「長野県民はみんなスキーが上手」は誤解です

f:id:MORIKO:20191225161158p:plain

なぜだか知りませんが、世の中には「長野県民ってみんなスキーできるんでしょ?」と思っている人がいます。

 

長野県には白馬や軽井沢などの有名なスキー場があるので、そんなイメージを持つ人がいるのかもしれません。

 

そこでこの記事では、「スキーが下手くそな長野県民もいるよ」という事実をお届けしていきます。

ぜひ現実を知ってください。

 

 

「長野県民は全員スキーが上手」は誤解です

f:id:MORIKO:20191225161419p:plain

「日本人はみんな寿司を握れる」と思っている外国人がいます。 

「アメリカ人はみんな靴を履いたままベッドで寝る」と思っている日本人もいます。

ぜんぶ誤解です。そんなことはありません。

 

こういったステレオタイプの一種として、「信州人はみんなスキーの達人」だと思う人がいるようです。

ご期待に添えず申し訳ないのですが、長野県生まれ長野県育ちである私の母は、スキーが下手クソです。

 

スキーを経験している可能性は高い

f:id:MORIKO:20191225161729p:plain

「スキーが上手」は言い過ぎですが、「長野県民はスキーを経験したことがある」くらいならいえるかもしれません。

 

というのも、長野県では小学校の授業でスキーを行うんですよね。

年に1回だけでしたが、学年のみんなでスキー場に行って、リフトに乗って、斜面を滑走していました。

 

ですので、「長野県民はスキーの経験がある」なら、該当者は多いかと思います。

 

 

長野県民はみんな「スキーが好き」も誤解です

f:id:MORIKO:20191225161909p:plain

念のため付け加えておくと、「長野県民はみんなスキーが大好き」というのも誤解です。

 

雪山よりもこたつの方が好きだという信州人はたくさんいます。

私もその一人です。

信州大学の学生だったころに「どこのスキー場がおすすめ?」と県外出身者からよく聞かれましたが、まともに答えられませんでした。 

 

なんにせよ、あまり長野県民に期待しないでください

スキーが嫌いな長野県民もいますし、蕎麦アレルギーの長野県民もいます。

 

まとめ

「長野県民はみんなスキーが上手」という(一部の人たちが持つ)思い込みについて書いてきました。

 

f:id:MORIKO:20191225162055p:plain

たしかに信州は雪深い地域ですが、だからといってスキー板を履いて移動するわけではありません(道路でスキーをするのは道路交通法違反です)。

みなさんとおなじように、スーパーへは自動車という交通手段を用いて向かいます。

ゆえに、スキーが抜群にうまいわけではありません。

 

それから、「長野県民たるもの年に1回はスキーをやらなきゃダメ」などという条例もありません。

ちゃんと自由が尊重されています。

 

本記事を読んで、長野県民にたいする誤解を解いていただけたら幸いです。

以上、信州人のスキー事情についてでした。

 

f:id:MORIKO:20191225162333p:plain

なお私は、沖縄県民はみんなスキューバダイビングのライセンスを持っていると思っています。

北海道民は雪道の運転技術に長けていると思っています。

 

千葉県民は誰よりも速く落花生の殻を剥けれると思っていますし、朝食をとらない名古屋市民などいないと思っています。

勝手なイメージだったらすみません。

 

あとは、「神奈川県出身です」と名乗る横浜市民など一人もおらず、スープカレーが好きな金沢市民など一人もいないことも。

思い込みだったらごめんなさい。 

 

www.shortshortshort.jp

みなさまのお越しをお待ちしています。