彼氏がいるのに浮気して後悔。大事なのはこれからどうするか

f:id:MORIKO:20210801220847p:plain
浮気を後悔しても仕方ありません。

どれだけ自己嫌悪に陥ったところで、浮気の事実が帳消しになるわけではないからです。

 

ちょうど肩に入れたタトゥーとおなじで、浮気した過去を取り消すことはできません。

だからこそいまもっとも大切なのは、犯した過ちを受け入れて、今後を前向きに生きることだといえます。

 

後ろを振りかえってジメジメするのではなく、もっと建設的なこと、たとえば彼氏との今後や自分のこれからについて考えていきましょう。

 

f:id:MORIKO:20210801221211p:plain

この記事では、

  • 彼にすべて話すべきか
  • 罪悪感をどうすれば良いのか

など、「彼氏がいるのに浮気して後悔したときにできること」をわかりやすく解説します。

過ちを少しでもリカバリーするため、ぜひ参考にしてみてください。 

 

 

彼氏がいるのに浮気して後悔

f:id:MORIKO:20210801220244p:plain

「浮気した事実をすっかり彼氏に打ち明けるべきかどうか」

これは、ついよろめいてしまった女性の多くがぶつかる問題です。

 

浮気の事実は、彼に話すべきではありません

墓場まで持っていくつもりで、けっしてカミングアウトしないことです。

食事デート、手繋ぎ、キス、ハグ、ペッティング……どんな浮気の程度であっても、です。

 

f:id:MORIKO:20210801221646p:plain

どうしてかというと、浮気の告白というのは"第二の軽薄な行為"だからです。

恥の上塗りになるだけなので、彼氏に真実を語るのはやめておきましょう。

 

彼氏に話してはいけない

f:id:MORIKO:20210801222458p:plain

浮気を後悔しているということは、彼にたいして申し訳なさを感じているはずです。

いわば罪悪感に似た感情を抱いているのではないでしょうか。

 

たとえば浮気ではなく、放火や殺人に手を染めてしまったなら、すぐ警察へ出頭してすべて正直に自白すべきでしょう。

 

それにたいして、浮気は事情が異なります。

むしろ彼氏に真実を伝えてはいけません。

 

というのも、恋人の浮気を知った彼氏は、間違いなくショックを受けるからです。

プライドはズタズタになり、怒りやら悲しみやら妬みやらの感情で、彼の頭のネジは吹っ飛んでしまうかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20210801222837p:plain

彼女に浮気を告白されて「ピースピース!それでどこまでいったの?」と喜ぶ男はこの世にいません

真実を語れば、彼氏を失意のどん底へ突き落とすことになります。

 

では、過ちをすべて打ち明けた私たちはどうでしょうか。 

ありのままを彼に話して、涙ながらに謝罪をすれば、心が少しだけ軽くなることでしょう。

 

ひとりで背負っていた罪悪感を「よいしょ」と肩から降ろせます。

 

つまり浮気の告白というのは、

  • 彼氏:ツラくなる
  • 本人:気持ちが軽くなる

こんな結果をもたらすわけです。

なんの罪もない彼氏(被害者)に地獄を見せるのは、気の毒ではないでしょうか。

 

 

罪悪感を背負って過ちを償う

話さずに黙っていれば、彼が浮気の事実を知ることはありません。

知らぬが仏」というように、これまでと変わることなく、彼は穏やかな気持ちで交際を続けられます。 

 

f:id:MORIKO:20210801223341p:plain

代わりに苦しむのは、私たちです。

ひとりこっそり罪の意識を抱え、浮気という過ちを後悔しながら、彼と接することになります。

 

その精神的ツラさ、苦しさこそが浮気の代償であり、負うべき責任ではないでしょうか。

 

ですので、彼氏にすべて事情を話して謝ろう、などと考えるべきではありません。

なぜならこれは、浮気とおなじかそれ以上に「卑怯な行為」だからです。

 

浮気の白状は、自分がラクになりたいだけのエゴイスティックでタチが悪い自己満足です。

 

f:id:MORIKO:20210801223553p:plain

私たちはもう小学生ではないので、正直なら良い、正直でエラい、という単純な話ではないのです。

 

仮に、浮気の事実を洗いざらい彼に打ち明けたとしましょう。

そんなこと知りたくなかった。どうして教えたんだ。知りたくなかったのに。謝るくらいなら浮気なんてするなよ」

彼氏が泣きながらこう罵ってきたら大変です。

 

後悔がまた1つ増えてしまいます。

 

  1. 浮気した後悔
  2. 彼氏に伝えた後悔

私たちは小学生でもなければ、"後悔コレクター"でもありません。

黒歴史をこれ以上増やすのはやめましょう。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210801224120p:plain

なにも知らない彼氏とこれからも付き合い続けるか、別れるか、それは自由です。

ただし、彼にすべてを話す自由はありません。

 

代わりに、浮気したことを黙っておく義務があります。

それが浮気した者に課される義務であり、正しい責任の取り方であり、逃れることが許されない罪悪感です。

 

まだ彼氏のことが好きだとしたら、浮気した事実は意地でも隠しましょう。

バレさえしなければ、彼は引きつづき幸せな気分でこの恋を楽しむことができます。

カミングアウトしてわざわざ彼氏の幸せをぶち壊すことはありません。

 

f:id:MORIKO:20210801224655p:plain

とはいえ、これではあまりに救いがないので、最後におすすめの書籍をご紹介します。

 

ぜひ自力で失敗を乗り越えましょう。

ちょっと下品な言い方をするなら、自分のケツは自分で拭く、というやつです。

 

以上、彼氏がいるのに浮気して後悔したときにできることでした。

【結論】浮気した過去は取り消せないので、今後どうするか考えるのが大事。彼と別れるにしても交際を続けるにしても、浮気はバラさない。秘密にしておく。それが浮気した者の責任。黙っているのはツラいから打ち明けて謝罪したい、はエゴ。彼は知りたくないし、知って幸せになることはないから。元彼としたキスの回数とおなじで、彼が知るべきでないこともある。