KDPの予約販売機能を使って2冊目の電子書籍を出版してみた結果

f:id:MORIKO:20191108141245p:plain

KDP(キンドルダイレクトパブリッシング)で電子書籍を出版する際には予約販売機能が使えます。

あらかじめ発売日を告知しておき、ユーザーからの注文を受け付けることができるんです。

 

もし自分の電子書籍に予約注文が入ったら、熱心な読者がいる証になります。

「はたしておれには熱心な読者がついているのだろうか?」

確かめたくなったので、予約注文を受け付けてみました。

 

結果をこの記事でお伝えしていきます。

 

 

KDPの予約注文機能を使って出版してみた

まず結論から書いてしまいます。 

予約は1件も入りませんでした

 

f:id:MORIKO:20191108141536p:plain

誰からも待ちわびられることなく、ひっそりと出版当日を迎えることに。

2冊目の電子書籍(ショートショート)だったので、1冊目読者からの注文が押し寄せるのではないかと思ったのですが、押し寄せませんでした。

 

予約が入らなかった理由は以下のように分析しています。

 

3日後に設定していたこと

f:id:MORIKO:20191108141652p:plain

まずは、予約受付期間が短過ぎたことが挙げられます。

 

というのも、予約注文の受付を始めたのは発売の3日前。

予約注文には「本の告知」ができるメリットがあるのですが、たったの3日間では、告知期間として不十分です。 

 

せめて2週間前、1ヶ月前から予約注文を始めるべきでした。

そうでなければ予約注文の意味がありません。

 

 

電子書籍を予約する意味はある?

考えてみれば、読者にとって電子書籍を予約するメリットとは何でしょう?

 

これがもし紙の本なら「在庫を確保しておいて発売日にすぐ手に入る」という確実性が得られます。

だから紙の本を予約する読者の気持ちはわかります。

 

f:id:MORIKO:20191108141950p:plain

しかし、電子書籍が品切れになることなどありません

初日に100万部売れようと、1000万部売れようと、購入者にはすぐに配信できます。単なるデータですからね。

 

予約するメリットがない

とすると、電子書籍を予約注文しておくメリットはないと思うんです。

初回特典があるわけでも、安く買えるわけでもない。

さらには品切れもにならない。

 

だったら発売日を待って、誰かが購入するのを待って、レビューを見てから買うかどうかの判断すればいいや、と。

読者はそんな冷めた態度になってしまう気がします。

 

f:id:MORIKO:20191108142236p:plain

強いてメリットを挙げるとすれば「買い忘れを防げる」ことくらい。

そもそも熱心な読者であれば、買い忘れることなどないような気もしますが。

 

ですので、個人的に「読者にとって予約注文をするメリットはない」と考えています。

 

まとめ

KDPの予約注文機能を使って出版してみた結果をお伝えしてきました。

 

2冊目となる電子書籍に予約が1件も入らなかったこと。

受付期間が3日しかなかったこと。読者にとって電子書籍を予約するメリットが乏しいこと。

これらが上記の内容です。

 

はい、肝心な部分に触れていません。

それは「書いているものがツマラナイのでは?」ということです。

 

f:id:MORIKO:20191108142419p:plain

あえて触れませんでした。

「私のショートショートがツマラナイからです」なんて、 そんなこと書いてしまったら作者として終わりなので。

 

ショートショートが面白いかどうかは、みなさんのご想像、あるいはご判断にお任せします。

 

ショートショートショートのビル1F

ショートショートショートのビル1F

 

予約注文こそなかったものの、読んでいただいてはいます

そもそも「電子書籍の予約注文」というシステムが滑稽な気が……。

  

以上、KDPの予約販売機能を使って2冊目の電子書籍を出版してみた結果でした。

「そんなに魅力的な機能ではない」というのが結論です。

KDP作家のみなさんは、予約販売などせず、発売日にポーンと出版してもいいのかもしれません。