なぜ電子書籍は有料なのか?紙もインクも使ってないのに

f:id:MORIKO:20191118192049p:plain

電子書籍が有料なのはおかしい。紙代もインク代もかかっていないのに」という意見をネット上で目にしました。

 

私はアマゾンで電子書籍(有料)を出版しているため、この意見にたいして、思うところを書いてみました。

 

ひょっとすると「なんで有料なんだ!」という不満を持っている人がたくさんいるかもしれないので。

 

 

電子書籍はなぜ有料なのか

電子書籍が有料なのは、コンテンツを販売しているからです。

 

紙の束を買うわけではない

f:id:MORIKO:20191118192333p:plain

たとえば「肩こりを治す方法」という本を買う場合。

 

「肩こりを治す方法」を紙の本で買う人は、けっして紙の束がほしいわけではありませんよね。

だったらホームセンターでコピー用紙でも買っていればいい。

 

f:id:MORIKO:20191118192653p:plain

そうではなく、本に書かれている内容が知りたくて、書籍の内容にたいしてお金を払っているわけです。

 

本の価格はコンテンツの料金

f:id:MORIKO:20191118192915p:plain

つまり本の価格は内容の価格

紙代、インク代、運送費など諸々の費用はおまけに過ぎません。

 

f:id:MORIKO:20191118193044p:plain

おなじ本で紙版と電子書籍版がある場合には、電子書籍のほうが少しだけ安くなっていますよね。

それは紙代、インク代、運送費などがかかっていないからです。

だからその分だけ安くしますよ、と。

 

 

電子書籍は数十円にすべき?

f:id:MORIKO:20191118193232p:plain

電子書籍が無料でないのは、コンテンツを買っているからです。

ですので、「電子書籍なんて数十円にすべきだ」という声もあるようですが、これも的を射ていないといえます。なにか勘違いしています。

 

「あなたは紙の束に1000円を支払っていたんですか?」と聞きたくなります。

 

f:id:MORIKO:20191118193442p:plain

私たちが買っているのは紙の束ではなく、情報です。 

肩こりを治すための情報、お金持ちになるための情報、モテるための情報など。

 

そうした情報を買っているわけなので、媒体が紙であれ電子データであれ、たいした差ではありません。

 

私が出版した本について

f:id:MORIKO:20191118193631p:plain

記事のはじめに書いたように、私はアマゾンにて電子書籍を販売しています。 

いわゆるセルフ出版というやつです。

 

電子書籍しかなく、紙の本バージョンはありません。

つまり完全に「コンテンツだけを売っている」状態。読者は紙の本という物質ではなく、私が書いた内容にお金を払ってくれています。

 

価格は300円以上に設定していて、購入してくれる人もいます(もっと増えると嬉しいのですが)。

 

f:id:MORIKO:20191118193907p:plain

総じて電子書籍はなかなか売れませんが、これもひょっとすると「なんで単なるデータに数百円も払う必要があるんだ」と納得していない人が多いせいなのかもしれません。

 

ですので、「本は紙の束ではなく内容に価値がある」のだということをご理解いただき、「そういうことなら」と私が出版しているショートショートをご購入いただけるといいなぁと思うのですが。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191118194050p:plain

電子書籍が有料で売られている理由について書いてきました。

 

自分でこんなことを書いておきながら、紙媒体と電子書籍版がおなじ価格の本を見ると、「なんでやねん」と思ってしまいます。

ときどきあるんですよね。両者の価格がまったくおなじ本が。

 

これはどうも納得できません。

紙代、インク代、運送費など諸々の費用がかかってないのに!って。

 

f:id:MORIKO:20191118194321p:plain

ですので、「電子書籍は安くあるべきだ」という考えはよくわかります。

よくわかりますが、さすがに数十円ということはない。

 

そこをご理解いただき、ご購入いただけると幸いです

 

ショートショートショートのビル1F

ショートショートショートのビル1F

 

以上、電子書籍が有料の理由でした。

Kindle本は専用端末がなくても読めます。

ぜひ無料の専用アプリをインストールしてお楽しみください。