旅行先で「やることがない」なら旅行は中止しよう

f:id:MORIKO:20200821143147p:plain

旅行先でやりたいことが見つからず、悩んでいませんか?

 

まだ計画段階であれば、その旅行は中止にしたほうが良いかもしれません。

なぜなら、旅先でやることがなければ旅行をする意味がないからです。

 

この記事では、

  • やることがない旅行の意味
  • 目的がひとつしかない旅行

など、「旅行先でやることがないときの対処法」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

旅行先でやることがないときの対処法

f:id:MORIKO:20200821143007p:plain

住んでいる地域を離れ、私たちがわざわざ遠くへ旅行をする目的はなんでしょうか。

 

  • 食べたいものがある
  • 見たいものがある
  • やってみたいことがある

旅行の多くは、このような動機に基づいています。

 

いま住んでいる場所では体験できないものが遠くにあるからこそ、私たちはお金と時間、労力をかけて旅行をするわけです。

したがって、目的が見つからないのであれば、そもそも旅行をする意味がありません。

観たい作品が一本もないのに映画館へ行く人はいない。それとおなじ。

 

自宅でおとなしくしているか、映画館で映画でも観て休日を過ごせば、ムダな時間とお金、労力をかけずに済みます。

 

旅行はあなたにとって義務でもなんでもありません。

計画しているその旅行には、「中止」という選択肢があるはずです。

 

 

目的がひとつしかない場合

「どうしても訪れたい美術館がある」 

など、旅行をしたい動機があるとします。

訪れたいラーメン屋でもなんでも可。

 

f:id:MORIKO:20200821143518p:plain

でもそれだけでは1日潰せない、このように悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

つまり、旅先でいっさいやることがないわけではなく、他にやることがない、というわけです。

 

もし目当ての美術館以外に訪れたい場所が見つけられなければ、心ゆくまで美術館に滞在し、気が済んだらさっさと帰宅してしまえば良いのです。

わざわざ欲張って、旅先であれもこれも満喫する必要などありません。

 

「やりたいこと」を無理やり見つける努力はナンセンスです。

むしろどうでもいい目的で旅行を埋めれば埋めるほど、肝心の「美術館」にまつわる思い出が薄まってしまうことでしょう。

 

どうしても訪れたい美術館、食べたいラーメン、参加したい講演会があるなら、その目的だけに集中することをおすすめします。

世の中には、林修先生の講演会へ参加するためだけに、長野県から京都までクルマで行く男も存在する。旅先でのやりたいことなど1つあれば十分。

 

その目的のためだけに旅行するのが惜しい場合

f:id:MORIKO:20200821144319p:plain

たとえば、訪れてみたい蕎麦屋が200km離れた場所にあるとします。

 

ですが、蕎麦を食べるためだけに200km先まで旅行するのが惜しいと感じるのであれば、その旅行は延期にしたほうが良いでしょう。

 

蕎麦屋がある地域について調べ、興味のある施設や飲食店が2〜3つ見つかってから旅行するべきです。

つまり、今はまだ旅行するタイミングではない、ということです。 

 

旅行について、真面目に考え過ぎることなどありません。

やることがないなら旅行を中止にすれば良いだけで、わざわざ興味のない博物館について調べ、「考古学に興味を持て自分。ナウマンゾウへの興味よ湧いてこい」などと念じる必要はないのです。

 

旅行は旅行です。ただのレクリエーションです。

もっと気楽にいきましょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200821144641p:plain

旅先でやることがないと悩むのは、映画館で観たい作品がないと悩むようなものです。 

 

観たい作品がなければ、そもそも映画館へ行くことなどありません。

なぜなら、観たい作品がないからです。

 

どの作品にも興味がないのに、わざわざ映画館へ行き、テキトーな作品を選び、鑑賞料金を払い、シートに座って2時間を浪費するなど、バカげています。

 

やりたいことがないのに、わざわざ遠くへ出かけ、スマホで施設や飲食店について調べ、やっぱりやりたいことがないと嘆くのも、バカげています。

お金と時間、労力を浪費しているだけに過ぎません。

 

目的がなければ、旅行は中止にしましょう。 

 

以上、旅行先でやることがないときの対処法でした。

結論。人生の目的は探したほうが良い。でも、旅先でのやりたいことを探す必要はない。