【図解】映画館で1番オススメの座席位置はど真ん中でしょ!

f:id:MORIKO:20190429191340p:plain

  • 映画館で観やすい席ってどこ?
  • 真ん中の席はダメなの?

そんな疑問を持つあなたに、「ど真ん中がいいよ!」とオススメする記事です。

 

オススメの座席位置を調べると「ど真ん中はよくないよ!」という意見を見かけるかと思いますが、無視して大丈夫です。

まちがいなくど真ん中こそが最適解です。

 

 

映画館の座席位置はどこがいいの?

映画館の座席選びって迷いますよね。

あなたはどんな基準で選んでいますか?

 

まずは"避けたほうがいい座席"からご紹介します。

 

一番前の席がダメな理由

f:id:MORIKO:20190429190311p:plain

「いつも最前列です!押忍!」という人はまずいないでしょう。

 

最前列はもっとも避けるべきです。

  • スクリーンを見上げて首が疲れる
  • スクリーン全体を見れない

映画館の席はリクライニングしないので、最前列だとしんどいです。ずっと見上げてたら首が疲れますよね。

近すぎて全体を見にくいのもダメ。

テニスの観客みたいに首をキョロキョロしながら映画を観たくはありませんよね。

 

最前列にメリットがあるとすれば、脚めっちゃ伸ばせる、ってことくらいでしょう。

 

ちなみに「最前列がイチバンおすすめだよ!」という奇想天外な記事を見たことがありますが、そんなことありえません。

最前列だけがマッサージチェアでもない限りは。

 

中央以外がダメな理由

左右どちらかに寄って座るのも微妙です。おすすめしません。

 

たとえば、上映館に誰もいないとしましょう。座席はどこでも好きな場所を選べます。

さぁどこに座りますか?っていうのを考えてみてください。

 

私は超能力者でもなんでもありませんが、あなたが選んだのが「中央の席」であることは明確にわかります。

なぜならあなたの本能が「ベストなのは中央の席」だと知っているからです。

 

美女が立っているわけではない

f:id:MORIKO:20190429190738p:plain

たとえばこれがスクリーンじゃなくて車だったり、美女だったりすれば話は別です。

もしステージに立つ美女を眺めるのだとすれば、それぞれ好きな角度っていうのがあると思うんです。

「俺は斜めから見るこの角度が好きだぜ」とか「横顔こそが美しいのであーる」とか。

 

でも、スクリーンにはそれがありません。なぜなら平面だから。立体物じゃないから。

ですので、スクリーンを中央以外から眺めるのはナンセンスです

 

「左右どちらかに寄ったほうがいい!」と主張する人がいたら「じゃあ読書の際も本を斜めから見つめるわけですね?」と聞いてみてください。

 

おすすめは中央の座席

私のオススメは中央の座席です。

一人でテレビを見るときに、テレビの中央に合わせて座ってるかと思います。

それといっしょですね。つまり中央がイチバン見やすいんです(本能的にそれを知っているということ)。

 

強いてデメリットを挙げるとすれば、

  • 自分の席にたどり着きにくい
  • 途中でトイレに立ちにくい
  • エンドロールの途中で帰りにくい

などでしょうか。ただしどれも「左右に人がいれば」の話です。

上映時間まで余裕を持って到着していれば、他人の脚と座席との間を強引に通ることもありません。

 

目線をスクリーンの中央と一致させる

中央の座席といっても、最前列から最後列まであります。

なかでもオススメなのは「スクリーンの中央と目線の高さが一致する席」です(重要)。

 

f:id:MORIKO:20190429185448p:plain

スクリーンの中央と目線を合わせたときにもっとも迫力を感じるから、というのがその理由です。

これより低いのはまだセーフですが、この位置より高いのはアウト

 

f:id:MORIKO:20190429190042p:plain

このようにスクリーンを見下ろす格好になってしまい、迫力が激減してしまいます

なお、座席位置の高さについてはスタッフに尋ねてみましょう。

「スクリーンとおなじ高さの席ってどこですか?」と聞けば教えてくれますよ。

(教えてくれなかったら「このケチー!」と叫びましょう)

 

f:id:MORIKO:20190429191900p:plain

あまり傾斜のない映画館だと、スクリーンの中央に目線を合わせることができません。

こんな場合はどこに座っても大差ありません。中央であればどの列でもいいでしょう。

 

ど真ん中はフラッターエコーが起こる?

f:id:MORIKO:20190502063052p:plain

ど真ん中の席を否定する一部の人たちは「フラッターエコーが発生するから」 などといいます。

フラッターエコーというのは、天井や壁にたいして音が延々と反射する音響障害のことです。

弊害として、反響音が混じって音がクリアではなくなってしまうことが挙げられます。

 

じゃあ実際にど真ん中の席はフラッターエコーが発生しやすいのかというと、そんなことはありません。

最近のシネコンは壁や天井に吸音性の高い素材を使っているため、上記のような心配は不要です(超レトロな映画館であれば話はべつですが)。

 

「ど真ん中は音響的に微妙」というのは昔の話なのでとくに気にすることはない、というのが結論です。

 

まとめ

映画館で映画を観るなら、スクリーンとおなじ高さで中央の席がオススメ!

果敢に狙っていきましょう!