芸能人や俳優の「〜させていただきました」に違和感MAX

f:id:MORIKO:20201122103258p:plain

俳優やタレントは「〜させていただきました」という表現を好んで使います。

 

たとえば、

  • 結婚させていただきました
  • 出演させていただきました
  • 主演を務めさせていただきました

といった具合です。

芸能人が使うこれらのおかしな言い回しに、あなたは違和感を覚えませんか?

 

この記事では、

  • 了承はいらない
  • 許可しているわけではない

など、「芸能人や俳優が使う〜させていただきましたの違和感」についてわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

芸能人や俳優の「〜させていただきました」発言に違和感

f:id:MORIKO:20201122102852p:plain

芸能人や俳優は、なにかを「させていただく」ことが好きな奴隷気質をもっているようですが、結婚や交友関係に関しては、われわれ一般人の知ったことではありません

 

「このたび私たちは結婚させていただきました」

といった芸能人の結婚報告は、違和感のかたまりです。

結婚するしないは本人たちの自由であって、誰かに承諾してもらう必要はありません。

 

ですので、「結婚しました」といえばじゅうぶんです。

なぜなら、私たち一般人がふたりを「結婚させてあげている」わけではないからです。 

 

謙虚さや丁寧さのアピール?

f:id:MORIKO:20201122103844p:plain

「〜させていただきました」という表現によって、タレントは、謙虚さや丁寧さをアピールしたいのかもしれません。

なぜなら人気商売である芸能人にとって、好感度は欠かせないからです。

 

  • 結婚させていただきました
  • 出演させていただきました
  • よく通わせていただいてます

果てには「仲良くさせていただいてます」なんて表現を使う俳優まで存在します。

 

彼/彼女らにどんな思惑があるのか知りませんが、「〜させていただきました」という言い回しは、長ったらしくて鬱陶しいだけです。

 

人々の好感を得るどころか、「言葉遣いおかしくない?この人、頭悪いのかな?」と視聴者に思われるリスクを孕んでいます。

ゆえに、〜させていただかないほうがマシです。

 

  • 結婚しました
  • 出演しました
  • よく通っています
  • 仲良くしています

これでじゅうぶんです。

上のような表現にたいして、われわれは誰も「生意気だ」や「偉そうだ」などとは思ったりしません。

 

私たちが許可したわけでもなく、そもそも誰の許可もいらない行為なので、勝手にどうぞ、ってなもんです。

 

 

謝罪文ではなぜ炸裂しないのか

「〜させていただく」ことが大好きな俳優や芸能人ですが、犯罪をやらかしてしまったときには、どういうわけかお気に入りの言い回しを封印します

 

f:id:MORIKO:20201122104227p:plain

謝罪文において、

  • お騒がせさせていただきました
  • ご心配かけさせていただきました
  • 大麻を所持させていただいております
  • 複数の女性と不適切な関係を持たせていただきました
  • 飲酒運転をさせていただき、前方の車に追突させていただきました

芸能人は誰もこのような表現を使いません。

 

あれほど好きだった「〜させていただく」は、いったいどこへ行ってしまったのでしょうか。 

どうやら残念なお知らせのときには、芸能人は〜させていただかないようです。

 

そもそもタレントは奴隷や召使ではないので、「ご主人様。お食事の準備をさせていただきました」といったへりくだった表現を使う必要はありません。

 

あるいは芸能人やタレントというのは、私たち一般人に「生かされている」とでも、本気で思っているのでしょうか。 

だとしたら、なんとも肩身の狭い商売です。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201122105044p:plain

炎上を恐れるあまりリスクマネジメントが行き過ぎたせいなのか、さまざまな芸能人が「〜させていただく」という気持ちの悪い表現を用いるようになりました。

 

本作には主人公役で出演させていただきました。

ヒロイン役の〜さんとは以前にもお仕事をさせていただいたことがあります。

本作でふたたびご一緒させていただけて、たいへん嬉しく思わせていただいております。

一生懸命お芝居させていただきましたので、ぜひ劇場に足をお運びいただき、ご鑑賞いただけましたら幸いです。

 

こんなまどろっこしい舞台挨拶は誰も見たくありません。

偉そうに思われて炎上するリスクだけでなく、気持ち悪い日本語を使って頭が悪いと思われるリスクに関しても、マネジメントが必要です。

 

仲良く|してます。 

仲良く|させていただいてます。

このように、意味のない文章の割合が増えるほど、何をいってるんだかわからなくなるからです。

 

むしろ忙しい現代人に気を遣うなら、端的な表現を用いて、要点のみをズバッと話すべきではないでしょうか。

われわれは誰も「〜させていただきました」を聞くのに時間を割きたくありません。

 

以上、芸能人や俳優が使う〜させていただきましたの違和感についてでした。

結論。仲良くさせていただいてます、は誰にたいしてへりくだっているのか。ただ語尾を「させていただいております」にすれば良いとしか思っていないようで、頭が悪そうに見える。誰かに仕えるのが好きなら、天職であるメイドやボーイに転職すべき。

 

www.shortshortshort.jp

芸能人が使うヘンテコな日本語について、当サイトにはこんな記事もあります。