ネットカフェでブログを執筆してみた感想|集中できない

f:id:MORIKO:20181209160758j:plain

  • インターネットカフェって執筆環境としてどう?
  • 記事の作成に集中できる?

というブロガーに向けて書きました。

 

まず結論を言いますと、ネットカフェ(漫画喫茶)は私には合いませんでした。

その理由をすべてご紹介します。

 

 

ネットカフェのここは良い

まずは執筆をするうえでメリットだと感じた部分を書いてみます。

 

個室ブースは集中できる

個室ブースはかなり集中できます。四方を仕切りに囲まれていて、周囲の目を気にする必要がありません

 

おしゃれなカフェだと、

  • 可愛い女子がいて気になる

という最大の脅威がありますが、ネットカフェならそんな心配はご無用。仕切りのおかげで何も見えませんから、煩悩を断ち切って目の前の作業に集中できます。

 

あまりに快適だったので、「ネットカフェのような個室ブースが自宅にも欲しいなぁ」とまで思ってしまいました。

パーテーション(ついたて)を購入すれば自作できそうです。が、パーテーションってけっこう高い。正面と左右で3枚は必要になって、安い物でも1枚5千円。計1万5千円。

 

そのお金で何回ネットカフェに行けれるんだっていう。

 

飲み物がたくさん飲める

ネットカフェは基本ドリンクが無料ですから、ガブガブ飲めちゃいます。執筆に疲れたときの気分転換に最高ですね

ジュースを飲んで脳にエネルギー補給。眠たくなったらコーヒーでスッキリ。とても便利です。

 

ネットカフェのここは悪い

さて、ここからは悪口エリアに突入します。私が感じたデメリットはこのようなものでした。

 

清潔感がない

まず1つ目は清潔感の欠如です。

「不潔だ!」といいたいわけではありません。

 

  • 不潔:ほんとうに汚い(事実)
  • 清潔感がない:なんか汚そう(イメージ)

 

ようするに「実際はどうなのか知らんけど汚っぽく感じてしまうんよ」ということです。

 

キーボードには手垢がついていて、ソファには汗が染みこんでいて……うわぁー!

となりました。発狂寸前です。執筆どころじゃありません。

 

けっして潔癖症ではない私がこうなってしまう要因としては、

  • 店内が薄暗い
  • 清潔感のない客が多め

といったことが挙げられます。

 

「後者は偏見なんじゃないの?」といわれたらその通りです。

でも、トイレですれ違った彼は手も洗わずに……。ねぇ? 

 

うるさくて集中できない

たまたま運が悪かったのか、私が使用していた個室ブースは最悪の立地でした。

 

まず、お隣さんが謎のゲーム

ヘッドフォンをつけているようですが、音がダダ漏れ。ヘッドフォンの意味なし。しかも聞こえてくるのは萌え萌えボイス。「いっけぇ〜♪」みたいなのが延々です。

どんなゲームやねんっていう。

で、キーボードを猛烈にカチャカチャかき鳴らす。「いっけぇ〜♪」カチャカチャ「いっけぇ〜♪」カチャカチャ「その調子ぃ〜♪」カチャカチャ……勘弁してください。

 

それから、お向かいさんが謎に爆睡

「君はいったい何をしに来たんだい?」というレベルでずっと寝てました。で、ずっといびきを聞かされるっていう。

私は小心者なので注意できません。「よし、隣のアンタ。頼んだ!」といいたいところですが、あいにく「いっけぇ〜♪」がこだましており、いびきなど耳に入っていません。

 

周囲のお客次第では、ブログの執筆どころじゃなくなります。せっかくお金を払って利用しているのに、肝心なところが運任せってのは微妙ですね

 

マンガが誘惑してくる

トイレへ行くとき、ドリンクをおかわりに行くとき、大量のマンガが目に飛びこんできます。この誘惑に勝てるかどうかが重要です

 

ちなみに私は、「お隣はいっけぇフェスティバルだし向かいは爆睡カーニバルだしブログはもういいや」となり、がっつりマンガを読んで過ごしました。

やれやれ、何をしに行ったんだか。

 

まとめ:ネットカフェはもういい

ネットカフェはもういいです。ちなみに利用はこれが初めてではありません。10回以上は使ったことがあるんです。

ただ、過去のはすべて「いっけぇ〜♪」側だったんですね。ようするにオンラインゲーム目的。

 

今回初めてブログの執筆というミッションで訪れてみましたが、インポッシブルでした。理由は書いた通りです。

 

ま、何事も経験ですからね。これからも快適な執筆環境を探し求めてゆく所存です。

いっけぇ〜私♪

 

こんな執筆場所はいかが?

ブログや原稿の執筆にオススメの場所6選