【デートの定義って何】どこからがデートなのか?

f:id:MORIKO:20201221211743p:plain

デートとは、(愛し合っている)男女が日時を決めて会うことをいいます。

 

ですので、たとえば宗教や投資話へ勧誘するために異性と食事をしても、デートの定義には該当しません。

なぜなら、ふたりが愛し合っているわけではないからです。 

ただの食事、あるいは勧誘です。

 

この記事では、

  • デートと場所の関係
  • デートと呼ぶかどうかの判断

など、「どこからがデートの定義に該当するのか」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

どこからがデートの定義に該当するのか

f:id:MORIKO:20201221211255p:plain

デートとは、(愛し合っている)男女が日時を決めて会うことをいいます。

 

付き合っているカップルが2人で出かけるなら、それはデートと呼んで良いでしょう。

というのも、カップルは「お互いに愛し合っている」のが一般的だからです(片方が冷めていたり、一部例外もある)。

 

交際していない男女であっても、相手にたいしてお互いに好意を抱いているのであれば、デートの定義に該当します。

 

場所はデートに関係ない

f:id:MORIKO:20201221211944p:plain

デートの定義は、(愛し合っている)男女が日時を決めて会うこと、でした。

 

ですので、

  • 会う場所
  • 何をするか

といった内容は関係ありません

 

会う場所によって、

  • 映画館デート
  • 遊園地デート
  • 水族館デート
  • ドライブデート
  • お化け屋敷デート
  • イルミネーションデート

など、名称が変わるだけです。

好意を抱いている男女が日時を決めて会うなら、映画館でも、動物園でも、どこであってもそれは「デート」 です。

 

たとえるなら、どんな具材が入っていてもカレーはカレーであるようなものです。

かぼちゃが入っていてもカレーですし、豆腐が入っていてもカレーです。

 

いっぽうで、もし街中で偶然好きな人に会ってふたりでカフェに入った場合、これはデートではありません。

なぜなら、日時を決めて会ったわけではないからです。

 

たまたま遭遇した好きな人と談笑をするのは、カフェデートではなく、「偶然の遭遇からの談笑inカフェ」です。

 

 

デートかどうかを決めるのは2人の感情

男女が2人でいっしょに出かけただけでは、デートとは呼べません。

たとえるなら、近所をジョギングしただけで「旅行」とは呼べないようなものです。

 

自宅から離れたところまで出かけてこそ旅行ですし、お互いに恋愛感情を抱く男女が出かけてこそ、はじめて「デート」に該当します。

 

f:id:MORIKO:20201221212351p:plain

大切なのは、ふたりの感情です。

  • 訪れる場所
  • 行うこと

これらの要素は関係ありません。

 

もし2人が愛し合っているなら、ただ河川敷を散歩をするだけでも「散歩デート」になります。

 

いっぽうで、もし恋愛感情のない2人がイルミネーションを見に行ったとしても、デートの定義には該当しません。

ただ仲の良い男女がイルミネーションを見に行っただけ、です。

 

たとえば、私たちが祖父や祖母と2人でレストランへ行っても、祖父/祖母と食事デートをした、とはいいません。

なぜなら、お互いに恋愛感情を抱いてドキドキしているわけではないからです。

 

祖父や祖母と食事をしてもデートにはならないのとおなじで、好意のない男性/女性と映画を観に行ったり、食事をしたりしても、デートではないといえます。

ただいっしょに映画を観ただけ、いっしょに食事をしただけ、です。

 

相手の感情はわからない

f:id:MORIKO:20201221212959p:plain

とはいえ、交際していない男女が、お互いのことを好きなのかどうかはわかりません。

 

片方は好意を抱いていても、もう片方は、相手を友だちのひとりとしか見ていない可能性もあります。

つまり片想いです。

 

ゆえに、私たちが好きな人と出かけるなら、それは「デート」と呼んで良いでしょう。

相手もこちらに好意がある、という都合の良い設定にしておきます。

 

いっぽうで、もし恋愛感情を抱いていない男性/女性といっしょに出かけるなら、「デート」とは呼ばなければ良いだけです。

こちらが好意を抱いていない時点で、デートの定義には当てはまっていません

 

たとえるなら、こちらが好きでない時点で「両想い」ではないようなものです。

相手が私たちのことを好きでも、われわれが相手を好きでなければ、両想いではありません。

 

デートもおなじで、私たちが相手に好意を抱いていない時点で、もはやデートではなく、ただのお出かけです。

デートという表現に違和感や抵抗があるなら、「お出かけ」だと自分に言い聞かせましょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201221213350p:plain

デートの定義についてお伝えしてきました。

デートとは、(愛し合っている)男女が日時を決めて会うことをいいます。

 

「どこからがデートなのか」という問いにたいしては、お互いに愛し合っていればすべてデートだ、が答えになります。

  • 食事をしたら
  • 手を繋いだら
  • 3時間以上いっしょに過ごしたら

といった「デートの基準」は存在しません。

デートに該当するかどうかを決めるのは、ふたりの感情だからです。 

 

もしあなたが好きな人と出かけるなら、「デート」ということにしておきましょう。 

 

好きでもない異性に誘われて仕方なく2人で出かけるなら、デートではなく、ただのお出かけ、ただの食事です。

ちょうど、祖父母といっしょに出かけるようなイメージです。

 

以上、どこからがデートの定義に該当するのか、でした。

結論。デートとは、(愛し合っている)男女が日時を決めて会うことをいう。どちらか片方でも恋愛感情を抱いていなければ、それはデートではない。周囲からはデートに見えるだろうが、厳密にはデートではない。

 

www.shortshortshort.jp

デート中のうんちに関して、当サイトにはこんな記事があります。

読んでおいで損はないはずです。

 

www.shortshortshort.jp

デートの回数について、当サイトにはこんな記事があります。