「後方録画中ステッカー」はダサいし失礼【煽り運転対策らしいが】

f:id:MORIKO:20200317172406p:plain

車のリアガラスに「後方録画中」と書かれたステッカーを貼っている人がいます。

あれがなぜダサいのかを考えてみました。

 

この記事では、

  • 後方録画中のステッカーはなぜダサいのか
  • 煽り運転の抑止力になっているのか

など、「後方録画中ステッカーのダサさ」について書いていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

後方録画中ステッカーのダサさ

f:id:MORIKO:20200317172139p:plain

後方録画中のステッカーは、煽り運転被害を避けるためのモノです。

 

こういうステッカー。 

 

ドライブレコーダーで録画していることを後方ドライバーに伝え、「煽ってきたらバッチリ映っちゃうよ」と暗に警告し、接近させない狙いがあります。

 

私たちはなぜ前方車に貼られた「後方録画中」のステッカーを見ると、バカにしたくなるのでしょう?

 

自分が加害者扱いされていることへの苛立ち

f:id:MORIKO:20200317172539p:plain

後方録画中のステッカーをバカにしたくなるのは、自分が加害者扱いされているからかもしれません。

 

あなたが危険運転とは無縁のドライバーでも、ステッカーは「煽るなよ」と警告してきます。

当然、良い気分はしませんよね。

 

善良なるドライバーに向かって煽るなよとは何だね、えぇ?ってなもんです。

 

そんな苛立ちは、「見下す」という形で表面化します。

つまり、「ダサいステッカーだなぁ。あんなの貼ってて恥ずかしくないのかね」という悪口となって現れるんですね。

 

この悪口で、前方のドライバーに反撃できます。

一方的に危険人物扱いをされたままの、胸糞悪い状況から脱出できます。

 

だから私たちには、理不尽なジャッジメントへの反抗心として、「ダサい」という感情が芽生えるのではないでしょうか。

 

 

「後方録画中」を深読みしすぎ?

「後方録画中としか述べていないんだから、煽り運転云々はそっちの被害者妄想では?」

そう考える方もいるかと思います。

 

f:id:MORIKO:20200317173008p:plain

が、 後方録画中のステッカーは紛れもなく煽り運転防止を目的にしています。

つまりあれを貼る人は、後方のドライバーを信用せず、無差別に牽制しているわけです。

 

そうでなければフロントに「前方録画中」のステッカーを貼っていない理由を説明できません。 

まさか後方にしかドライブレコーダーがついていないわけではないでしょうし。

 

他意がなく、事実を伝えているだけだとしたら、「前方録画中」も貼っていなければ辻褄が合わないのです。

 

したがってあのステッカーは、こちらに対する敵意の表れだと断言していいでしょう。

その敵意に対して「ダサい」というクレームで対抗するのは、正当防衛です。

 

私たちの性格が悪いのではありません。

悪いのは、ステッカーを貼るドライバーの性格と、ステッカーのセンスです。

 

後方録画中のステッカーは剥がすべき

f:id:MORIKO:20200317173107p:plain

後方録画中のステッカーにより、煽り運転被害に遭うリスクは下がるかもしれません。

無意味ではないでしょう。

 

がしかし、自分自身が後方ドライバーの気分を害する「加害者」になっていることを自覚すべきです。

「自分が煽られなければそれでいい」というのはエゴ。

他者を不愉快にしてまで貼る価値など、あのステッカーにはありません。 

 

勝手に撮影しないで欲しい

f:id:MORIKO:20200317173458p:plain

あるいは、「勝手に撮影されている」ことに居心地の悪さを感じる人もいるはずです。

 

プライバシーを侵害されているような気分になりますよね。 

「アンタに後方を録画する権利があるのかよ?その映像をどうする気だ」ってな具合です。

(うかつに鼻もほじれない) 

 

なんにせよ、後方録画中のステッカーは平和ではありません。 

「ダサい」という批判の裏側には、

  • 不当に危険人物扱いされた怒り 
  • プライバシーを侵害された憤り

といった不満があるのです。

 

ステッカーは剥がしましょう。 

剥がして丸めて捨てましょう。後続ドライバーにたいして失礼です。

後方録画中などという物騒な文字は、誰も見たくありません

 

以上、後方録画中ステッカーのダサさについてでした。

 

www.shortshortshort.jp

煽り運転対策はステッカーのほかにもあります。