オープンカーは交通事故を起こしたら危険?【安全性について】

f:id:MORIKO:20200624163706p:plain

オープンカーにたいして、「交通事故を起こしたら即死しそう」といったマイナスイメージを抱いている人が世の中には存在します。

 

なぜなら、オープンカーは屋根を開けた状態で走ることができるからです。

ルーフを開けられるからこそ、オープンカーの強度や安全性を疑問視しているのでしょう。

 

この記事では、

  • オープンカーは衝突事故に弱いのか
  • 横転したオープンカーはどうなるか

など、「オープンカーの安全性」についてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

オープンカーは交通事故を起こしたら危険な車なのか

f:id:MORIKO:20200624163303p:plain

屋根を開けた状態のオープンカーが、交通事故を起こしたとします。

 

普通車にくらべてオープンカーの乗員が大きなダメージを負うかといえば、必ずしもそうとは限りません。

オープンカーも高い安全性を有しています。

 

オープンカーが衝突事故を起こしたら

f:id:MORIKO:20200624164213p:plain

オープンカーだからといってボディ強度が弱いわけではありません。

 

実際、オープンカーが壁に衝突したらどうなるのか、その様子を確認することができます。

興味がある方は、ユーロNCAPが実施した衝突テストにおける、マツダロードスターの試験映像を見てみてください。

 

映像はネット上で公開されており、誰でも無料で閲覧できます。

成人乗員保護性能において、マツダロードスターは5つ星の評価を獲得していました。

 

この結果から、「オープンカーは事故に不利なボディ形状だ」とはいえないことがわかります。

 

事故に強そうなSUVやセダンであっても、衝撃に弱い自動車はたくさん存在します。

メーカー名は伏せますので、気になる方は試験動画をチェックしてみてください。

 

サイドエアバッグで側面衝突にも対応

f:id:MORIKO:20200624164457p:plain

ボディ側面から衝突された場合、ルーフが開いている状態でも、マツダロードスターはサイドエアバッグを作動させて乗員を守ります。

 

「Bピラーがないオープンカーは横からの衝撃に弱いのでは?」

こう思う方がいるかもしれませんが、ロードスターに関しては、事故の衝撃から乗員を保護できています。

ロードスターが2シーターであることも関係している。

 

したがって、Bピラーがないことでオープンカーの衝突安全性が落ちているとはいえません。

 

ただし、オープンカーのなかにはサイドエアバッグがついていないものも存在します。

事故のリスクに備えるのであれば、サイドエアバッグがないオープンカーには乗らないほうがいいでしょう。

オープカーに限らず、すべての自動車にいえること。

 

 

オープンカーが横転したら

事故の衝撃でオープンカーが横転した場合、乗員の頭はどうなってしまうのでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20200624164935p:plain

頭がアスファルトに擦れるように思えますが、実際にはロールバーが頭部を守るよう設計されているため、いわゆる「大根おろし状態」は回避できます。

したがって、横転(オールオーバー)したとしても、乗員が即死するわけではありません。

 

www.shortshortshort.jp

乗員を守るロールバーについて知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

「ロールバーってどれのこと?」という方にもわかりやすいよう解説しています。 

 

オープンカーの弱点は落石

f:id:MORIKO:20200624165239p:plain

落石に関して、オープンカーほど危険なクルマはないでしょう。

オープンカーは屋根を開けて走ることができるからです。

頭上を守ってくれるものがない。

 

オープン走行中に落石があったら、落下してきた石のサイズにもよりますが、怪我は避けられません。

運が良ければ打撲、運が悪ければ死亡ってなもんです。

 

横転から乗員を守ってくれるロールバーも、落石に関してはなす術がありません。

たまたま屋根を閉めて走っていたとして、ソフトトップであれば、やはり重大な事故につながるでしょう。

ソフトトップは布でできているため、落ちてきた石の衝撃に弱いからです。

裂ける、破れるなどする。

 

いっぽうでハードトップを閉めて走っているところへ落石があった場合、オープン状態や幌にくらべればマシだといえます。

樹脂などでできているハードトップは、(布よりは)衝撃に強いからです。 

 

「落石注意」の標識が立っている道路をオープンカーで走るのは、やめておいたほうが良いでしょう。

とはいえ、宝くじ1等に当選するような確率なので、心配ないといえば心配ない。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200624165702p:plain

オープンカーの安全性についてご紹介してきました。

 

一言でオープンカーといっても、

  • ダイハツコペン
  • ホンダS660
  • マツダロードスター
  • BMWZ4
  • ポルシェボクスター

など、さまざまな種類が存在します。

それぞれ安全装備や衝突安全性には差がありますので、気になるオープンカーについて個別に調べることをおすすめします。

 

少なくとも、マツダロードスターの安全性が高いことは事実です。

 

以上、オープンカーの安全性についてでした。

結論。オープンカーだからといってヤワで危険なわけではない。ビビる必要なし。ただし、サイドエアバッグがないオープンカーは避けるが吉。

 

www.shortshortshort.jp

オープンカーに興味がある方はこちらの記事もどうぞ。