車のホイールの「小キズ・塗装剥がれ」を自分で直す方法。必要なのは補修ペン1本だけ

f:id:MORIKO:20220405135754p:plain

車のホイールにできた小傷や塗装の剥がれは、自分の手でサッと修復しましょう。

 

傷をそのまま放っておくのはみっともないですし、サビの原因にもなります。

かといって、ディーラーで直してもらうほどの大ごとでもありません。

 

ホイールの小傷・塗装剥がれに対処するには、市販の補修ペンが1本あればじゅうぶんです。

補修ペンはカーショップやホームセンターに売っているほか、Amazonなどのネット通販サイトでも購入できます。

 

f:id:MORIKO:20220405140239p:plain

「でも、修理の経験なんてない……」

そう心配している方がいるかもしれません。

が、作業はいたって単純なので、メンテナンスが初めてでも、どんなに不器用でも大丈夫です。

 

2〜3分でササッと補修ペンを走らせて、ホイールの傷を目立たないようにしましょう。

 

この記事では、

  • 補修ペンで隠せるキズや剥がれとは?
  • 大きなガリ傷にも対応できる?
  • 補修ペンの使い方は?

など、「自動車のホイールにできた小傷・塗装剥がれに自分で対処する方法」をわかりやすく解説します。

補修ペンを使いこなすため、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

車のホイールにできた小傷・塗装剥がれは自力で補修しよう

f:id:MORIKO:20220405135233p:plain

タイヤのホイールは地面に近いため、クルマのなかでも傷がつきやすい箇所だといえます。

たとえば、

  • 飛び石が当たる
  • 縁石に擦る

などして、気づかないうちに小傷がついていたり、塗装が剥がれていたりするものです。

 

シンクにつく水垢とおなじで、車のアルミホイールにつく傷は防ぎようがありません。

 

だから、ホイールに小傷を見つけるたびに落ち込んでいたらキリがないのです。

大切なのは、気をつけて運転することではなく(飛び石は避けられない)、傷ができたら自分で対処することです。

 

f:id:MORIKO:20220405140703p:plain

事前の予防が難しいなら、事後の補修を頑張るしかないといえるでしょう。

ちょうど、地震を未然に防ぐことはできなくても、災害に備えて水や食料は準備しておけるのとおなじです。

 

備えあれば憂いなし、です。

補修ペンさえ持っていれば、ホイールの傷や塗装剥がれに怯えることはありません。

 

ぜひ「補修ペンを使って自力でホイールを塗装するスキル」を身につけましょう。

ソリンスタンドやカーショップなどでプロに依頼して、小さなホイール傷の補修に「数千円」を支払うことはないのです。

 

補修ペンの使い方

f:id:MORIKO:20220405141051p:plain

世の中には、「ホイール専用の補修ペン」という便利アイテムが売っています。

価格は1本あたり700〜900円程度です。

 

見た目はマジックに似ており、ペン先でホイールの傷を塗るだけで、塗装の剥がれを目立たなくできます。

 

アルミホイールの色が、

  1. シルバー
  2. ブラック

どちらであっても問題ありません。

シルバーにはシルバー専用の、ブラックにはブラック専用の補修ペンが売っています。

愛車のホイールに応じてお選びください。

 

補修ペンの使い方はいたって簡単です。

ホイールの傷や塗装剥がれをペンでグリグリと塗りつぶすだけでOKです。

 

f:id:MORIKO:20220405141424p:plain

塗った箇所はすぐ乾くため、「雨風を凌げるガレージで1日保管」などしなくても大丈夫です。

 

作業をたとえるなら、木製の本棚やベッドフレームにできたキズを「茶色い補修ペン」で塗って隠すようなものです。

集中力や器用さ、経験は必要ありません。

だから、メンテナンス初心者でも心配無用です。

 

もちろん、「雨や洗車で色落ちしてしまう」なんてことはありませんのでご安心ください。

 

「塗ってごまかすだけか……傷を直せるわけじゃないんだ……」

そうガッカリした方がいるかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20220405141817p:plain

が、補修ペンで塗ったホイールは「どこに傷があったか/どの部分の塗装が剥がれていたのか」がわからないほど綺麗になります。

遠目からだけでなく、近づいて見ても、補修箇所を探し当てるのは困難です。

 

どこに傷があったか自分でも見つけられないなら、これ以上の完璧さを求める必要などないといえるでしょう。

というのも、自分にも他人にもわからない傷など「存在しないも同然」だからです。

 

ちなみに補修ペンで消せるのは、

  • 小傷
  • 小さな塗装剥がれ

こうした些細なダメージだけです。

 

f:id:MORIKO:20220405142542p:plain

たとえば、縁石にぶつけてできたような派手な「ガリ傷」は、補修ペンでは消せません

ホイールが深く削れてえぐれていたら、まずはパテを使って溝を埋める必要があります。

 

パテによる補修というのは、ちょうど、欠けた茶碗を金継ぎして直す作業に似ています。

 

補修用のパテも市販されていますので、傷が深い(ホイールが削れている)場合には、ひとまずパテを使ってみてください。

 

「深さ1mm程度の軽微なキズ」なら、補修ペンで塗るだけで隠せます。

 

 

ホイール専用の補修ペンはどこで買える?

ホイール専用の補修ペンは、特殊なモノではないので、近所のカーショップやホームセンターでも取り扱っています。

 

f:id:MORIKO:20220405142949p:plain

ただし、場合によっては売っていなかったり、品切れ中だったり、欲しい色(たとえばブラック)だけが置いてなかったりすることもあります。

できれば、店舗へ行く時間やガソリン代をムダにしたくありません。

 

もっとも確実なのは、ネットショッピングで補修ペンを手に入れることです。

たとえばAmazonで注文すれば、送料無料で自宅まで届けてもらえます

 

Amazonでは、ホルツ(大手メーカー)のホイール用補修ペンが売れています

ホイールがシルバーなら、こちらの商品でバッリチ補修できます。

 

ブラックはこちらです。

注文時に色を間違えないようご注意ください。

 

ホルツの補修ペンの特徴は、

  1. 光沢
  2. 防錆
  3. 耐候性

これらに優れていることです。

ただキズを直すだけでなく、美しい仕上がりで、錆を防ぎ、効果が持続する、それがホルツの補修ペンを使うメリットです。

 

f:id:MORIKO:20220405144904p:plain

どのメーカーの商品を買おうか迷ったら、ホルツを選んでおけば間違いありません。

 

ホイールの傷が深い場合には、こちらのパテを使ってみてください。

新しいホイールに買い替える前に、パテによる修復を試してみる価値はあります(ホイール代ウン万円の出費を抑えられるかもしれない)。

 

最後にひとつだけ……ホイールの傷を「放っておく」という選択肢はありません。

なぜかというと、塗装が剥がれた箇所が雨水などに触れ、ホイールにサビが生じる恐れがあるからです。

 

f:id:MORIKO:20220405143648p:plain

善は急げです、ホイールについた傷は補修ペンでサッと塗装しましょう

今回使った補修ペンが自宅にあれば、今後またホイールに傷ができても「またか……直すか」と落ち着いて対処できるはずです。

 

以上、自動車のホイールにできた小傷・塗装剥がれに自分で対処する方法でした。

【結論】ホイールの傷はみっともないし、放っておくと錆の原因になる。補修ペンで塗るだけで対処できるので、自分の手で作業してみよう。Amazonで補修ペンを注文する。届いたらホイールを塗る。この2ステップで問題は解決する。転んで擦りむいた膝を消毒して、絆創膏を貼るようなもの。技術も経験も不問。初めてでも安心。

 

ネット通販サイトAmazonでは、SOFT99のコンパウンドセットが売れています。

こちらはホイールではなく「ボディの小傷」を消すための商品です。

たとえば、

  • ドアノブまわりの引っ掻きキズ
  • ドアミラーについた小キズ

など、気になっていたキズをホイールの補修とあわせて直してみませんか?

 

www.shortshortshort.jp

安いクルマに乗るお金持ちの思考について、当サイトにはこんな記事があります。

 

www.shortshortshort.jp

飛び石被害のリスクを下げる方法に関して、当サイトにはこんな記事があります。