YouTubeの「大食い動画」はなぜ人気?見る人たちの心理とは

f:id:MORIKO:20200911203839p:plain

YouTubeには「大食い動画」というジャンルがあり、一定の人気を集めています。

 

大食い自慢の人が、デカ盛り料理を食べ尽くす、というのがおもな動画内容です。

 

ところで、この動画のいったい何が面白いのでしょうか。 

何が楽しくて、視聴者はわざわざ他人の食事風景を見ているのでしょうか。

 

この記事では、

  • ビックリ人間への好奇心
  • 自分自身への言い訳

など、「YouTubeの大食い動画を見る人たちの心理」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

YouTubeの大食い動画を見る人たちの心理

f:id:MORIKO:20200911203457p:plain

大食い動画を好んで見る人たちには、いくつかの心理や動機があります。

 

  1. ビックリ人間への好奇心
  2. 配信者のファン
  3. 自分への言い訳
  4. ストレス発散

こうしたニーズを満たすのが大食い動画だ、ということです。 

 

1. ビックリ人間への好奇心

f:id:MORIKO:20200911204100p:plain

ひとりの人間が1回の食事で4kgのカレーライスを完食するなど、常識では考えられません。

ですが世の中には、その不可能を可能にしてみせる人たちがいます。

 

いわゆる「大食い」を得意とする人たちです。

大食い自慢の彼/彼女らは、私たち一般人の2倍、3倍、それ以上の量の料理をペロッと食べてしまいます。

 

われわれにしてみれば、

  • なぜ満腹にならないのか
  • 料理に飽きたりしないのか
  • 食べた物は体のどこに入っているのか

など、興味が尽きません。

大食い人間はまさにビックリ人間であり、私たちの理解を超えた不思議な存在なのです。

 

だからこそ大食い動画には、人間離れしたワザを見る楽しさがある、といえるでしょう。

 

2. 配信者のファン

f:id:MORIKO:20200911204557p:plain

大食い動画を投稿している配信者には、少なからず彼/彼女らを応援するファンが存在します。

 

たとえば、可愛いルックスなのに大食い、といったギャップを持っている女性などは、男性ファンがつきやすいといえるでしょう。

 

可愛い女の子の食事風景を見ているだけで癒される、ってなもんです。

 

世の中には「たくさん食べる女性が好きだ」という男性がいます。

彼らにとって可愛い顔をした女性による大食い動画は、最高に違いありません。

 

ただし、配信者のファンが多いかといえば、答えはノーです。 

その証拠に、配信者が大食いではない動画を投稿すると、動画の再生回数が伸びません。

これはすなわち、世間はその人物自体には興味がない、ということを意味しています。

 

世間が興味を持っているのはあくまでも「大食いできる能力」であって、その人物自身ではないのです。

配信者がよほどイケメンか可愛い顔でない限り、配信者のファンはほとんどいないと考えて良いでしょう。

 

 

3. 自分への言い訳

視聴者のなかには、自分への言い訳として大食い動画を見る人がいます。

 

f:id:MORIKO:20200911205125p:plain

この人物は、食べることが好きです。

しかしながら、体型や健康上の理由により、食べることに罪悪感を覚えがちです。

大好きなハンバーガーを食べているときにも、どこか後ろめたさを感じてしまうのです。

 

ところが、大食い動画はどうでしょう。

2kgのステーキ、デカ盛りのパフェ、丸太のようなロールケーキを、バクバクと食べている人物が動画には映っています。

 

彼/彼女らが大食いしている姿を見て、「こんなに食べてる人もいるんだし、ハンバーガーの2個や3個くらい大したことない」と自身への免罪符としているわけです。

 

これがつまり、自分への言い訳だ、ということです。

大食い動画に出てくるデカ盛りのパフェにくらべれば、ファミリーレストランで食べるパフェなど、ほとんど食べていないも同然です。

 

このように、自分の食欲を許すために大食い動画を見る人も存在します。

大食い動画を見て、やっぱり食べるのは幸せだ、という確信を得たり。とにかく「食べる行為」に納得したい。

 

4. ストレス発散

f:id:MORIKO:20200911205440p:plain

ダイエットなどの理由により、食欲を抑えて生きている人が世の中にはいます。 

 

ダイエット中の人は、食べ過ぎて体脂肪が増えないように食欲を我慢しています。

ですが、我慢にはストレスがつきものです。

 

ほんとうは食べたい牛丼やラーメン、クッキー、ポテチ、遠慮なく飲みたいジュースなどを我慢して生活していれば、精神的ストレスが溜まるのも無理はありません。

 

そこでストレス発散に役立つのが大食い動画です。

なんの躊躇もなくデカ盛りの料理を食べている人物の姿を見て、自分の食欲を投影し、行為を代替してもらっているわけです。

 

たとえば私たちのなかには、なにかを壊してスッキリしたい破壊衝動が潜んでいます。

とはいえ、ほんとうにモノを破壊しなくても、誰かがハンマーでテレビをぶっ壊している動画を見るだけでスッキリとした気分になれます。

 

これは、映像をとおして私たちが「テレビの破壊」を擬似体験しているからです。

 

大食い動画にもおなじことがいえるでしょう。

他人が美味しそうに大食いしている動画を見て擬似体験することで、ダイエット中の人たちは溜まったストレスを解消しているのです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200911210050p:plain

YouTubeの大食い動画を見る人たちの心理をお伝えしてきました。

 

  1. ビックリ人間への好奇心
  2. 配信者のファン
  3. 自分への言い訳
  4. ストレス発散

このようなニーズを満たしてくれるのが大食い動画です。

 

もしあなたが上のどれにも該当していなければ、「大食い動画の何が面白いんだ」と不思議に感じることでしょう。

この記事は、そんなあなたのために書きました。 

 

大食い動画の人気にたいする疑問が解消されたなら幸いです。

 

以上、YouTubeの大食い動画を見る人たちの心理でした。

結論。見る理由は人それぞれ。ただ、大食い動画を楽しんでいる人の数は、割と多い。みんな好奇心が旺盛か、あるいはダイエットに励んでいるのだろう。

 

www.shortshortshort.jp

大食い動画に関して、当サイトにはこんな記事もあります。

あなたが大食い動画を「つまらない」と考えているなら、その感覚は間違っていません。 

 

www.shortshortshort.jp

YouTubeにアップされている素人ゲーマーによる実況動画には、どうして見る価値がないのでしょうか。