知らなきゃ損!煽り運転へのオススメ/NG対処法3選

  • 後続車に煽られることが多い
  • 煽られたらどうすればいい?

こんな悩みをお持ちではありませんか?

 

この記事では、煽り運転をされてしまったときのオススメ対処法と、やってはいけない対処法をご紹介します。

 

最後まで読めば、後続ドライバーを刺激しない安全でスマートな解決法を身につけられることでしょう。

 

 

煽り運転へのNGな対処法

まずはやってはいけない対処法から見ていきましょう。

煽られるとついついカッとなってしまうものですが、深呼吸をして、冷静な対応を心がけてくださいね。

 

NG1. スピードを上げる

煽らるとムキになって、スピードを上げて後続車を撒こうとする人がいます。

「よくも煽ったな!このスピードについてこれんのか!?」という感じですね。

 

この対処法がNGの理由は、

  • 事故を起こす危険性がある
  • スピード違反
  • 相手の思うツボ
  • たいてい撒けない

といったものが挙げられます。

 

事故を起こす危険性

f:id:MORIKO:20190602142041p:plain

スピードを上げると事故を起こすリスクが高まりますよね。

カーブを曲がり切れなかったり、対向車線にはみ出してしまったり、一時停止を見落としたり、脇道から出てきた車と衝突したり。

 

事故を起こせばあらゆるものを失います。ぜったいに一時の感情に流されてはいけません。

 

スピード違反

煽ってきたドライバーを撒こうと爆走して、自分だけスピード違反で警察に捕まったらどうでしょう。

そんなの最悪です。たとえ煽られたとしても、法定速度を超過するのはNGです。

 

煽りドライバーの思うツボ

煽り運転は「もっと速度を上げろ」という後続車ドライバーからのメッセージです。

素直に速度を上げてしまったら相手の思うツボ。従う理由はどこにもありません。

 

たいてい撒けない

煽ってくるドライバーはかなり飛ばす人が多く、撒こうとしてもピッタリついてくることがほとんどです

公道はサーキットではないので、「返り討ちにしてやる」などという闘志は燃やさないに限ります。危険です。

 

NG2. 急ブレーキを踏む

f:id:MORIKO:20190602142140p:plain

煽られているときに急ブレーキを踏む人もいますよね。

「後続車を威嚇してやろう」だとか「近いんだよ」だとか、そんなことを考えた行為だと思います。

 

しかし、急ブレーキは煽りドライバーをいっそう怒らせてしまう危険性があります。

なかには「踏めるもんなら踏んでみろ」と言わんばかりにいっそう接近してくる運転手もいます。

そんな状態で急ブレーキをかけたら、ほんとうに追突事故が起こってしまいます

 

煽られても余計なことをしない。刺激しない。ぜひ大人の対応でやり過ごしましょう。

 

煽りドライバーとの事故

急ブレーキを踏んで追突事故が起こってしまったとします。

煽ってくるようなドライバーとの事故を想像してみてください……。ぜったいに面倒くさいことになると思いませんか?

 

"売り言葉に買い言葉"だけは避けたいものです。

 

NG3. 車から降りて注意する

f:id:MORIKO:20190602144414p:plain

煽られた際に、降りていって注意する人もいます。

「近いだろ!」とか「どういうつもりだ!」とかそんな感じです(すごい度胸)。

 

これもオススメしません。なにがあるか分かりませんからね。

逆上したドライバーに殴られたり、刃物を持っていて刺されたり。そんな事件も実際に起こっていますし、むやみに関わらないのが賢明です。

 

煽り運転へのオススメ対処法

ここまではNGの対処法を見てきました。

それぞれに共通しているのは「挑発に乗ってしまう」ということです。

 

ここからはオススメの対処法をご紹介します。

煽り運転をされてもカッとならず、安全に、そしてスマートに解決しましょう。

 

OK1. 路肩に車を止める

f:id:MORIKO:20190602142240p:plain

もっともオススメなのは、路肩に車を止めて先に行かせることです

「あ、煽られてる」と気づいたら徐々に減速をしながらウインカーを出します。路肩に停車して道を譲りましょう。

 

なるべく抜かしやすいように、見通しのいい場所で車を止めるのがポイントです(峠道のカーブで譲ると嫌がらせみたいになってしまい、面倒なことになります)。

 

ドライブレコーダーなどの証拠がある、あるいはナンバープレートを確認したならば、すぐ警察に連絡してください

 

通報をすれば、警察から直接相手のドライバーに連絡が入ることがあります。

「あなた煽り運転しましたね?状況を説明してもらえますか?」という具合です。

(電話がかかってきた知人がいるので事情に詳しいんです。……コラッ)

 

OK2. 店に入る

「路肩に止めるのはなんだか悔しい」

そんな人もいるかと思います。あからさまに白旗を上げたくない、と。

 

であれば、コンビニなどの駐車場に入る、という対処法をオススメします。

道を譲ることに変わりないものの、「私はコンビニに用があるんだよ〜」という体にできますので、完全な敗北ではありません。

あくまでも、トイレに行きたくなった人、あるいはおにぎりを食べたくなった人として去れますからね。

 

OK3. 速度を落とす

これはOKかどうか微妙なラインですが、あえて速度を落とす、というやり方もあります。

  • 煽ってもムダだと諦める
  • ヤバい奴だと認識される 

こういった効果が期待できます。順番に説明していきますね。

 

無理だと諦める

煽っても煽っても速度を上げない(むしろペースダウンするような)車は、煽っても意味がないので、ターゲットから外れることがあります。

「コイツはムリだな。たぶん後ろ見てないわ」という感じです。

 

車間を詰めて走るのは、集中力を使うので疲れます。

そのため、スポードアップが期待できない車にたいしては、いつか諦めるときがやってきます。その瞬間が来るのを待つ作戦です。

 

ヤバい奴だと認識される

煽られたら徐々に速度を落とします(急ブレーキではなく)。

40km……30km……25km。で、そのまま25kmをキープして走行する。

 

煽り運転にたいしてこういう対応をすると、「クレイジーなヤツだ。急ブレーキを踏むかもしれないし、関わらないほうが良いかも」という感情を引き出せることがあります。

 

そうすると、誰だってクレイジーな人とは関わりたくないので、煽りドライバーも一定の車間を保つようになる。こうした成果が(ときどき)得られます。

ただし、いっそう煽ってくるいっそうクレイジーなドライバーも存在しますので、やはり道を譲るのが賢明かもしれません。

 

どうしても頭に来たときには

f:id:MORIKO:20190602142733p:plain

 煽られたら道を譲る。挑発には乗らない。

そう頭では理解していても、いざ煽られるとカチンと来てしまいますよね(それでつい速度を上げてしまったり)。

 

そんなときに、自分の感情をコントロールするとっておきの方法があります。

「うんちが漏れそうなんだこの人は」って思えばいいんんです。

 

どんなに激しく煽られても、やたらパッシングされても、中央線をはみ出して近づいて来られても、どれもこれも便意のせい

トイレに行きたくて行きたくて仕方がないんです。漏れそうなんです。たぶん腹痛かなにかで、一刻を争うんです。

 

うんちが漏れそうなんだこの人は

本当は悪い人じゃないんです。ただちょっと、うんちが漏れそうなだけで

本当は車間を空けて運転する人なんです。虫も殺せない人なんです。ただちょっと、うんちが漏れそうなだけで

 

そう思えば、いくぶん穏やかに対処できます。

「うんちが漏れそうなんだこの人は」と受け止めて、道を譲る。

「間に合うといいね」と見送る。これだけです。

 

煽ってくるドライバーの99.9%はうんちが漏れそうなんだ。

これがもっともお伝えしたかったメッセージです。

 

悪意じゃない。

便意なんだ。

(煽り運転撲滅キャンペーンの標語にしてほしい)

 

どうかあなたのドライブが安全で快適なものでありますように。

(ついでにどうかコンビニのトイレが空いていますように)