自著のKindle本をブログで宣伝する効果的な方法【KDP】

f:id:MORIKO:20191031140553p:plain

KDPで自分の電子書籍を出版したはいいものの、なかなか売れない。

ブログでも宣伝しているのに……。

そんな悩みを抱えていませんか?

 

この記事では「ブログで効果的に自著の宣伝をする方法」をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

Kindle本をブログで効果的に宣伝する方法

以下は私の実体験です。

セルフ出版した電子書籍を読んでもらうために、ブログの目立つところに商品ページへのリンクを張っていました。

ですが、ブログ訪問者になかなかクリックしてもらえず。

電子書籍の売り上げも立ちません。 

 

f:id:MORIKO:20191031140821p:plain

その理由はいたってシンプルで、私がブログに自動車関連の記事ばかりを書いていたからです。

 

読書好きを集めるべし

当然ながら、いくら車好きな人たちをブログに呼びこんだところで、電子書籍は売れません。

私がセルフ出版しているのはショートショートであり、車とはいっさい関係ないのです。

 

車好きのユーザーが「ちょっと読んでみようかな」と思ってくれることはまずありません(実際にまったく売れず)。

極端にいえば、熱心に男性ユーザーを集めてスカートを売ろうとしているようなもの。

どれだけブログを更新したところで、成果が上がるはずがありませんでした。

 

本の感想を書くことに

f:id:MORIKO:20191031141125p:plain

自著を読んでくれる可能性が高いのは「読書好き」な人々です。 

では読書好きな人々がなにに興味を持っているかといえば、もちろん本です。

 

そこで私は、読んだ本の感想をブログにアップすることにしました。

するとしばらくして、私が書いた電子書籍が売れたのです。さらに、アンリミテッドという読み放題サービスで読んでくれる人もチラホラ現れました。

 

こうした成果はまぎれもなく「読書好きなユーザーをブログに呼びこんだから」だといえます。

男性にばかり声をかけていたけれど、女性に声をかけるようになったら、スカートが売れ出した。

……まぁ、当然の話ですが。

 

 

自著を持つブロガーは珍しい

見たところ、本を出版しているブロガーはそうそういません。

ですので、ブックレビューを書き、なおかつ自著も有しているとなると、それだけで貴重な存在となりユーザーに興味を持ってもらえるようです。

 

エッセイや自伝、ブログで稼ぐ方法みたいな本を出しているブロガーは一定数存在しますが、ショートショートを書いているブロガーはほとんどいない。

となると、「珍しいな。どれどれ」とブログを訪問した読書好きに読んでもらえるのですね。

 

出版したジャンルに合わせる

f:id:MORIKO:20191031141729p:plain

私はショートショートを出版しているので、小説の感想を書くように心がけています(ふだんはそれほど読まない)。

目的は、小説好きに興味を持ってもらうためです。

 

これは「どのジャンルでセルフ出版をしているか」によって異なります。

もしあなたが投資に関する電子書籍を出しているなら、投資に興味がある人を集める工夫が必要です。小説好きを集めてもあまり意味がありません。

 

同様に、自己啓発系の本を出版しているなら、「セルフイメージ云々」のような記事を書くのがいいでしょう。

 

自分が書いた本のジャンルを正しく把握して、そのジャンルに興味のあるユーザーを呼びこむ工夫が必要です。

 

まとめ

私は「セルフ出版している本を読んで欲しくて」ブログを書いています。

つまりブログの主たる目的は宣伝です。

 

ですが、とにもかくにもユーザーをたくさんブログに呼びこめばいいのだと考えて、自分が好きな自動車関連の記事ばかりを書いていました。

 

実際ブログには車好きなユーザーが訪問するようになりましたが、キンドル本は売れません。

これで「最強のエンジンオイル」でも作っていたらバカ売れしていたのかもしれませんが、私が売ろうとしているのはショートショートだったので、見向きもされませんでした。

 

「自著があるブロガー」はそれだけで珍しいので、ぜひ適切な人々に向けて、適切な方法でアプローチをしましょう。

まちがっても私のように、男性へ向けてスカートを売ることのないように。

 

以上、ブログで効果的に自著の宣伝をする方法でした。

正しい読者に正しい方法で届ければ、読んでもらえます。