デート中に助手席の女性が寝た。これって脈なし?

f:id:MORIKO:20190922162642p:plain

この記事では「デート中に助手席で寝てしまう女性は脈ナシなのか」について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

デート中に女性が助手席で寝てしまった

デートの最中に、女性が車の助手席で寝てしまったとします。

 

男性からしたら「脈ナシなのか?」と不安になりますよね。

デート中に寝てしまうのは退屈さの表れのようにも見えますし。実際のところはどうなのでしょう?

 

何回目のデートなのか

f:id:MORIKO:20190922163043p:plain

まず重要なのは、女性が寝てしまったのが「何回目のデートだったか」ということです。

 

何度もデートを重ねている相手であれば、すでに心を許していると考えらえ、リラックスして寝ている可能性もじゅうぶんあります。

 

問題なのは初デートで女性に寝られてしまった場合ですね。

これは残念ですが「脈ナシ」と考えていいでしょう。初デートは緊張するものですし、あなたに好意があれば寝るようなことはまずありません。

 

退屈でとくに話すこともない、あるいは会話をするのが面倒になったため、助手席で眠ってしまった(寝たフリをしている)のだと考えられます。

残念ではありますが。

 

ひとこと断りを入れる

ただし「眠くなっちゃったから少し寝るね」などの断りが女性からあれば、まだ脈がある可能性が残っています。

 

本当に眠たくなってしまった場合、ふつうはドライバー(あなた)にひとこと断りを入れてから寝ますよね。 

もしかすると、あなたとのデートに緊張して前夜によく眠れなかったのかもしれません。

「ちょっと寝るね」があれば、諦めるのはまだ早いといえます。

 

 

無言で寝てしまったら

f:id:MORIKO:20190922163249p:plain

女性が無言で寝てしまった場合には、望み薄です。

やはりあなたとのデートが退屈で、時間を無駄にしたと感じており、もうどうでもいいやと思い眠ってしまった可能性があります。

デートが盛り上がっていれば、ふつうはもっとたくさん話したいと思いますからね。

 

こうした状況で空気も読まずに「寝顔可愛かったよ」なんていおうものなら、女性はまちがいなくドン引きします。

まさかこんなセリフを発していないとは思いますが、念のため。

 

ポジティブに解釈するなら

女性が助手席で寝てしまう理由は「退屈だから」だけではありません。

ポジティブに解釈すれば、あなたの運転が上手だったから、ともいえます。

 

f:id:MORIKO:20190922163524p:plain発進や停止が丁寧で同乗者にとって心地よい運転であれば、自然と眠くなってしまうことも考えられるでしょう。

紳士的な運転にリラックスし、眠ってしまった可能性もありますね。

 

まとめ 

f:id:MORIKO:20190922163802p:plain

女性が助手席で寝たのが「初デート」での出来事でなければ、脈ナシと判断する必要はないでしょう。

 

そもそも、2人だけでデートができている時点である程度の可能性はあります

2回以上デートをしているともなれば、脈アリの可能性はさらに高まります。

 

女性が助手席で寝てしまったことについても、

  • 運転が穏やかで上手だから
  • あなたといて落ち着くから
  • デートの緊張で眠れなかったから

などの前向きな理由が考えられますよね。

 

ですので、意中の女性が「助手席で寝た」だけで脈ナシと判断してしまうのは早計です。

脈が無いなどと焦ることなく、「疲れていたらリクライニングして寝ていいよ」くらいの気遣いをしてあげたいものです(そしてラジオや音楽のボリュームを下げる)。

 

女性が寝てしまったことがどうしても気になるなら、さりげなく「疲れてるの?」などと訊いてみるのがいいでしょう。

 

以上、デート中に助手席で眠ってしまう女性は脈ナシなのか、でした。

男性には車に関するこんな記事もおすすめです。