暑すぎ?夏にオープンカーの屋根を開けるための対策

  • 夏こそオープンカーの季節じゃないの?
  • 晴れているのになぜ屋根を開けて走らないのか
  • 夏の昼間もオープンで走りたい

という人に向けてこの記事を書きました。

 

真夏の昼間に屋根を開けないまま走ってるオープンカーを見ると「開ければいいのに。意味ないじゃん」って思いますよね。

 

私もずっと思ってました。自分がオープンカーを買うまでは。買ってみてわかったのは、「夏の昼間に開けると地獄」ってことでした。

夏にオープンカーの屋根を開けられない理由から、どうしても開けたい人向けの対策までを書いていきます。

 

 

オープンカーは夏の昼間が苦手

f:id:MORIKO:20190315080731j:plain

オープンカーといえば夏!というイメージの方も多いかと思います。

 

でも、それは誤解なんです。うなぎの旬が夏じゃなくて冬なのと同様に、オープンカーの季節もじつは冬だったりします

夏にオープンカーを楽しめない理由はいくつかあります。

 

屋根を開けると暑すぎる

まずひとつめは、暑すぎるってこと。

「屋根を開ければ風が入ってきて涼しそうなのに」って思いますよね。

実際に乗ってみるとわかるんですが、これっぽっちも涼しくありません。驚異的な暑さです。

 

とくに過酷なのが信号待ち。

周囲からは「涼しそうでいいなぁ!」なんて思われていても、意外と本人は必死で。頭のなかにあるのは「開けなきゃ良かった」その9文字だけだったりします。

 

屋根を開けると焼けまくる

暑さを気合いで乗り切ったとしても、まだ問題があります。夏は日差しが強く紫外線が多いので、とにかく肌が焼けてしまうんです

 

「焼けてて健康的だね!」なんて状態はあっという間に通り越します。

健康的な焼け具合をとおり越して「大丈夫?お風呂入るときとか痛くない?」って心配されますし、実際のところ痛いです。

 

そして、「日焼け=海水浴」というイメージが根強いため、周囲にはかならず「どこの海行ってきたの?」と聞かれます。

ですが、どこの海にも行ってません。だからちょっと恥ずかしくなるっていう。「この日焼け?これはオープンカーで走り回ってただけだよ?」って。

 

屋根を開けると疲れる

真夏に屋根を開けると疲れます。暑さで体力を消耗してしまうためです。

精神的にも暑くてキツいものがあって疲れますので、身体面・精神面ともに削られるといえます。

 

オープンカーの暑さ/日差し対策

f:id:MORIKO:20190315081140j:plain

夏のオープンカーはデメリットばかりですが、それでも開けたくなってしまうんですね。自分でも狂気だと思います。

 

せっかくオープンカーを買ったんだから開けなきゃ損!」というケチ根性なのか、「真夏にオープンカーは気持ちいいだろうなぁ」という周囲の期待に応えたいサービス精神に溢れているのかは謎ですが、とにかく屋根を開けたくなるんです。

 

しかし、対策をしなければただ日差しの餌食になってしまうだけなので、ここからは具体的な暑さ対策について書いていきます。

 

帽子を被る

帽子は必須です。日射病や熱中症の予防になりますし、目に入る紫外線を減らす効果もあります。

 

それから、夏に受けた紫外線のダメージは秋口になって現れはじめます。抜け毛が増えるんです。シャンプーをしていて、両手にまとわりついた髪の毛たちを見て、「なんじゃこりゃ!」って。

強い紫外線を浴びるのは頭皮にとって過酷な状況だ、ということを忘れないでください。かならず帽子で守りましょう。

 

※絶望的に帽子が似合わない私は一度たりとも被りませんでした。で、秋になってから洗髪中に絶望するっていう。

 

サングラスをかける

紫外線から目を守るためにサングラスも重要です。

「オープンカーでサングラスってなんか気取ってるみたいで抵抗がある」という人は、色なしタイプをおすすめします。

 

私の場合は、愛用しているブルーライトカットメガネにUVカット機能もついていたので、そのままサングラスとして使用していました。クリアレンズなので普通のメガネにしか見えないのが利点です。

サングラス特有の「視界が暗くなる」こともありませんから、運転がしやすくて気に入ってました。

 

日焼け止めを塗る

紫外線から肌を守るために日焼け止めを塗りましょう。液体タイプが面倒なら、スプレーで吹きつけるタイプがおすすめです。手間が省けて時短になります。

 

スプレータイプのなかには「頭皮への使用OK」という商品もありますので、帽子が絶望的に似合わない私のような人は、頭にサッと使っておきましょう。

秋になって戦慄しないためにも(さもなくば、オープンカーなんてもう乗らない!と凹みます)。

 

こまめな水分補給

オープンカーに乗ったせいで日射病/熱中症を発症したなんてカッコ悪い。そんな失態を避けるためにも、こまめな休憩と水分補給を行いましょう。

 

それから、水分だけでなく塩分も摂取するのが大切。塩飴を常備しておけば完璧です。

 

まとめ

真夏の昼間にオープンカーに乗ってもあまりいいことはありません

暑くて、焼けて、疲れるだけです。そこに爽快感は一切ありません。あるのは徒労感のみ。

 

それでも不思議なもので、オープンカーを所有すると季節関係なく「開けたい!」と思ってしまうのもまた事実。

だから私はいつも開けてましたし、これから購入する予定の人、もうすでに持っている人にも開けて欲しいと思っています。

 

乗っている本人は地獄でも、周囲からしてみれば「おぉ!夏って感じでいいねぇ!」となりますので。頑張りましょう。風物詩として頑張っちゃいましょう。