デートと遊びの違いを知ろう。2つのチェック項目

f:id:MORIKO:20210104170638p:plain

たとえば、短足かどうかには明確な基準がありません

「股下70cm以下なら短足だ」といった決まりは存在しない、ということです。

 

ゆえに、ある人物が短足なのかどうかは、本人や他人の解釈しだいです。

 

男女のデートもおなじで、「ここまでは遊びで、ここからはデートです」といった線引きはありません。

ですので、デートと捉えるか遊びと捉えるかは、あなたの解釈がすべてです。

 

デートかどうかを判断するには、何に注目すれば良いのでしょうか。 

 

この記事では、

  • 参加人数
  • それぞれの恋愛感情

など、「デートと遊びの違い」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

デートと遊びの違いは何か

f:id:MORIKO:20210104170431p:plain

デートとは、(愛し合っている)男女が日時を決めて会うこと、をいいます。 

 

たとえば、20代男性と70代祖母のランチは、デートには該当しません。

なぜなら、お互いに恋愛感情を抱いているわけではないからです。

 

男性と祖母が2人で楽しむランチは、「おばあちゃんと孫の食事」と呼ぶのが適切です。

では、上の例とちがってデートかどうか判断しにくい場合、私たちはなにを基準にして、デートと遊びを区別すれば良いのでしょう。

 

注目すべきは、

  1. 参加人数
  2. お互いの恋愛感情

これら2つの要素です。

 

1. 参加人数は何人?

f:id:MORIKO:20210104170913p:plain

基本的にデートとは、男女が2人きりで行うものです。

参加人数50名のデートなどまず存在しません。

 

イメージとしては、バスケットボールの試合がかならず5対5で行われるようなものです。

 

ですので、

  • 男性3人
  • 女性3人

合計6人で映画を見に行く場合、これはデートではありません。

デートではなく、そのまま「男女6人で映画を観に行く」と表現するのが適切です。

 

もしくは、男女3人で遊ぶ場合、これもデートではありません。

たとえるなら、タイヤが3つ付いていたら「自転車」ではないようなものです。

 

タイヤが3つ付いていたら自転車ではなく三輪車ですし、参加者が3名いたら、デートではなく遊びです。

 

自分と相手の2人だけで映画や食事、カラオケなどに行く約束をして、ようやく「デートなのか、それともただの遊びなのか」を考えるステージに達します。

 

男女3人で出かける行為を「デートなのかどうか」と考えるのは、3人で歩いている男女を見て「あの3人は夫婦なのか」と考えるようなもので、ナンセンスだといえるでしょう。

 

ここ日本は一夫一妻制の国なので、3人の男女が「夫婦だ」などということはありえません。 

同様に、男女3人のお出かけが「デートだ」などということもありません。 

 

 

 2. お互いの恋愛感情は?

あなたが男女2人で出かけるとしましょう。 

 

先述のとおりデートの定義は、(愛し合っている)男女が日時を決めて会うこと、でした。

ゆえに、2人が両想いかどうかで「デートかどうか」が決まります

 

f:id:MORIKO:20210104171435p:plain

付き合う前の段階であれば、お互いの感情には4つのパターンが考えられます。

  1. 自分・好き、相手・好き:デート
  2. 自分・好き、相手・友達:遊び
  3. 自分・友達、相手・好き:遊び
  4. 自分・友達、相手・友達:遊び

このように、4通りのうち「デート」に該当するのは1通りだけです。 

 

あなたが相手に好意を抱いており、かつ相手もあなたを恋愛対象として意識している場合、2人で出かける行為はデートです。

なぜなら2人が両想いで、デートの定義に当てはまるからです。

 

とはいえ、あなたが相手のことを好きだとしても、お相手があなたをどう見ているのかはわかりません

恋愛対象として意識しているのかもしれませんし、「ただの友達」としていっしょに出かけるだけかもしれません。

 

考えてもわからないので、あなたが相手を好きなら、その人物とのお出かけは「デート」という認識で良いでしょう。 

いっぽうで、あなたが相手の男性/女性を友達のひとりとしてしか見ていない場合、その人物とのお出かけは「遊び」です。

 

もしかすると(あなたのことが好きな)相手は「デート」だと思っているのかもしれませんが、あなたは相手を好きではないので、厳密にいえばデートではありません。

ご安心ください。 

 

ただし、思わせぶりな態度をとっていると相手が(自分のことを好きだと)勘違いし、面倒な展開になる恐れがあります

  • 告白される
  • 振ったら逆ギレされる

などです。

 

好意のない相手とは、2人きりで出かけないほうが良いでしょう。

「他にも誰か誘おうよ」と提案すれば、2人きりのお出かけを回避できます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210104171903p:plain

デートと遊びの違いについてお伝えしてきました。

 

  1. 参加人数
  2. お互いの恋愛感情

ポイントはこれら2点です。

 

男女で映画を観に行くにしても、焼肉を食べるにしても、「2人きりかどうか」は重要です。 

あなたと相手のほかにも参加者がいるなら、デートではない、と判断しましょう。

 

ちょうど、日本では3人以上の夫婦があり得ないのとおなじです。

 

それから注目すべきが、お互いの気持ちです。

双方が「好き」だと思っていれば、そのお出かけは「デート」です。

 

出かける2人のうち、どちらか片方でも「ただの友達」として相手に接しているなら、それはデートではありません。

イメージとしては、自転車に2つあるタイヤのうち、どちらか片方でもパンクしていたら「万全」ではないのとおなじです。 

 

タイヤが片方でもパンクしていたら自転車は走れませんし、男女の片方でも「ただの友達」として見ていたら、デートとは呼べません。

 

デートと遊びの境目はわりと曖昧で、すべてはあなたの解釈しだいです。

好きな人と2人きりで出かけられるなら、「デートだ」 ということにしてしまいましょう。

 

以上、デートと遊びの違いについてでした。

結論。2人きりで、お互いに好意を抱いている男女が日時を決めて会うならデート。参加者が3人以上いたり、どちらか片方が恋愛感情を抱いていなかったりしたら、ただの遊び。友達と遊ぶのと変わらない。

 

www.shortshortshort.jp

デートについて、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

デートの回数に関して、当サイトにはこんな記事があります。