「PayPayで」とレジで店員に伝えるのは恥ずかしい?

f:id:MORIKO:20191027195607p:plain

スマホ決済アプリのPayPayを使用するときに「ペイペイで」と店員に伝えるのを恥ずかしく思う人がいるようです。

 

そこでこの記事では「PayPayと口にするのは恥ずかしいのか」を書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

「PayPayで」は恥ずかしいのか

f:id:MORIKO:20191027195855p:plain

恥ずかしいかどうかは人によりますね。

私はペイペイを利用していたことがありますが、恥ずかしいと感じたことは一度もありません

堂々と「ペイペイでお願いします」と伝えていました。

 

「はい?」と店員に聞き返されても、臆することなく「ペ・イ・ペ・イ・です」と繰りかえします。

 

ペイペイを恥ずかしく思う人は、なんというか、ちょっと考え過ぎではないでしょうか。

放送禁止ワードを口にしているわけではありませんし、誰も気にしていません。

恥ずかしがらずに「ペイペイで」と伝えればいいのです。

 

映画『おっぱいバレー』のほうが恥ずかしい

f:id:MORIKO:20191027200040p:plain

ペイペイなんかよりよほど恥ずかしいのが映画『おっぱいバレー』です。

綾瀬はるか主演で2009年に劇場公開されました。

 

このとき「チケットを買うときに作品名を伝えるのが恥ずかしい」というのが世間でちょっとした問題になったんですよね。

まぁ、容易に想像できることですが。

 

で、どうしたかというと、「OPV」と伝えればチケットを買えるようにします、ってな対処法をとったわけです。

当時はまだ自動券売機が普及していませんでしたから、窓口に行き、受付のお姉さんに「OPVの一般を1枚ください」なんて伝える。

そうすれば見事『おっぱいバレー』のチケットを入手できる、と。 

 

OPVは「私はおっぱいバレーと発音するのが恥ずかしいんです」ということまで劇場スタッフに伝わってしまうので、余計に恥ずかしい気もしますけどね。

これに比べたら、ペイペイの恥ずかしさなど取るに足りません。

 

 

ローソン「でからあげクン」のほうが恥ずかしい

f:id:MORIKO:20191027200131p:plain

あるいは、ローソンの「でかあらあげクン」のほうがペイペイよりよほど恥ずかしく思います。

デカいからあげクン、縮めて「でからあげクン」ですからね。

こんなに恥ずかしいネーミングはありません。

 

からあげクン大などにしてくれればいいものを、あえて「デカ」という表現を使ってしまうあたり。

消費者に配慮してほしいものです。

「でからあげクン」といいたくない私は、「からあげクンの大きいヤツ」と伝えています。

 

富士Qハイランドのメンラーのほうが恥ずかしい

f:id:MORIKO:20191027200355p:plain

富士Qハイランドのレストランで、ラーメンがすべてメンラーと表記されていたことがあります。 

醤油メンラー、味噌メンラー、塩メンラーという具合に。

 

恥ずかしかったものの、勇気をふりしぼって「醤油メンラーください」と店員に伝えました。

店員は厨房に向かって「醤油ラーメン1つ!」と私のオーダーを伝達。

ふざけんなよ、と思いましたね。いっしょにいた友人たちは爆笑していました。

 

この恥ずかしさに比べたら、ペイペイのそれなど屁でもありません。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191027200840p:plain

口にするのが恥ずかしいネーミングは、企業側の配慮不足であるといえます。

史上最悪なのは『おっぱいバレー』でしょうが。

 

私はPayPayを恥ずかしく思ったことがありませんが、なかには「ペイペイなんて言いたくない」と感じるユーザーもいるようなので、なんとも微妙なところですね。

ネーミングが悪いのか、ユーザーのプライドが高いのか。

 

なんにせよ、「でからあげクンをペイペイで」というくらいなら、昼ごはんを抜きにしますね、私は。

 

以上、「PayPayで」とレジで店員に伝えるのは恥ずかしいのか、でした。

もしどうしても恥ずかしい人は、他のスマホ決済アプリに乗り換えるのがおすすめです。