煽られにくい車の特徴は3つ【高級・デカい・関わりたくない】

f:id:MORIKO:20200315192612p:plain

後続車ドライバーに煽り運転をされると不快ですよね。

煽られないためのベストな方法は、煽られにくい車に乗ることです。

 

この記事では、

  • 煽られない車の特徴
  • 買い替えずに煽られにくくする方法

など、「煽られにくい車の特徴」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

煽られにくい車の特徴

f:id:MORIKO:20200315191559p:plain

煽られにくい車とはすなわち、「舐められない車」です。

周りから舐められない車に乗っていれば煽られません。

 

舐められない車には3つの要素があります。

  1. 高級であること
  2. サイズが大きいこと
  3. 関わると面倒くさそうなこと

以下、詳しくご説明します。

 

1. 高級車は煽られない

f:id:MORIKO:20200315193002p:plain

値段が高い車、高そうに見える車は煽られにくい傾向にあります。 

なぜなら、ぶつけたらマズそうだから

 

追突して高額な修理費用を請求されたら困ってしまいますよね。

ゆえに、高級車は煽られません。

 

実際に高額でなくとも、高そうに見える車であればOKです。

たとえば50万円で買った中古のメルセデス・ベンツなど。

ベンツすなわち高級車というイメージを抱いている人は多く、車線変更時に譲ってもらいやすいなど、優遇されがちです。

 

ベンツに乗っているだけで周囲が気を使って走ってくれます

煽られることは滅多にありません。

 

4000万円のランボルギーニ・アヴェンタドールや、5600万円のロールスロイス・ファントムを煽ってくるドライバーはいないでしょう。

 

 

2. 大きい車は煽られない

ボディサイズが大きい車も煽られにくい傾向にあります。

なぜなら、威圧感があるからです。

 

f:id:MORIKO:20200315193451p:plain

大きな車というのは、SUVやミニバンなどですね。

 

威圧感に加えて、前方が見にくいこともあるでしょう。

大きなボディが後続車ドライバーの視界を遮るため、前方を確認しにくくなり、車間を取らざるをえないのです。

 

コンパクトSUVよりは、本格派SUV。 

もっといえばアメリカの車が最強です。 

フォード、ハマー、ジープなど。抜群の威圧感が後続車を遠ざけます。

 

メルセデス・ベンツGクラスなどの高級かつデカい車に乗れば、煽り運転被害とは無縁のカーライフを送れることでしょう。

 

3. 関わりたくない車は煽られない

f:id:MORIKO:20200315194146p:plain

最後は「関わりたくない車」です。

 

関わりたくない車というのは、

  • 運転が荒い
  • 改造している
  • ヤクザっぽい
  • マフラー4本出し
  • ボディがステッカーだらけ
  • リアガラスのスモークがキツい

など、「常識や話が通じそうもない雰囲気を醸すクルマ」のことです。

 

こうした車にたいしては防衛本能が働くためか、誰も煽ったりしません。

煽るドライバーがいるとすれば、同ジャンルに属している人くらいでしょう。

 

ただならぬ雰囲気を醸して後続車ドライバーを牽制する。

この方法で煽り運転を避けるなら、

  • お金のかかる高級車
  • デカくて運転しにくい車

は不要です。

 

買い替えなくとも、愛車をヤンキー仕様に変身させるだけでOK。

この車のドライバーは頭がおかしそうだ」と周囲に思わせるのがポイントです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200315194607p:plain

煽られにくい車の特徴をご紹介してきました。

  1. 高級
  2. デカい
  3. 関わりたくない

以上の3つです。

どれか1つでも効果的ですし、3つ兼ね備えていれば敵なしです。

 

3つすべての要素を持っている自動車は、アメリカのハマーですね。

(2010年に生産終了。デカすぎて本場アメリカでも受けなかったか)

 

ハマーは高そうに見えますし、尋常でないサイズですし、危なそうな香りがプンプンします。

 

後続車に接近されるのがイヤな方はハマーをお買い求めください。 

ただし、狭い日本の道路では苦労すること必至ですが。

 

以上、煽られにくい車の特徴でした。

煽り運転対策として「後方録画中」のステッカーを貼るのはおすすめしません。

なぜなら、ダサいからです。

 

www.shortshortshort.jp

高級車であるポルシェ911を運転して、煽られるかどうかを検証しました。

 

www.shortshortshort.jp

ホンダS660は煽られまくりでした。 

 

www.shortshortshort.jp

煽られた際の対処法はこちらです。