみることをおすすめします。

 

ガックンが許容できる範疇かどうか、確かめてみてください。 

 

f:id:MORIKO:20210225152550p:plain

MT車を運転できるのであれば、トランスミッションはデュアロジックでなく、5速マニュアルを選んでおくのが無難です。

ただし、ツーリズモには5MTの設定がありません。

 

  • 595:5MT/デュアロジック
  • TURISMO:デュアロジック
  • COMPETIZIONE:5MT/デュアロジック

5速MTを希望するなら、エントリーモデルの595ノーマルか、最上級モデルの595コンペティツィオーネどちらかを買うことになります。

 

3. インテリアの違い

f:id:MORIKO:20210225152906p:plain

ステアリングは3グレード共通でチルトステアリングが標準装備されており、テレスコピック機構はありません。 

 

角度だけが変えられて、ステアリングを引いたり押したりする調整はできない、ということです。

 

インテリアでもっとも異なっているのは、シートです。

たとえばノーマル595の場合、ヘッドレスト一体型スポーツシートが装備されていて、ファブリック素材でできています。

 

595TURISMOは、ノーマルの595とおなじ形状のシートでありながら、素材はレザーへと格上げされています。

 

最上級のCOMPETIZIONEを選ぶと、Sabelt製のスポーツシートが標準装備となります。

一言でいって、めちゃくちゃ硬いシートです。

 

f:id:MORIKO:20210225153140p:plain

Sabelt製スポーツシートは、まるで公園のベンチのようにクッション性に乏しい代わりに、ホールド性は抜群です。

とはいえ、サーキット走行でもしない限り、ここまでのホールド性、ストイックさは必要ありません。 

 

Sabelt製スポーツシートは「やりすぎ」で、ドライバーに体力を求めきますし、助手席の同乗者には、それ以上の体力と忍耐力を求めてきます。

 

なぜなら同乗者にアバルトを操る楽しみはなく、コンペティツィオーネはただシートが硬く、変速ショックが大きく、 人にジロジロ見られるだけのクルマだからです。 

 

同乗者にとって、お世辞にも「快適」とはいえないでしょう。

 

f:id:MORIKO:20210225153423p:plain

ちなみに、ボボボボボボというエキゾースト音がもっとも大きいのは、コンペティツィオーネです。

 

スポーティさと快適さのバランスを取るなら、中間グレードであるツーリズモ(165馬力)を選ぶのが無難だといえます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210225153723p:plain

ABARTH595についてお伝えしてきました。

 

大切なのは、アバルトに何を求めるのか、です。

 

アバルトのスタイリングに惚れ込んで買うなら、ノーマルの595でじゅうぶんでしょう。

コンパクトなボディに搭載された145馬力のエンジンは、そのへんの国産コンパクトカーを凌駕しており、力不足を感じるシーンはないはずです。

 

国産コンパクトカーは、たいてい100馬力前後しかありません。

 

レザーシートなど、アバルトに「高級感」をプラスしたい場合には、ツーリズモがおすすめです。

内装の質感が上がるだけでなく、エンジンの最高出力も165馬力へとアップし、一段と速くなります。

 

TURISMOはある意味で、最上級モデルだといって良いでしょう。

 

なぜなら、さらに上のCOMPETIZIONEは、とことん"走り"に振っているからです。

インテリアに限らず、足回りも含めてサーキット走行を楽しむならコンペティツィオーネがベストですが、一般道を運転するだけなら、コンペティツィオーネは過剰です。

 

f:id:MORIKO:20210225154025p:plain

イメージとしては、チェーンソーで玉ねぎを切るようなものだといえます。

玉ねぎを切るのにチェーンソーのパワーは過剰ですし、一般道を走るのにコンペティツィオーネのセッティングや演出は過剰です。

 

刺激のために快適さを犠牲にしているコンペティツィオーネを買った場合、長く付き合えるかどうかは微妙なところでしょう。

数年経って、過剰な演出に疲れ、手放したくなっても不思議ではありません。

 

それでもCOMPETIZIONEに興味があれば、

  • ディーラーで試乗する
  • ディーラーで展示車のシートに座る

などして、体感してみてください。

 

f:id:MORIKO:20210225154529p:plain

スパルタンで、ストイックで、獰猛で、日本車にはない割り切り、振り切りをコンペティツィオーネから感じることでしょう。

ちょうどアルファロメオ4Cのようなもので、イタリア車らしい「スパルタンなスポーツカー」だといえそうです。

 

以上、アバルト595はどのグレードを買うのがおすすめか、でした。

結論。刺激と快適さのバランスが良いのはTURISMO。ノーマルでも良いが、コンペティツィオーネはやりすぎている感がある。ただしTURISMOにはMTの設定がないので、マニュアルにこだわるならノーマルの595で決まり。サーキット走行も視野に入れているなら、コンペティツィオーネ。