入社して1ヶ月で会社を退職したいときの選択肢は2つ

f:id:MORIKO:20200505151548p:plain

まだ入社して1ヶ月だけど、会社を辞めたい。

そう悩んでいませんか?

 

選択肢は2つあります。

  1. 我慢してつづける
  2. 退職する

どちらを選ぶかはあなた次第です。

 

この記事では、「入社して1ヶ月で会社を退職したいときの選択肢」について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

入社して1ヶ月で会社を退職したいときの選択肢

f:id:MORIKO:20200505151334p:plain

あなたには会社を辞める権利がありますし、働きつづける権利もあります。 

2つの権利を持っていて、どっちを行使するかが問題なのだといえます。

 

1ヶ月で辞めるなんて早すぎる

そう思い自分を責めているかもしれませんが、仕事内容や人間関係が合わないと思ったら、1日でも早く辞めるべきです。

なぜなら、すぐに次の仕事へ移れるから。

 

それに、世の中には入社して3日で退職する人だっています。

「1ヶ月」という数字に惑わされてしまうと冷静な判断ができませんので、ご注意ください。

 

1. もうしばらく続けてみる

f:id:MORIKO:20200505152109p:plain

就職してからの1ヶ月間が辛く、大変なのは当然です。

というもの、最初は不慣れだからです。

 

仕事をイチから覚えるのが大変で、職場環境にも馴染んでいない。

環境が大きく変わると人間はストレスを感じるものです。

ですので、就職して1ヶ月でストレスや不安を抱えているのは自然な状態だといえます。

 

最初はしんどくて当たり前

f:id:MORIKO:20200505152531p:plain

いきなり自転車に乗れる人はいません。

 

転んで怪我をするなど、最初のうちは苦しい思いをします。

現在あなたがいるのが、この段階です。 

 

練習しているうちに慣れてきて、やがて自転車に乗れるようになります。

ここでやっと、風を切って進む爽快感を味わえます。

いま会社を辞めてしまうのは、自転車に乗れずに転ぶのが嫌だからといって、あきらめるようなものです。

 

続けることで仕事に慣れ、やりがいを感じ、楽しくなっていたとしたら。

いま退職を決断するのはもったいないといえるでしょう。

 

1ヶ月で仕事に楽しさを求めるのは、初日から自転車に快適さを求めるようなもの。

ヘソを曲げて去るのは、もう少し後でも良さそうです。

 

 

2. 退職する 

現在抱えているストレスが、新しい仕事や人間関係だけでは説明がつかない場合。

不慣れが原因の一時的なストレスではなく、

  • 上司のパワハラ
  • 残業代を貰えない
  • 業務が過酷すぎる
  • 業務が自分に合っていない

といった要因でストレスを感じているなら、辞めたほうが良いかもしれません。

 

f:id:MORIKO:20200505152839p:plain

自転車でたとえるなら、タイヤがパンクしているようなものです。

欠陥のある自転車に乗ろうと苦労しても、苦労が報われることはないでしょう。

練習してもスムーズに走れるようにならず、苦しい思いをしつづけるだけ。

 

自転車が壊れていることに気づいたなら、2ヶ月も3ヶ月も特訓をつづけるのは愚かです。

「こんな自転車捨ててやる!」

ってな感じで、会社を退職するのが吉です。

 

つまりポイントは、新しい環境に不慣れだから一時的なストレスを感じているのか、ほかに根本的な問題があるのかを見極めることです。

あなたの場合はどちらでしょうか? 

 

退職代行サービスを使う

f:id:MORIKO:20200505153020p:plain

1ヶ月で退職する旨を上司に伝えにくいなら、退職代行サービスを使う手があります。

 

あなたは退職届を書いて、会社に郵送するだけ。

あとは2週間欠勤するという強硬手段です。

 

代行業者が電話で会社と連絡をとって、橋渡しをしてくれます。

あなたは会社の人間から「なんだアイツ」とか「ふざけんなよ」とか思われるでしょうが、気にしないことです。 

 

二度と顔を合わせることはないので、どう思われても影響はありません。

立つ鳥が跡を濁しまくってもいいんです。

 

自分で退職の意向を伝えられる人は、代行サービスを使わなくても良いでしょう。

ただ、気が引けて退職したいと言い出せない方は、退職代行に依頼するのもアリです。

選択肢の一つに加えておいて損はない。

 

www.shortshortshort.jp

退職代行サービスに興味がある方は、こちらの本を読んでみてください。 

サービス利用の流れがわかります。

ひいては、いまの会社を退職できます。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20200505153512p:plain

入社後1ヶ月で退職したくなったときの選択肢をご紹介してきました。

  1. 続ける
  2. 辞める

あなたが持っているカードはこの2枚です。

「どっちがおすすめか」は状況によって異なるので、一概にはいえません。

 

不慣れな仕事でネガティブになっているだけなら、辞めずに続けたほうがいいでしょう。

職場に問題があったり、勤め先がブラック企業だったりする場合は、辞めるのが正解です。

ストレスでメンタルに不調(うつ状態など)が出る前に。

 

新卒であれ、中途入社であれ、1ヶ月で辞める人は珍しくありません。

世間は「根性がない」といって非難するかもしれません。

が私はむしろ、1ヶ月で辞める「決断力と行動力」を評価します。 

 

以上、入社して1ヶ月で会社を退職したいときの選択肢についてでした。

結論。悪い報告は早めにするのがビジネスの鉄則。退職の届け出も例外ではない。1ヶ月どころか3日で辞めて転職したっていい。