ぶっちゃけ、コンクリートの耐用年数は不明なんです

この記事では「コンクリートの耐用年数」を解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

コンクリートの耐用年数はわからない

f:id:MORIKO:20190907144229p:plain

コンクリートの耐用年数はハッキリとわかっていません

なぜなら、現代のコンクリートが実用化されてからまだ100年程度しか経っていないからです。 

 

歴史が浅いため、具体的に何年もつのか実証されていない、というのが現状です。

ただ、木材や金属にくらべてコンクリートが化学的に安定した材料であることはまちがいありません。

そのためコンクリートは、長期にわたって使用される建築物に広く使われています

 

鉄筋コンクリート建築がダメになるとき

f:id:MORIKO:20190907145706p:plain

では、鉄筋コンクリート建築がダメになるとき、とはいつでしょう?

それはコンクリートの内部に埋め込まれている鉄筋が錆びてしまったときです。

 

コンクリートは完成とどうじに中性化が始まります(もとは強アルカリ性)。

コンクリートの外側から内部へ向けて徐々に中性化が進み(侵食)、これが内部に埋められた鉄筋にまで達すると、鉄筋が錆びるのです。

このタイミングが耐用年数だと考えられています。

 

なぜ鉄筋の錆びがマズいのか

ところで、どうして内部の鉄筋が錆びるとマズいのでしょうか。

それは、錆びた鉄筋が膨張し、コンクリートにヒビが入ってしまうからなんです(これを鉄筋爆裂といいます。大げさなネーミング!)。

 

f:id:MORIKO:20190907144736p:plain

コンクリートの耐久性を阻害するもっとも大きな要因がヒビ割れです。

ヒビ割れてしまったコンクリートは崩壊のリスクが高まるため、そのまま使用するのは危険であるといえます。

だから「鉄筋の錆び=鉄筋コンクリート建築の寿命」なんですね。

(ヒビから内部に水が入りこみ、よりいっそう鉄筋が錆びてしまうという悪循環)

 

ここまでの内容をまとめてみましょう。

コンクリートは徐々に中性化し、やがて内部の鉄筋に達し、鉄筋が錆びて膨張し、コンクリートにヒビが入る(崩壊や崩落のリスク増)。

 

これがコンクリートの寿命です。

ただし寿命について、具体的な年数はわかっていないのが現状です。

 

 

耐用年数の目安は100年程度か

f:id:MORIKO:20190907145957p:plain

はっきりとはわかっていないものの、「コンクリートの耐用年数は100 年程度である」との見方が有力です。

 

ただ、なかには120年もつとする専門家の意見もあり、結局のところよくわからないのです。

これは現代のコンクリートが実用化されて100年程度しか経っていないことが原因なので、時が経てばやがて解明されるでしょう。

 

コンクリートの法定耐用年数47年ってなに?

鉄筋コンクリート建築(住宅用のもの)に関して「法定耐用年数47年」という数字を見て、「コンクリート建築は47年しかもたないんだ」と考える方がいますが、これは誤りです。

先述のとおり、鉄筋コンクリート建築は(物にもよりますが)100年程度もつとされています。

 

法定耐用年数というのは、あくまでも国が定めた減価償却の期間に過ぎません。

つまり会計上の数字であり、コンクリートの物理的な耐用年数とは関係ないのです

 

もしコンクリートの耐用年数が47年だとしたら、築50年を超える鉄筋コンクリートのアパートに住んでいる私は、なかなかマズいといえますね。

(まだまだ住むつもりなのに……)

 

築47年を経過すると会計上の価値がなくなるだけで、物理的な寿命を迎えるわけではありませんので、混同しないようご注意ください。

ちなみに、木造(住宅用のもの)の耐用年数は22年です。

 

まとめ

ここまでの内容をザックリまとめると、鉄筋コンクリート建築は100年程度もつ、となります。

コンクリートの厚さにもよるので一概にはいえませんが。

 

f:id:MORIKO:20190907145514p:plain

ちなみに、鉄筋が表面から2センチのところに埋められている場合、侵食にかかる年数は60年です。60年経つと、鉄筋が錆びてしまうわけです。

中性化したコンクリートの強度が下がるわけではなく、錆びた鉄筋によるヒビ割れが問題なのです。

そう考えると、コンクリート自体はかなり耐久性が高いといえますね。

 

f:id:MORIKO:20190907150154p:plain

以上、コンクリートの耐用年数についてでした。

いくら100年もつといわれても、さすがに築90年の物件は避けたいですよね(そんな住居あるのだろうか?)。

物件選びの参考になれば幸いです。

築50年越えの鉄筋コンクリート造アパートに住んでみた感想はこちらです。