【なぜ】好きに「ありがとう」と返す彼氏の心理3選

f:id:MORIKO:20201122085525p:plain

彼氏に「好きだよ」と愛情表現をしても、彼氏が「ありがとう」としかいってくれないと、不安になります。

 

「おはよう」には「おはよう」で返すように、「おやすみ」には「おやすみ」で返すように、「好き」には「俺も好き」で返してほしいものです。

 

「好き」だと伝えているのに「ありがとう」としかいわない彼氏は、彼女であるあなたのことを好きではないのでしょうか。

 

そこでこの記事では、

  • 照れている
  • 好きの価値が下がる

など、「好きにありがとうと返す彼氏の心理3選」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

好きに「ありがとう」と返す彼氏の心理3選

f:id:MORIKO:20201122085107p:plain

あなたの愛情表現に「ありがとう」とだけ返す彼氏は、いったい何を考えているのでしょう。

どうして彼は「好きだよ」と返してくれないのでしょうか。

 

彼の心理として考えられるのは、

  1. 照れている
  2. 「好き」の価値を下げたくない
  3. まだ好きではない

これら3つです。

それぞれ詳しくお伝えします。

 

1. 照れているだけ

f:id:MORIKO:20201122085851p:plain

あなたに「好き」といってくれない彼氏は、愛情表現を恥ずかしがっているだけかもしれません。

 

ほんとうはあなたのことが大好きだけど、言葉にするのは照れる、というわけです。

彼のなかでは「好きだよ」といいたい気持ちと、恥ずかしさとが、せめぎ合っている可能性があります。

 

だとしたら思い切って、「好きだよ。〜くんも好き?」と彼に聞いてみてはどうでしょうか。

目的は、彼氏に一度「好き」といわせることです。

 

一度「好き」といってしまえば、彼氏のなかで恥ずかしさや抵抗感が薄れ、以降はサラッと「俺も好きだよ」といってくれるようになるかもしれません。

 

もし彼氏から告白してきて付き合うことになったのであれば、「告白のセリフもう一回聞きたい」とお願いする手もあります。

彼氏が感じている「好き」への恥ずかしさを、あの手この手で和らげていきましょう。

 

彼氏が「好き」といえるようになるためのレッスンです。

 

 

2. 「好き」の価値が下がる

厄介なことに、世の中には「好きというほど言葉の価値が下がって安っぽくなる」と信じている男性がいます。

 

f:id:MORIKO:20201122090500p:plain

この手の男性は、ほとんど愛情表現をしません。

なぜなら、「好き」はここぞというときにだけ使う言葉であり、ふだんから「好き好き」などといっていたら、言葉の価値がなくなると考えているからです。

 

イメージとしては、スニーカーのようなものです。

新しく買ったピカピカのスニーカーは、履いているうちにどんどん汚れ、ボロくなっていきます。

もしスニーカーの価値が下がってしまうのが嫌であれば、普段使いはせず、特別なときにだけ履くのが良いでしょう。

 

あなたの彼氏は、スニーカーとおなじように「好き」といった愛情表現をとらえているのかもしれません。

好きといえばいうほど、履き潰したスニーカーのように価値が下がり、すり減っていくと考えているわけです。

 

だから大切なスニーカーと同様に、ここぞというタイミングでしか、あなたの彼氏は「好き」といいません。

ただ、彼の考えは間違っています。

 

スニーカーとちがい、「好き」は10回いっても100回いっても価値が下がったり、安っぽくなったりしません。

「好き」の愛情表現はいつでも恋人を喜ばせます。

 

誤解している彼を変えるには、あなたが今後も彼氏に「好き」と伝えつづけることです。

 

何回もあなたから「好きだよ」といわれているうちに、彼はきっと、「あれ、好きって何回いわれても嬉しいぞ 」と気づくはずです。

好きを日常使いしても価値が下がらないことをあなた自身が証明し、彼の誤った価値観を修正していきましょう。

 

3. まだ好きではない

f:id:MORIKO:20201122090909p:plain

もし告白したのがあなたであれば、彼氏はまだ、あなたにたいして「好き」の感情にまで至っていないのかもしれません。

 

あなたを好きになっていない段階で「好き」といえば、それは嘘になります。

彼は嘘をつくのが嫌だからこそ、「好きだよ」と返さず、代わりに「ありがとう」と返しているのではないでしょうか。

 

嘘をつかない彼氏、口先だけの言葉を使わない彼氏は、信用できます。

もし彼氏が「俺も好きだよ」と返事をしてくれるようになったら、それは彼の本心だと考えて良いでしょう。

 

あなたから告白して交際にいたったなら、「ありがとう」と返事をする彼氏を責めるべきではありませんし、あなたが落ち込む必要もありません。

むしろ、調子の良いテキトーな嘘をつかない、誠実な彼氏と付き合えたことを喜ぶべきです。

 

ただ、「私のこと好き?」と聞くのは避けておくのが無難です。

あまりグイグイ好意を押しつけると、「重い」といって彼に嫌われてしまう恐れがあるからです。

 

あなた「好き」

彼氏「ありがとう」

今のところは、これでじゅうぶんです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201122091213p:plain

好きにありがとうと返す彼氏の心理をお伝えしてきました。

 

  1. 照れている
  2. 「好き」の価値を下げたくない
  3. まだ好きではない

彼氏が告白してきて付き合うことになったなら、1番か2番の可能性が高いといえます。 

あなたから告白したなら、3番の線が濃厚です。 

 

対処法はそれぞれ記載しましたので、もっとも可能性が高い原因(1〜3)のものを参考にしてみてください。 

 

以上、好きにありがとうと返す彼氏の心理3選でした。

結論。彼氏はシャイボーイか、「好き」がスニーカーみたいにすり減ると考えているか、まだ好きには達していないか。3つのうちどれだとしても、落ち込むことはない。なぜならあなたは彼女だから。自信を持つべき。

 

www.shortshortshort.jp

「好きだよ」といってくれない彼氏に関して、当サイトにはこんな記事もあります。 

 

www.shortshortshort.jp

彼氏と交際していて感じる不安については、こんな記事があります。