鳥羽水族館は1時間で回れるのか。滞在時間について

f:id:MORIKO:20190922092918p:plain

この記事では「鳥羽水族館は1時間で回ることができるのか」を書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

鳥羽水族館は1時間で回れない

f:id:MORIKO:20190922093047p:plain

三重県にある鳥羽水族館は、飼育種類日本一を誇る水族館です。

つまり、めちゃくちゃ多くの生き物が観れるわけですね。

 

そんな鳥羽水族館を、はたして1時間で回ることができるのでしょうか。

結論からいえば、1時間では回り切れません

鳥羽水族館をじっくり楽しむためには、最低でも2時間は必要です。

 

「本当に入館しますか?」と訊かれた

f:id:MORIKO:20190922093254p:plain

鳥羽水族館に着いたのがちょうど16時でした。この日の閉館は17時です。

駐車場の入り口で私たちは、係員のおじさんから「残り1時間ですけど本当に入館しますか?」と訊かれます。

たぶんおじさんは内心で「1時間じゃ無理だよ帰りな」と思っていたことでしょう。

 

なんの根拠もなく「大丈夫です」と伝えて入館しましたが、結果としてまったく大丈夫ではありませんでした。

鳥羽水族館をナメていました。1時間ではまったく足りませんでしたね

 

ラッコの餌やりで25分

f:id:MORIKO:20190922093449p:plain

所要時間が1時間しかないにも関わらず、そのうちの25分をラッコの餌やり鑑賞に費やしてしまったのは失敗でした。ペース配分を完全にまちがえました。

 

「ラッコの餌やり」と聞いていたのに、実際には餌やりというよりもショーだったのです。

飼育員のおじさんとの息ぴったりのショーに釘付けになってしまい、アクロバティックに餌を食べるラッコに、ただただ見惚れてしまいました。

とはいえ、ラッコの餌やりがなかったとしても1時間で回るのは不可能でしたが。

 

 

鳥羽水族館には最低でも2時間割くべし

f:id:MORIKO:20190922093614p:plain

もし三重観光に鳥羽水族館を組み込むのであれば、滞在時間は最低でも2時間を見ておくべきでしょう

 

スケジュールに余裕があれば3時間ほどあるといいですね。3時間あればゆったりと館内を回れます。

なお、ネット上で鳥羽水族館の平均滞在時間を調べてみたところ、一番多いのが2〜3時間となっていました。やはりこれくらいは必要ですね。

 

鳥羽水族館は駐車場代(800円)も入館料(1人2500円)も高いので(※2019年9月現在の料金)、1時間で立ち去るのはもったいないといえます。

もし1時間しかなければ、入館しないほうがいいかもしれません。

 

閉館時刻になるとどうなる?

f:id:MORIKO:20190922093901p:plain

閉館10分前になると、館内に閉館を知らせるアナウンスが流れ始めます。

これでほとんどのお客が出口へと向かいます。

 

閉館時刻になるとスタッフが立って通路を塞ぎ、他のエリアに移動できないよう規制していました。

つまり、出口方向にしか進めないようになるわけです。

「閉館後も10分くらいなら大丈夫」などということはなく、閉館時刻きっかりに出なければならない雰囲気でした

 

まとめ

f:id:MORIKO:20190922094101p:plain

鳥羽水族館を回るのにかかる所要時間について書いてきました。

はっきりいえるのは「1時間では足りない」ということです。

小さな水族館であれば1時間程度ですべて回ることも可能ですが、飼育種類日本一を誇る鳥羽水族館はムリです。

 

ぜひ時間に余裕を持って訪れることをおすすめします。

以上、鳥羽水族館は1時間で回れるのか、でした。

なお、「水族館に1人で行くとどうなるのか」を知りたい方は以下の記事がおすすめです。

 

こんな記事も読まれてます

一人で水族館に行ってみた20代男の感想