芸能人の「ご心配をおかけし〜」が謝罪になっていない理由

f:id:MORIKO:20191018210542p:plain

不倫をした芸能人が「このたびはご心配をおかけしてしまい申し訳ございませんでした」などとテレビで謝罪することがありますよね。

 

あれ、なんだか違和感がありませんか?

違和感を覚える理由はとってもシンプルで、"謝罪になっていない"から。 

 

そこでこの記事では「芸能人の『ご迷惑をおかけし〜』が謝罪になっていない理由」を解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

「ご心配おかけし申し訳ございません」は謝罪になっていない

f:id:MORIKO:20191018210932p:plain

不倫をした芸能人が謝罪する姿を見るたびに、「なんでおれが謝られてるんだ?」と不思議な気持ちになります。

相手や自身の配偶者に謝るのはわかりますが、我々一般人にたいしての謝罪というのは、どうも意味がわかりません。

 

なんの被害もありませんし、とくに困ってもいない。

謝罪される筋合いはどこにもないわけです。

 

そもそも心配していない

f:id:MORIKO:20191018211115p:plain

そもそも、不倫をした芸能人を心配している人などいません

不倫した芸能人にたいして「大丈夫かしら?」って、それはいったいどんな心配でしょう?

テストステロン値が高すぎやしないかという心配?そんな心配をする人こそ「大丈夫かしら?」ってな話です。

 

自分が心配されているなどという考えはただの自惚れです。

不貞行為を非難する人はいても、心配する人はいません。

 

「ご心配をおかけし申し訳ありません」

「ねぇお父さん。この人なにしたの?」

なんてこともあるわけで。

 

仮に心配していたとしても

f:id:MORIKO:20191018211311p:plain

仮に問題を起こした芸能人を心配していたとしても、謝罪をされるのはやはりちがいます。

心配するかどうかはこちらの問題であって、 心配したい人が勝手に心配しているだけなので

 

ですから、カメラに向かって発言するなら「ご心配をおかけし申し訳ございません」ではなく、「ご心配いただき感謝申し上げます」ではないでしょうか?

これなら「ま、まぁな。いいってことよ」という気分になれます。

 

f:id:MORIKO:20191018211553p:plain

「ご心配をおかけし申し訳ございません」なんていわれても反応に困るだけです。

「なににたいして謝ってるの?」という話なので。

 

ご迷惑をおかけし〜も同様

謝罪にはもうひとつ「ご迷惑をおかけし〜」バージョンも存在します。

 

これもやはり意味がわかりません。

交通事故を起こしたことは、もちろん被害者にとっては大迷惑ですが、私にとってはなんら迷惑ではないからです

 

カメラに向かって謝らなくていいから、被害者のところへ行って何度でも頭を下げてくださいと、そう伝えたいですね。

 

 

正しい謝罪の仕方

どの謝罪も的外れなので、滑稽に見えてしまうわけです。

視聴者は皆「べつにそこを謝って欲しいわけじゃない」と思っています。

 

もし芸能人が「そんなことこっちだって承知してるわ」と考えながら形式だけ謝罪しているのであれば、もはや茶番であり、わざわざ電波を使って放送する必要性すらないでしょう。

 

というわけで、的を射た正しい謝罪をご紹介します。 

 

不倫をした場合の謝罪

f:id:MORIKO:20191018212008p:plain

不倫をした芸能人は「もうお前の顔なんか見たくないと思っている方もいるでしょう。ですが、こうしてノコノコと出てきてしまいました。申し訳ございません!」です。

 

交通事故を起こした場合

f:id:MORIKO:20191018212110p:plain

交通事故を起こした芸能人は「自動車メーカーは悪くありません。車はとても優秀です。悪いのは私のドライビングテクニックです!」です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191018212258p:plain

「とりあえず形だけ謝罪しておけばいい」と考えていなければ、「ご心配をおかけし〜」などというセリフは出てきません。

 

謝罪に中身がありませんからね。ただただカメラに向かって頭を下げたいだけ。

そうすればとりあえずOKだと思っているのでしょう。

 

だから「ご心配をおかけし申し訳ございません」だなんていう、滑稽なフレーズが出てくるわけです。

これって「朝食にラザニアを食べてしまい申し訳ございません」とおなじレベルですからね。

「なんの謝罪?」ってな話ですから。 

 

以上、芸能人の『ご迷惑をおかけし〜』が謝罪になっていない理由でした。

つい偉そうな文章を書いてしまい、ご心配、ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。