こたつ布団に牛丼をぶちまけて自宅で洗濯した話

f:id:MORIKO:20191210170340p:plain

こたつで牛丼を食べていたところ、ツルッと手を滑らせ、牛肉やら米やら汁やらをすべてこたつ布団にぶちまけたことがあります。

トンデモナイ悪臭を放ち、こたつ布団は使用不可に。

 

そこでこの記事では、「こたつ布団を自宅で洗濯した体験談」をご紹介します。

クリーニングやコインランドリーを利用すると高いんですよね……。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

こたつ布団に牛丼をこぼしたので自宅で洗濯した話

f:id:MORIKO:20191210170714p:plain

先述のとおり牛丼をぶちまけ、妻に叱られた私です。

さっそくクリーニング料金を調べてみたところ、こたつ布団の相場は2500〜3000円だと判明しました。

 

が、3000円といったら、こたつ布団の値段とおなじなんですよね。

3000円で買ったこたつ布団を3000円かけて洗うくらいなら、新品を買ったほうがマシです。

 

f:id:MORIKO:20191210170953p:plain

この瞬間、クリーニングに出すという選択肢は消えました。

 

クリーニングもコインランドリーも値段が高い

f:id:MORIKO:20191210171213p:plain

クリーニングが3000円なのにたいし、コインランドリーを利用しても2000円ほどかかります。

 

予想外に高い。

コインランドリーなら1000円くらいで済むと思っていました。

 

f:id:MORIKO:20191119164313p:plain

牛丼のニオイがプンプンするこたつ布団を車に載せて……という手間や苦痛を考えたら、自宅で洗うのがベストかもしれない。

そう思い、自宅にある洗濯機でこたつ布団を洗ってみることに。

 

牛丼をツルッと滑らせただけで2000円、3000円が飛ぶだなんて、なんだか恐ろしいですね。

 

 

自宅でこたつ布団を洗う

f:id:MORIKO:20191210171518p:plain

こたつ布団が小さめで、洗濯機が大きめだったので、ギリギリ収まりました。 

厳密にいえば収まっておらず、洗濯機からはみ出している気もしましたが、2000円のことを思って全力で押し込みます。

 

とまぁ、詳しくダラダラと書いてもみなさん興味がないかと思いますので、ここからは結論だけを簡潔にお伝えします

 

牛丼のニオイは落ちた?

こたつ布団に染み付た牛丼の香りはすっかり落ちました

自宅の洗濯機でも問題なかったといえます。

 

綿が寄ったりしない?

「こたつ布団の綿が寄るかもしれない」と心配していましたが、これも大丈夫でしたね。

 

形状は洗濯前となにも変わっていませんでした。

 

どうやって干した?

洗濯機で脱水した後に、庭で天日干しです。

これでパリッと乾きました。生乾き臭は発生していません。

 

なんで牛丼をこぼしたの?

私の不注意です。

20代なので、筋力の衰えなどではないと思います。

  

こたつ布団は古かった?

私が牛丼をぶちまけたこたつ布団は、買ってから1ヶ月しか経っていない超新品でした。

妻に怒られたのは言うまでもありません。

 

牛丼はどれくらいこぼしたの?

残り4分の1ほどを残した状態でひっくり返しました。

 

まだお腹は満たされていなかったものの、そんなことを口に出せる状況でも、ましてや冷凍庫にあるチャーハンを解凍できる状況でもありませんでした。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20191210171754p:plain

大きな洗濯機があれば、こたつ布団は自宅でも洗えます。

もしじゅうぶんなサイズの洗濯機がなくても、浴槽を使って洗うこともできます。

 

つまり、クリーニングやコインランドリーのお世話にならなくても、こたつ布団は自宅で洗えるということです。

外注をするとそれなりの料金がかかるので、自宅での洗濯にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

f:id:MORIKO:20191210171924p:plain

なによりまずは、こたつ布団に牛丼をひっくり返さないことですね。

以上、こたつ布団を自宅で洗濯した体験談でした。