金槌やハンマーの代用品2選。工具が1つもない人向け

f:id:MORIKO:20201121100424p:plain

釘を打ったり、何かを叩いたりするためには、金槌やハンマーを使うのが一般的です。

 

とはいえ、自宅に金槌やハンマーがなくても心配いりません。

バスタオルがなければフェイスタオルで代用できるように、金槌やハンマーがなければ、他のモノで代用すれば良いからです。

 

それも1回しか使わないのであれば、わざわざホームセンターや100円ショップでハンマーを買うことはありません。

脚立がないときに、テーブルや椅子に乗るようなものです。 

大切なのは、頭を使って代わりになるものを見つけること、だといえます。

 

この記事では、

  • 物質の密度が高いこと
  • 金槌と同程度のサイズであること

など、「金槌やハンマーの代用品2選」をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

金槌やハンマーの代用品2選

f:id:MORIKO:20201121095409p:plain

金槌やハンマーの代わりに使えるのは、以下の2点です。

  1. ダンベル

自宅に工具がいっさいなくても、いずれかがあれば代用できます。

もちろん、上の2つは具体例であって、これがすべてではありません

 

金槌やハンマーの代用品として使えるのは、

  • 密度が高いこと
  • 質量が大きい(つまり重い)こと
  • 金槌と同程度のサイズがあること

これらの要件を満たしているモノです。

 

リモコンはおすすめしない

f:id:MORIKO:20201121100812p:plain

世の中には、ハンマーの代わりにリモコンをつかう人がいます。 

 

ですが、リモコンで釘を打つのはやめておきましょう。

リモコンの素材はプラスチックであり脆いため、高確率で壊れます

 

リモコンよりも重量があり、リモコンよりもギュッと凝縮されているモノ(密度が高いモノ)を探してみてください。

たとえば、手近なところにダンベルや石があれば最適です

 

1. ダンベル

f:id:MORIKO:20201121101132p:plain

もし自宅に筋トレ用のダンベルがあれば、ハンマーの代わりに使えます。

 

5kgのダンベルでゴツンと叩けば、壁や木材に釘を打ちつけられるはずです。

もちろんダンベルは、重量3kgや2kgのものでも構いません。

 

釘だけでなく、「絵画等をかけるフック」を壁に打ちこむ際にもダンベルは使えます。

 

ただし、ダンベルに傷がつく恐れがありますのでご注意ください。

タオルやハンカチを当てて、ダンベルと釘が直接当たらないように工夫するのがおすすめです。

 

 

2. 石

ダンベルを持っていない方は、石で代用しましょう。

 

f:id:MORIKO:20201121101658p:plain

家の外に出て、握りこぶしサイズの石を見つけてきてください。

自宅で熱帯魚を飼っている場合、水槽のなかに入れてある石(あれば)を取り出して、ハンマーとして使うことができます。

 

屋外で拾ってきた石は、水で汚れを落としてから使います。

ダンベルとちがい、拾ってきた石に傷がついてもわれわれには何の問題もないため、遠慮なくガンガン釘を叩けるのが、石で代用するメリットです。

 

まとめ

f:id:MORIKO:20201121102143p:plain

金槌やハンマーがないときに使える代用品をご紹介してきました。

 

  • 密度が高いこと
  • 質量が大きいこと
  • 金槌と同程度のサイズがあること

これらの要件を満たしていれば、ダンベルや石でなくてもOKです。

 

たとえば、もし廃棄予定のフライパンや鍋が自宅にあれば、金槌の代わりに使うのも良いでしょう。 

ただし、フライパンや鍋は体積が大きいため、釘を打つ場所や、叩きたい場所によっては使えない可能性があります。

ご注意ください。

 

ところであなたは自動車を所有していますか?

 

もしマイカーを持っているなら、この機にレスキューハンマーを購入してはいかがでしょうか。 

レスキューハンマーは車に携帯しておき、水没時に窓ガラスを割ったり、シートベルトを切ったりするために使うアイテムです。

 

これがあるかどうかで、生還できるか息絶えるかの運命がわかれます。

ふつうのハンマーとして今回の件で使用後、車に入れておいてはどうでしょう。

尖っていないほうのヘッドでガンガン叩ける。

 

以上、金槌やハンマーの代用品2選でした。

結論。ダンベルと石で代用できる。もし今回の件だけでハンマーを買うのが惜しいなら、レスキューハンマーを買い、自動車に入れておく手もある。これなら損をした気分にはならないはず。