どこが安全?同棲してる彼氏・彼女に見られたくない物の保管場所

f:id:MORIKO:20210419161757p:plain

同棲相手に見られたくない物の一つや二つくらい、誰にでもあります。

 

たとえば、

  • 日記帳
  • 銀行口座の預金通帳
  • 元彼/元カノとの写真
  • 元彼/元カノにもらった手紙

こんな品々です。

これら「隠しておきたい物」を段ボール箱や引き出しのなかに保管していたら、何かの拍子にパートナーが発見し、いざこざに発展してしまうかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20210419162039p:plain

「なにこれ。どういうこと?」

「え……なんでそれを……」

といった(同棲生活が破綻するほどの)修羅場になりかねない、ということです。

 

では、いっしょに住んでいる恋人に見られたらマズい物、存在がバレたくない物(でも捨てられない)は、どこへしまっておくのがベストなのでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20210419162305p:plain

この記事では、

  • 金庫に保管するススメ
  • どんな金庫に入れておけば良いか

など、「同棲してる彼氏・彼女に見られたくない物の安全な保管場所」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

同棲してる彼氏・彼女に見られたくない物の安全な保管場所

f:id:MORIKO:20210419161433p:plain

恋人に知られたくない秘密」は、多かれ少なかれ誰でも抱えています。

たとえるなら、新型か旧型かはともかく、みんながスマホを持っているのとおなじです。 

 

ですので、隠し事があるからといって、パートナーにたいして後ろめたさや罪悪感を覚えることはありません。 

 

f:id:MORIKO:20210419162702p:plain

大切なのは、彼氏や彼女に秘密を知られないように隠すこと、です。

 

なぜなら世の中には、私たちにとって「知らないほうが幸せな事実」が存在するからです(たとえば親の不倫とか、自分はほんとうの子じゃないとか)。

 

彼氏・彼女が知ったら、

  • ショックを受ける情報
  • 怒り狂うであろう真実
  • 変態扱いされかねない品々

などは、見つからない場所にそっと隠しておきましょう。

けっして裏切りではなく、彼氏・彼女を愛しているがゆえの行動です。

 

f:id:MORIKO:20210419163251p:plain

イメージとしては、医師から自分だけがパートナーの余命を聞いてしまったとき、恋人にたいして「すぐ治るってよ」と嘘をつくやさしさとおなじです。

 

なんでもかんでも正直に伝えるのが善いわけではありません。

 

金庫に入れておくのが一番安全

f:id:MORIKO:20210419163629p:plain

同棲しているパートナーに存在を知られたくないものは、金庫に入れておくのがベストです。

なぜなら、金庫にはロックをかけられるからです。

 

暗証番号を知っている自分だけしか、金庫の扉を開け、中身を確認することはできません。

 

f:id:MORIKO:20210419163856p:plain

たとえるなら、スマートフォンです。

もしスマホのなかに、

  • 見られたくない画像
  • 見られたくない動画
  • 見られたくないアプリ
  • 見られたくない連絡先
  • 見られたくないやりとり

こうした「やましいデータ」があったら、誰でもロックをかけて情報を守るはずです。

 

パスコードを設定しておけば中身を覗かれる心配がなく、安心してテーブルやソファにスマホを置いておけれるからです。

 

 

スマートフォンとおなじ

私たちは「スマホのロック」という形で、データに鍵をかけて保管しています

 

だったらおなじように、隠しておきたい物を金庫に入れ、鍵をかけてしまえば良いのではないでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20210419164233p:plain

アナログか、デジタルかの違いだけで、やっていることは変わりません。

 

堅牢な金庫のなかに通帳やラブレター、写真などを隠しておけば、

  • 叩く
  • 落とす
  • 蹴飛ばす
  • ぶっ叩く
  • 暗証番号解除を試みる

私たちの留守中、パートナーがどんな行動に出たとしても、秘密を、秘密のままにしておけれます。

 

f:id:MORIKO:20210419164747p:plain

たとえるなら、核ミサイルから身を守る核シェルターのようなものです。

 

ぜひ金庫を買い、同棲相手に見られると困る物(だけど処分できない)を避難させておきましょう。

 

金庫が守ってくれるのは、不都合な真実ではありません。

ふたりの幸せな同棲生活を、金庫は保護してくれます。

 

金庫選びのコツ

f:id:MORIKO:20210419165232p:plain

金庫(セキュリティボックス)の価格はピンキリです。

同棲しているパートナーに見られたくない物を入れるだけであれば、1万円以下の安価なタイプでじゅうぶんでしょう。

 

  1. 鍵がかかる
  2. 壊れない

金庫がこの要素さえ満たしていれば、私たちが家を留守にしているとき、彼氏/彼女にこっそり中身を見られる心配はいりません。

安心してお出かけができます

 

f:id:MORIKO:20210419165449p:plain

ちなみに、ハイスペックな金庫だと、そのお値段は10万円以上します。

 

安い金庫との違いは、

  • 重たい(持ち出せない)
  • 防水仕様
  • 警報が鳴る
  • 落下の衝撃に耐える
  • 炎に1〜2時間耐えられる

といった機能性があるかどうかです。

 

ここまでハイグレードな金庫は、会社で使う業務用、あるいはお金持ちのマダムが貴金属を入れておく用で、われわれが過去にもらったラブレターを保管するには過剰だといえます。

 

f:id:MORIKO:20210419165733p:plain

この過剰さをたとえるなら、にんじんをチェーンソーでぶった斬るようなものです。

 

にんじんは包丁で切れますし、同棲相手に見たり触ったりしてほしくないものは、1万円以下のリーズナブルな金庫でじゅうぶん守れます。

 

パートナーのはぐらかし方

f:id:MORIKO:20210419170323p:plain

特定のモノを隠すために金庫を買っても、

「見て見て、ジャーン、金庫でーす!」

とわざわざ恋人に伝える必要はありません。

 

大事なモノをそっと入れ、黙ってロックをかけ、金庫の存在についてはノータッチで過ごしましょう。

 

もし彼氏や彼女がわれわれの金庫に気づいて、なにか訊かれたとしても、「通帳とか印鑑とかが入ってる」と誤魔化します。

たとえ、元彼・元カノにもらったラブレターが入っていても、です。

 

金庫は、なるべくコンパクトサイズのものを選んでください。

隠しておきたい物がぴったり収まる大きさがベストです。

 

f:id:MORIKO:20210419170541p:plain

なぜなら、大きな金庫を買ってしまうと、「俺の/私の貴重品もいっしょに入れておいて」といった危機的状況になりかねないからです。

 

パートナーの前で「秘密」が入った金庫をオープンすることは、すなわち「同棲の終わり」を意味します。

もしくは、悲劇の始まり、かもしれません。

 

f:id:MORIKO:20210419171020p:plain

所有している金庫が小さかったら、「もう入らない。自分専用のやつ買ったら?」と(それっぽい口実で)はぐらかせます。

 

ラブレターや収入、借金、貯金残高といったプライバシーに関わるモノをうまく隠せれば、同棲生活は安泰です。

 

以上、同棲してる彼氏・彼女に見られたくない物の安全な保管場所についてでした。

結論。1万円以下のリーズナブルな金庫を買おう。自分が生まれ育った家庭では、大事なモノを金庫に入れておくのが普通だったけど、ってなスタンスでOK。私たちがあたふたと動揺しなければ、まさか元彼/元カノとの「思い出の品」が保管してあろうとは、恋人も思うまい。

 

Amazonでは、こちらの小型金庫がよく売れています。

おなじAmazonベーシックのラインでさまざまなサイズが揃っているので、自らの「極秘情報」に合った大きさの金庫をお買い求めください。

 

家のない人間をホームレスと呼ぶなら、金庫に入っていない物体は、セキュリティレスです。

ほったらかしにせず、あるべきところに収めましょう。