こたつ布団の洗い方3選。洗濯機に入らないときはどうする?

f:id:MORIKO:20210102184137p:plain

こたつの掛け布団を洗う手段は3つあります。

 

  1. 洗濯機
  2. コインランドリー
  3. クリーニング

もっとも安上がりなのは「自宅の洗濯機で洗うこと」ですが、こたつ布団は大きいため、洗濯機に入らないケースも少なくありません。

 

結局のところ、こたつ布団はどのように洗うのが賢いのでしょうか。

 

この記事では、

  • 洗濯機で洗うデメリット
  • 専門業者に依頼する費用

など、「こたつ布団の洗い方」をわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

こたつ布団の洗い方3選

f:id:MORIKO:20210102183839p:plain

こたつ布団の洗い方は、全3パターンあります。 

 

洗濯にかかる費用が安い順に、

  1. 自宅の洗濯機
  2. コインランドリー
  3. クリーニング

これら3通りです。

なるべくお金をかけずにこたつ布団を洗濯したい場合には、自宅の洗濯機で洗うのが良いでしょう。

 

ただし、洗濯機にこたつ布団が入れば、の話です。

 

1. 自宅の洗濯機

f:id:MORIKO:20210102184451p:plain

目安として、8kg以上の洗濯機でなければこたつ布団は洗えません。

 

こたつ布団のサイズにもよりますが、

  • 5kg
  • 6kg
  • 7kg

このあたりの容量の洗濯機でこたつ布団を洗うのは、厳しいといえます。

こたつ布団が洗濯機に入らなければ、自宅で洗うのは諦めるしかありません。 

 

たとえるなら、家具屋で買ったテーブルが大きくて車に積めなかったとき、自力で持ち帰るのは諦めるしかないようなものです。

大きすぎるテーブルは、配送業者に運んでもらうしかありません。

 

こたつ布団もおなじで、洗濯機に入らなければ、

  1. コインランドリー
  2. クリーニング

いずれかの利用を検討しましょう。

 

生乾き臭やカビに注意

f:id:MORIKO:20210102184843p:plain

もし自宅の洗濯機にこたつ布団が収まったとしても、まだ洗濯機の「スタートボタン」は押さないでください。

 

なぜなら、洗濯機に乾燥機能がついていない場合には、

  • 生乾き臭
  • カビ

などがこたつ布団に生じる恐れがあるからです。

 

冬は気温が低く日照時間が短いため、外に干していても、こたつ布団は乾いてくれません。

布団の内部に湿気が残ってしまうと、悪臭やカビが生じる原因になります。

 

ですので、自宅の洗濯機でこたつ布団を洗い、脱水し、コインランドリーへ持っていって仕上げに乾燥させると良いでしょう。

コインランドリーでこたつ布団を乾かすのにかかる時間は1時間程度、料金(乾燥のみ)は1,000円前後です。

 

乾燥を怠ると、こたつ布団にカビが生えます。

洗ってカビが生えて不潔になっていては、こたつ布団を洗った意味がありません。

 

カビはアレルギー発症の原因になりますのでご注意ください。

 

 

2. コインランドリー

こたつ布団が洗濯機に入らない場合、コインランドリーを利用して洗う手があります。

 

先述のとおり、コインランドリーでこたつ布団を乾燥させるのにかかる費用は1,000円前後です。

乾燥の前段階である洗い〜すすぎまで、こたつ布団のサイズによって500〜1,000円ほどかかるのが一般的です。

 

f:id:MORIKO:20210102185219p:plain

ゆえに、コインランドリーへこたつ布団を持ち込む場合には、洗濯から乾燥まで、トータル2,000円弱のコストを見積もっておくと良いでしょう。

 

当然ながら、それぞれのコンランドリーによって料金は異なります。

近所のコインランドリーをネット検索してみてください。

 

こたつ布団はサイズが大きくかさばるため、自動車でなければ持ち運びできません

こたつ布団を抱えたまま自宅からコインランドリーまで歩くのは危険ですし、恥ずかしいですし、歩きで行って洗濯機や乾燥機が空いていなかったら最悪です。

 

車を持っていない方は、自宅までこたつ布団を引き取りに来てくれる宅配クリーニングサービスを使うのが良いでしょう。

 

3. クリーニング(宅配含む)

f:id:MORIKO:20210102185459p:plain

車を持っている方は、こたつ布団を載せ、近所のクリーニング店へ向かってください。

自ら店舗へ持ち込む場合、こたつ布団1枚につき2,000〜4,000円ほどの料金でクリーニングしてもらえます。

 

自動車などの移動手段がない方は、宅配クリーニングサービスを利用する手があります。

自宅まで業者がこたつ布団を取りに来てくれて、クリーニングが終わったら、ふたたび自宅に届けてくれます。

 

こたつ布団を持ち込む手間がかからない宅配クリーニングは、1枚につき8,000円前後の費用がかかります。

料金はけっして安くないものの、宅配クリーニングは、便利だとはいえるでしょう。 

 

現代社会は、要らなくなった、

  • CD
  • DVD
  • 洋服
  • バッグ

なども宅配買取をしてくれる時代です。

自ら用意した段ボール箱に売りたいモノを詰めるのが私たちのすべき作業で、あとは自宅まで配送業者がやってきて、段ボールを回収し、査定額が通知され、納得すれば売却成立です。

 

クリーニングを宅配サービスで済ませるのも、けっして珍しいことではありません。

便利なサービスはどんどん使うに限ります。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20210102190221p:plain

こたつ布団の洗い方をお伝えしてきました。

 

  1. 自宅の洗濯機:0〜1,000円
  2. コインランドリー:2,000円
  3. クリーニング(持ち込み):2〜4,000円
  4. クリーニング(宅配):8,000円

こたつ布団を洗う場合、われわれにはこのような選択肢があります。

 

ただし、お金をかけてまでこたつ布団をクリーニングする必要があるのかどうかは、微妙なところです。 

というのも、ニトリなどの大手家具メーカー店では、 こたつの掛け布団(新品)が3,000〜6,000円ほどで買えてしまうからです。

 

古いこたつ布団は捨てて、新しいこたつ布団を買うのも悪くないでしょう。

新品は清潔感がバツグンですし、これまでと違ったデザインが、部屋の雰囲気をガラッと変えてくれます。

 

事実、世の中には、毎年こたつ布団を捨てて新品に買い替えている人がいます。

 

「洗う」にくわえて、「捨てて買い替える」という選択肢も検討してみてください。

少なくとも、4,000円で買ったこたつ布団を、購入費用とおなじ4,000円をかけてクリーニングするのは馬鹿げています。

 

100万円で買った自動車を100万円かけて修理するようなものですので、だったらいっそ新しいものに買い替えたほうが良いでしょう。

 

以上、こたつ布団の洗い方でした。

結論。洗濯機、コインランドリー、クリーニング。洗濯機がもっとも安上がりだが、乾燥に注意。天日干しではカビが生えるリスクがあるので、自宅の乾燥機を使うか、なければコインランドリーの乾燥機を使いたい。洗うのは諦めて、新品に買い替えるのもアリ。

 

www.shortshortshort.jp

こたつが孕む火災のリスクに関して、当サイトにはこんな記事があります。