ヴォクシーのホイールに傷。補修する方法

f:id:MORIKO:20210627111004p:plain

シンクにつく水垢と同様、車のアルミホイールにつく傷は防げません。

たとえ縁石に気をつけて運転していても、身に覚えのない傷がホイールについていたりするものです。

 

だからこそ大切なのは、予防ではなく補修です。

愛車ヴォクシーのホイールについてしまったガリ傷や飛び石によるキズは、自分の手でササッと直しましょう。

 

専用の補修ペンを使えば、たった5分でホイールの傷を目立たなくできます。

「どこに傷があったと思う?」と家族や友人に聞いてみても、その仕上がりのナチュラルさゆえ、きっと見つけられません。

 

f:id:MORIKO:20210627111430p:plain

この記事では、

  • ヴォクシーのホイールは2色
  • 補修ペンで直さないと錆びる?

など、「ヴォクシーのホイールについた傷を補修する方法」をわかりやすく解説します。

最小限のお金と時間でササッと直すため、ぜひ参考にしてみてください。 

 

 

ヴォクシーのホイールについた傷を補修する方法

f:id:MORIKO:20210627110625p:plain
(GRスポーツなど一部グレードを除く)ヴォクシーのホイールは、シルバーとブラックの2トーンカラーで構成されています。

 

どちらの部分に傷がついても問題ありません。

すぐに補修できます。

 

傷を塗りつぶすために使うのは、ホイール専用の補修ペンです。 

これ1本あれば、ガリ傷や飛び石が当たってできた塗装剥がれを、目立たないようにできます。

 

ちょうど、タンスや本棚についたキズを補修マーカーで塗ってごまかすようなイメージです。

補修ペンの商品リンクは記事の最後に張ってありますので、そちらをご参照ください。

 

何が必要なのか?

f:id:MORIKO:20210627111912p:plain

ホイール傷の処置に使うのは、補修ペン(タッチアップペン)です。

 

タッチアップペイントというと、ホイールではなくボディ用が広く知られています。 

車のボディについた小傷にサッと塗り、塗装のダメージを目立たなくするアイテムです。

 

この補修ペンは、ボディの傷だけでなく、ホイールの傷に特化したものも存在しています。

それが、ホイール専用の補修ペンです。 

 

f:id:MORIKO:20210627112048p:plain

ところで、ヴォクシーのホイールには、シルバーとブラックどちらの部分に傷がついてしまいましたか?

 

ホイールのカラーに応じて、ブラックにはブラック専用の、シルバーにはシルバー専用のペンを使う必要があります。

 

  • シルバー部分
  • ブラック部分

もし両方に傷がついている場合には、各1本ずつ、計2本を準備することになります。

 

シルバー部分はともかくとして、ブラック塗装の剥がれはよく目立ちます。

ちょうど、黒い髪にくっついている白いフケのようなもので、放っておくわけにはいきません。

みっともないからです。 

 

ブラック塗装されたホイールはタイヤが引き締まってかっこよく見えるものの、シルバーにくらべて傷が目立ちやすい点が玉に瑕だといえるでしょう。

 

 

補修ペンを使うメリット

補修ペンがあれば、自宅でいつでもホイール傷を隠せます。

 

わざわざカーショップやディーラーまで出向き、高い工賃を払う必要がありません。

ペンを使えば最小限のコストでホイールについた傷を隠せるため、経済的です。

 

f:id:MORIKO:20210627112330p:plain

それから、ボールペンとおなじペンの形状をしているので、扱いが簡単です。

 

まるで油絵を描くように、筆やハケを使ってホイールへ塗料を塗るわけではありません。

技術はいっさい不要で、器用さに自信がなくても扱えます。

 

もし補修に初めてチャレンジするとしても、専用のペンを使えば納得の仕上がりとなることでしょう。

失敗するリスクがない、DIY未経験者でも歓迎だ、ということです。

 

それから補修ペンには、ホイールの錆を防ぐ効果もあります。

ただホイールについた傷を隠して、目立たなくするだけではありません。

 

フェンダーについた傷を放っておくと錆びるように、ホイールの損傷部分は金属が剥き出しになり、サビが生じやすくなります。

つまり、対処しないと事態はますます悪化する、ということです。

 

f:id:MORIKO:20210627112745p:plain

虫歯とおなじで、放っておいて自然に治ることはありません。

処置しなければ悪化の一途をたどります。

 

補修ペンでサッと塗ってホイールの傷を目立たなくし、おまけにサビも防ぐのか、あるいはホイールの傷を放置しておいて愛車ヴォクシーをみっともなくするのか、ちょうどここが分かれ目です。

 

こちら、 シルバー部分用の補修ペンです。

100年以上の歴史を持つホルツ製なら、その品質・扱いやすさになんら心配はありません。

 

こちら、ブラック部分用の補修ペンです。

上とおなじホルツ製の色違いです。

 

Amazonではこちらのタイヤワックスがよく売れています。

タイヤの艶出しや保護に役立つアイテムです。

 

以上、ヴォクシーのアルミホイールについた傷を補修する方法でした。

【結論】ホイール専用の補修ペンを買って、ササッと塗るだけ。傷の箇所に応じて、シルバーとブラックを使い分ける。もし両方に傷がついている場合にはそれぞれ2本必要。ホイールにはどうせ傷がつくので、この際2本まとめて買っておくのもアリ。そうすれば今後また傷ができても、錆が生じる前にすぐ対応できる。