付き合ったらLINEの頻度が減った。彼氏の気持ちが冷めた?

f:id:MORIKO:20190921085314p:plain

この記事では「付き合った彼氏からの連絡が減ったのは気持ちが冷めたせいなのか」を書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

LINEの頻度が減ったのは気持ちが冷めたせい?

f:id:MORIKO:20190921085426p:plain

彼氏からの連絡が減ったからといって、すぐに「気持ちが冷めた」と決めつけるべきではありません。

もちろん冷めてしまった可能性もありますが、そうでない可能性もじゅうぶん考えられます。

 

あなたと付き合うために頑張っていた

f:id:MORIKO:20190921085607p:plain

たとえば、彼はもともとマメに連絡をするタイプではないとしたらどうでしょう。

他の友人には2日後に返信するのがふつうで、好意を寄せるあなたとだけは、無理をしてこまめに連絡ととっていた、と。

 

晴れて交際できたので、無理をするのはやめて、本来のペースに戻しただけかもしれませんよね。

 

これを確認するためには、彼の知人に「彼はすぐ返信する人かどうか」を確認してみるのがいいでしょう。

あいつはいつも遅いよ」という話であれば、それが彼のペースなので、あまり気にしないほうがいいでしょう。

気持ちが冷めたわけではありません。

 

釣った魚に餌をやらない

f:id:MORIKO:20190921085905p:plain

付き合ってからLINEの頻度が減ることは、珍しいことではありません。

とくに男性には「釣った魚に餌をやらない」タイプが多く、交際できたことに満足し、彼女をほったらかしにしてしまう人もいます。

 

追いかけている最中がもっとも楽しくて、いざ交際すると気持ちが落ち着いてしまうんですね(冷めた、とまではいいませんが)。

 

f:id:MORIKO:20190921090133p:plain

こんな彼氏にはあえて素っ気ない態度をとってみてはいかがでしょう

メッセージのハートをやめてみる、ぶっきらぼうな返信をしてみるなど。

彼氏に「油断していると私の気持ちが冷めるぞ」と暗に伝えることで、交際前とおなじように努力させる狙いです。

(私だったら「ヤバい!」と焦り、怠惰を反省し、頻繁に連絡するよう気持ちを改めますね) 

 

浮気をしているのか?

f:id:MORIKO:20190921090430p:plain

彼氏からの連絡が減ったことで、「浮気されているのかも」と不安に感じている女性もいることでしょう。

絶対に浮気ではない、と断言することはできませんが、上記のような理由で頻度が落ちている可能性はじゅうぶん考えられます。

 

それに、もし彼氏が浮気しているかどうかを確認したければ、頻度よりもメッセージの内容に注目することをおすすめします

 

頻度よりも大切なのは内容

f:id:MORIKO:20190921090542p:plain

彼氏の気持ちが離れているのかどうか、彼氏が他の女子と浮気しているのかどうかを知るためには、LINEの頻度よりもメッセージの内容に着目すべきです。

 

 

話を広げようとしているか

f:id:MORIKO:20190921090912p:plain

浮気をしていたり、気持ちが冷めていたりする男性は(女性もそうでしょうが)、自ら会話を広げようとはしません

なぜなら、やり取りをするのが面倒だからです。

 

好きでもない相手と連絡を取り合うのは誰だって億劫ですよね。

だから適当に返信をしたり、会話が終わる方向に誘導したりしようとします。

(「おやすみ」「頑張ってね」「へぇ」などの素っ気ない返信で強制終了を試みたり)

 

f:id:MORIKO:20190921091026p:plain

話を広げる意思が感じられない場合には、気持ちが冷めている可能性があります。

たいして、もし会話を広げる姿勢が感じられたなら、たとえ頻度が減っていても「気持ちは冷めていない」と見ていいでしょう。

 

質問があるか?

f:id:MORIKO:20190921091202p:plain

話を広げる意思の有無を知るために、彼氏から質問をしてきているかどうかを確認してみてください。

 

「〜はどうだった?」

「〜どうする?」

などの質問があれば会話を続ける意思が感じられるので、まだ好意があると判断できそうです。

浮気をしていたらそちらの相手に興味が移行しているため、あなたについてあれこれ訊いてこないでしょう。

 

彼氏から話題を提供してきているか?

f:id:MORIKO:20190921091350p:plain

それから、「彼氏から話題を提供してきているか」も重要な確認ポイントです。

「今日は〜をしたよ」など、彼氏から話を始めることがあれば、たとえ連絡の頻度が落ちていても気持ちは冷めていないと考えられます。

 

好きでもない相手にわざわざ話題を提供したりしませんからね。

ぜひ彼氏の気持ちを推し測る際の参考にしてみてください。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20190921091708p:plain

交際を続けていれば、どんなカップルでも感情が落ち着いてきます。

それは「冷める」のとはちがい、「安定する」という表現のほうがしっくりくる状態です。

 

安定したカップルは、交際前にくらべてLINEの頻度が落ちることも珍しくありません

そうしたときに気持ち(愛情)が現れるのは、頻度よりもむしろメッセージの内容です。

連絡が多ければ好き、少なければ冷めた、という単純な話ではないのです。

 

「連絡が多い=大好き」は誤り

f:id:MORIKO:20190921092040p:plain

会話を広げる姿勢があるか、メッセージのやり取りを楽しんでいるか、そうしたところから彼の「好意」を感じるべきではないでしょうか。

もしLINEの内容が充実しているのであれば、たとえ頻度が落ちたところでたいした問題ではないといえます。

「連絡が多い=大好き」ではありませんからね

 

誰だって交際前はテンションが上がって、メッセージに一喜一憂して、張り切ってLINEを送っちゃいます。

そんなテンションがずっと続くわけではありません。

 

ぜひLINEの頻度だけでなく、内容にも注目してみてください。

いえ、内容にこそ注目してみてください。積極的な姿勢があれば、きっと気持ちは冷めていませんよ。

 

以上、LINEの頻度が減ったのは気持ちが冷めたからなのか?、でした。

ところで、まめに連絡をしない彼氏はうざいですか?